吉田太一のレビュー一覧

  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    読んでよかった!しらなかったし、考えたこともなかった。孤独死した死体と遺品処理を、プロの業者がどうやって整理する?ゴミ屋敷はどうやって片付けられるの?著者はブログ執筆中。
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    気持ち悪く感じる人にはムリだけど、わたしはオッケーです。面白くて、ブログもお気に入りに入れています。
  • あなたの不動産が「負動産」になる 相続・購入する前に今すぐやるべきこと
    遺品整理業をされているこの本の著者が、親から引き継いだ不動産について相談を受けることが多く、親から財産を引き継ぐときの注意点について解説した本です。

    私もこの本を読むまでは、親が住宅ローンを完済していれば、その不動産やマンションを引き継ぐことは問題無いと思っていましたが、住宅ローンを完済していない...続きを読む
  • 遺族1万人の後悔から学ぶ 葬儀・相続・遺言の万全ガイド
    こういった分野に対して全く知識がないので、今すぐどうのこうのということは個人的にないものの、読んでみました。
    全く知らない立場からすると「こんなことも起こるのか」とか「そうなのか」と思うことが多く、文章も平易で読みやすい本でした。
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    以前「特殊清掃」を読み、自分の知らない世界が衝撃でこちらも読んでみました。

    孤独死や自殺現場だけでなく、殺人現場まで清掃する・・・もう、ただただ頭が下がります。

    日々、淡々と生きているとどうしても、自分はこのま普通に生きて、普通に(家族に看取られて)亡くなる・・・と思ってしまいますが、自分や身内...続きを読む
  • 親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい
    親の家・荷物の片付けかと思ったら、相続・葬式なども含めて書かれている。要を得て簡。これを読んだら業者に任せようと思うから、少ない情報量で足りる。
    実際に問題になる時に手元にあれば助かるだろう。

    それにしても、この手の本が多いのに驚いた。
  • 遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
    家族がいても、孤独死をしていまう。

    今の人は、めんどくさい、と思ってしまうのかもしれないけれども、やはり、近所つきあいっていうのは、大切だと思う。それも、高齢になればなるほど。
  • 遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
     遺品整理専門業者のキーパーズ代表取締役、吉田太一さんの本の続編。

     天国へのお引っ越しを合い言葉に、遺品整理業をしている吉田さんが、様々な仕事の現場から感じたことを書かれている本。

     このシリーズには、様々な理由でなくなられた方が出てきますが、老老介護の末、先に子どもの方が亡くなってしまい残さ...続きを読む
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
     遺品整理業を専門に行う、キーパーズ代表取締役、吉田太一さんの本。

     高齢化社会、独居老人が増えてくるなか、遺品整理から様々な人の死に際を書かれている本。まだ死ぬということが自分にとって他人事なのだが、本に出てくる多くの方の人生に、悲しみを感じます。
     子どもに迷惑は掛けたくないから、逆に迷惑掛け...続きを読む
  • 孤立死 あなたは大丈夫ですか?
    遺品整理業を営んでいるキーパーズ社長吉田太一さんの著書

    孤立死・・・なんだか遠い物に思えない^_^;
    自分も人間関係とか社交性とか欠けた人間なので 孤立死の可能性無きにしもあらずだなぁと

    もっと周りとかかわっていかねばならないんだろうけど、この歳で独身無職となると・・・どうしても孤立してしまう気...続きを読む
  • 孤立死 あなたは大丈夫ですか?
    独居のお年寄りが亡くなっていて発見されないのは「孤独死」。それに対して、年齢に関係なく「無縁社会」の弊害として誰にも気づかれずに亡くなっていて、日がたって発見されるのが「孤立死」
    その現実が、どんなものかをマンガと写真で生生しく書かれていました。
    こんな亡くなり方は、明日はわが身と思う昨今。
    そうな...続きを読む
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    遺品整理というよりは、孤独死、自殺した現場をきれいにする仕事があるんだなあと。
    たしかに、死後数カ月経過した現場や、血糊が飛び散ってる現場を掃除するのは想像するだけで大変だ。
    独居老人の孤独死の問題はこれから増加するのでしょう。
    個人的には、1ルームの賃貸住宅投資だけは絶対したくないと思った。
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    自分の老後を考えて、身につまされる思いが……。有終の美がいかに難しいか、改めて考えた。
    年をとるごとに少しずつ、身の回りを整理して生きるようにしたいと思う。
  • 遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
    一つの仕事をを懸命に務めたからこそできた観察。・・・ですが読みやすさ重視で一章が短く、あっさり書いているので、人によっては底の浅い読み物と思うでしょう。この場合、深い浅いは読み手次第だと思います。
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    「孤独死」「自殺」「殺人」‥‥
    遺品整理専門業者の社長さんが見た、現場の数々。
    1現場4ページ程度でも、
    それが集まると、
    日本が今抱える問題の縮図という感じ。
    特に、急増する孤独死の深刻さを感じました。
    そして、さまざまな人生があるんだなあということもわかる。
    壮絶な現場の表現に気持...続きを読む
  • 遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
    おくりびと、がアカデミー賞を受賞しましたが、関連の書籍とも紹介できる本です。興味がありましたら是非読んでみてください。
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    内容紹介
    孤独死、自殺、殺人…ひとごとのように感じられるかもしれませんが、それらはあなたの隣で起こっていてもおかしくありません。本書は、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」。あまりの凄まじさに「覗き見」の興味本位で読み進めてい...続きを読む
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    生きることについて考えさせられました
    いろんな去り方があるけど
    家族は大切にしないといけないです
    なにより1人暮らしのわたしたちは
    うかうか死んでられないです
  • 遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
    今まで、漠然としか想像し得なかった、ひとりで死ぬということが、
    この本で、明確なヴィジョンとなって認識されてしまった。
    わからなかったというより、考える事を避けてきたのかもしれない。
    まず、賃貸で一人暮らしをしている母を思った。
    まだまだ元気だから、心配するほどではないと思っていたが、
    考えてみれば...続きを読む
  • 遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」
    内容紹介には、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」・・・と記してある。自殺したときの現場の後始末は、警察が行うものだと思っていた。孤独死や自殺など、さまざまな人生模様が語られている。腐敗して、人間が液状になったのを処理するとい...続きを読む