都筑卓司のレビュー一覧

  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    『現実世界と統計力学がリンクする!』「分子などの粒子の集団としての振る舞いをその確率から統計的に記述する物理」と説明されて「なにそれ面白そう!」と興味が持てる人間は間違いなく少数派だが、本書はもうこれ一冊で存分に統計力学を楽しむことができる。「コーヒーとミルクってなんで混ざるの?」「お茶はなんで冷め...続きを読む
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    今まで読んだエントロピー関連の本では群を抜いてわかりやすく、おもしろかった。薄い割には内容が濃い。とはいっても入門書。何を勉強すればよいのかわかってきたので、本書を足がかりにこれから深く勉強していきたいと思う。
  • 新装版 不確定性原理 : 運命への挑戦

    分かりやすい

    テーマを絞って、さまざまな角度から説明されています。
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    非常に面白かった。本書の初版が出版されてから、今日に至るまで人類全体のエントロピーは増大し続けている現状を鑑みると、本書の結びにある人類自身がマックスウェルの悪魔となり、自らの救世主となる未来は遠い。
  • 新装版 タイムマシンの話 : 超光速粒子とメタ相対論
    タイムマシンは可能です。未来行なら。効率は悪いですが、プチタイムマシンならもうすぐつくれますね。

    問題は、未来からの信号を受け取れるか? 過去に行けるのか? 過去にいけなくても過去にでた光を観測できるのか?

    現在の物理学でその問いに答えをだすことはできませんが、今の物理学でどうような理論があるの...続きを読む
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    熱力学第二法則をわかりやすく物語風にした良書(高校数学、物理程度の知識はあったほうがよりわかりやすいが)。地球という系を考えただけでも、そもそもエネルギーに限界があるのではないかが良くわかる。太陽光発電マンセーな人とか、「まどか☆マギカ」が好きな人に是非読んで欲しい。(後者は単なる自分の趣味)
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    熱力学の第1法則・第2法則、エントロピーの性質を分かりやすく説明しています。最終章で、エントロピーを世の中一般に広げて話をしているのもすごい。確かに今の仕事は、反エントロピーを生産することですね。
  • 新装版 不確定性原理 : 運命への挑戦
    どう考えても難しい題材だと思うのですが、小説など様々なジャンルを含めてもかなり読みやすい部類に入ります。「巨人の星」に始まり、最後のSF戦争まで飽きずに楽しめました。
  • 新装版 不確定性原理 : 運命への挑戦
    いくつもの変な物語が冗長だが、それを差し引いても、本書は物理に関する基本的な考え方を丁寧にひもといてくれている。これは専門書ではできない芸当だろう。

    ・光束の幅をゼロにすることは、光の回折性によって絶対不可能であることがわかっている。
    ・星が見えると言うことは・・・光がつぶであることの裏付けとなっ...続きを読む
  • 新装版 四次元の世界 : 超空間から相対性理論へ
    相対性理論を理解する上で、何が思考の原点になっているかを窺い知ることができる本。難解という訳ではないが、それでもところどころ、腰を落ち着けて読む必要がある。そこが本書の肝の部分だからだ。

    ・力学では剛体の運動で6次元など平気で出てくる。
    ・p138時間と空間の違い。人の意思で支配できる空間とそうで...続きを読む
  • 時間の不思議 : タイムマシンからホーキングまで ムムッ、虚時間?
    物理学者というのはとんでもないことを考えるなあ。ホーキングという名前は知っていましたがここまで突拍子もないことを考案した人だったとは。全てが新鮮でしたが、理解はしきれない。
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    最高に面白かった!
    熱力学を中心に全ての自然現象についての知識が深まります。
    ミクロの世界に浸りたい方は是非!
  • 新装版 パズル・物理入門 : 楽しみながら学ぶために
    最初に、空の色について、疑問から創造へと導いている。
    光が波であること、波の性質についての記述がある。

    「納得のいく説明」として。
    作用と反作用。
    について記述している。

    以下、静力学、動力学と摩擦、地球、流体力学、光と音、熱と電磁気、相対論と宇宙
    という分類に基づいて、話題提供して...続きを読む
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    これはすごい。
    こんなに読みやすいのに、エントロピーを軸とした「自分が今考えてみたいこと」にどんどん踏み込んでいってくれた。いかんせん熱力学・統計力学は学問的にもうHOTではないと考えがちであったが、昨年田崎先生の熱力学を読んで以降考えを改め、本書によりさらに興味を刺激された。
    都筑先生の著作は学生...続きを読む
  • 新装版 四次元の世界 : 超空間から相対性理論へ
    [ 内容 ]
    卵を割らずに黄身がとり出せるか?
    四次元の世界ではそれが可能だという。
    真実とはかくも奇妙なものなのか。
    アインシュタインがついに見つけた実在する四次元から、超多時間理論、重力波まで、絵には描けない世界を丁寧に語り尽くす。

    [ 目次 ]
    第1章 次元とはなにか
    第2章 四次元空間の性...続きを読む
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    [ 内容 ]
    タイムマシンを実現させて過去をよみがえらせ、永久機関を動かして、世間をアッといわせてみせる。
    人類が滅び、宇宙に終焉が訪れるとすれば、マックスウェルの悪魔こそ、救世主か?この不可思議な悪魔に目をつけながら、時間の向きを決めているという「エントロピー」を、他に類を見ない面白さとわかりやす...続きを読む
  • 新装版 不確定性原理 : 運命への挑戦
    古い本だけどわかりやすい
    くだらない例え話を全部飛ばしたので読む時間はかからなかった

    不確定性は、観測による誤差な影響をなくせない、みたいなことと勘違いされがちだけど、拡大するほど荒れ狂うし、極小時間ならエネルギー保存則を無視するようなホワイトノイズな真空空間すら描き出す
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    2年前に読んで途中でギブアップしたものをリベンジ。新装版のせいか、今回はまず最後までいけました← まずエントロピーについて理解せねば・・・^^;まだ物理も習いたての自分にとって、難しかったですが内容的には面白かったです。なぜ落ちた物体は上へ行かないのかとか、人間など生物が自分の体を自分の意思で動かせ...続きを読む
  • 新装版 マックスウェルの悪魔 : 確率から物理学へ
    熱力学第二法則、エントロピー増大についてわかりやすく解説している良著。物理の世界と同じように人間社会も放っておくと色んなモノが複雑化(エントロピーの増大)していく。たたでさえ情報量が増えて選択・決断の機会が増えているのだから、一つ一つをシンプルにすること(反エントロピーの増大)を心掛けないといけない...続きを読む
  • 新装版 パズル・物理入門 : 楽しみながら学ぶために
     気分転換になると思い購入したものの、予想外の手ごわさに思わず熱中。クイズ形式なので読みやすく、小3の息子も熱心に読んでいます(理解しているとはとても思えませんが)。イラストも味があって良。