遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」

遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「あっ!これが死臭なのか・・・・・!!」日本初の「遺品整理のプロ」の心に深く刻まれた46の壮絶な現場。少子高齢化、遺産相続争い、恋愛のもつれ、遺族の不仲、人に知られたくない性癖・・・・。そこには、人の営みの光と影のすべてが凝縮されていました。これまでにない新しい視点と独特の語り口で、圧倒的な読後感が得られるはずです。全国の家主、不動産関係者も必読!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
扶桑社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

遺品整理屋は見た! 孤独死、自殺、殺人、・・・・あなたの隣の「現実にある出来事」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月28日

    読んでよかった!しらなかったし、考えたこともなかった。孤独死した死体と遺品処理を、プロの業者がどうやって整理する?ゴミ屋敷はどうやって片付けられるの?著者はブログ執筆中。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    気持ち悪く感じる人にはムリだけど、わたしはオッケーです。面白くて、ブログもお気に入りに入れています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月10日

     遺品整理業を専門に行う、キーパーズ代表取締役、吉田太一さんの本。

     高齢化社会、独居老人が増えてくるなか、遺品整理から様々な人の死に際を書かれている本。まだ死ぬということが自分にとって他人事なのだが、本に出てくる多くの方の人生に、悲しみを感じます。
     子どもに迷惑は掛けたくないから、逆に迷惑掛け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月25日

    遺品整理というよりは、孤独死、自殺した現場をきれいにする仕事があるんだなあと。
    たしかに、死後数カ月経過した現場や、血糊が飛び散ってる現場を掃除するのは想像するだけで大変だ。
    独居老人の孤独死の問題はこれから増加するのでしょう。
    個人的には、1ルームの賃貸住宅投資だけは絶対したくないと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月07日

    自分の老後を考えて、身につまされる思いが……。有終の美がいかに難しいか、改めて考えた。
    年をとるごとに少しずつ、身の回りを整理して生きるようにしたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月26日

    「孤独死」「自殺」「殺人」‥‥
    遺品整理専門業者の社長さんが見た、現場の数々。
    1現場4ページ程度でも、
    それが集まると、
    日本が今抱える問題の縮図という感じ。
    特に、急増する孤独死の深刻さを感じました。
    そして、さまざまな人生があるんだなあということもわかる。
    壮絶な現場の表現に気持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    内容紹介
    孤独死、自殺、殺人…ひとごとのように感じられるかもしれませんが、それらはあなたの隣で起こっていてもおかしくありません。本書は、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」。あまりの凄まじさに「覗き見」の興味本位で読み進めてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    生きることについて考えさせられました
    いろんな去り方があるけど
    家族は大切にしないといけないです
    なにより1人暮らしのわたしたちは
    うかうか死んでられないです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    内容紹介には、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」・・・と記してある。自殺したときの現場の後始末は、警察が行うものだと思っていた。孤独死や自殺など、さまざまな人生模様が語られている。腐敗して、人間が液状になったのを処理するとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月30日

     孤独死や自殺の記事が多かったと思う。途中何とかならなかったのかという著者の言葉があり。あれから10年たった今どんなセーフティーネットができたのか、変わってきたのかが気になった。
     一案件ごとに章が区切られており、読みやすい本だった。
     ゴキブリの壁の話が一番印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています