【感想・ネタバレ】新装版 不確定性原理 : 運命への挑戦 のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

分かりやすい

たっくん 2017年05月03日

テーマを絞って、さまざまな角度から説明されています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月07日

どう考えても難しい題材だと思うのですが、小説など様々なジャンルを含めてもかなり読みやすい部類に入ります。「巨人の星」に始まり、最後のSF戦争まで飽きずに楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月26日

いくつもの変な物語が冗長だが、それを差し引いても、本書は物理に関する基本的な考え方を丁寧にひもといてくれている。これは専門書ではできない芸当だろう。

・光束の幅をゼロにすることは、光の回折性によって絶対不可能であることがわかっている。
・星が見えると言うことは・・・光がつぶであることの裏付けとなっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

古い本だけどわかりやすい
くだらない例え話を全部飛ばしたので読む時間はかからなかった

不確定性は、観測による誤差な影響をなくせない、みたいなことと勘違いされがちだけど、拡大するほど荒れ狂うし、極小時間ならエネルギー保存則を無視するようなホワイトノイズな真空空間すら描き出す

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月08日

初心者にも、不確定性原理・シュレディンガーの猫とやらを、
なんとなくわかった気にさせてくれるやさしい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月22日

[ 内容 ]
ニュートン力学によれば、初期状態がわかっていれば、悠々たる天体の運行から人間の生命にいたるまで、あらゆる自然現象の未来が完全に予測できるはずだ。
この絶対的とも思われる古典力学に立ち向かい、結末は確率的にしか決定されないとする不確定性原理を掲げ、量子力学の本質に鋭く迫る。
たとえ話がと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年06月27日

中学の頃、塾の理科の先生に薦められた本。

高校になって初めて読んで、鳥肌が立った。

もっとも科学的なはずの理科の先生が、科学の限界を語っている本を紹介してくれたことに。

不確定性原理・・ある状態の粒子を調べようとしても、その粒子は常に不確定な状態であるため、一方の粒子を調べてももう片方の粒子は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年01月28日

判りやすい.量子論の入口の,抽象的な感じが面白くて,あっさり読める.それにしてもこの不確定性原理というのは暗示的だなあ.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年08月20日

ブルーバックスの都筑卓司著書は基本的にお勧め。頭の中で決定論がまかり通っていた憂鬱な中3のときに買った本。ハイゼンベルクのガンマ線顕微鏡思考実験の解り易さは神。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年05月31日

量子論に関する一般書は多くある。「非専門家にも読みやすい本として」書かれた本も多くある。
しかし、その中にも決して読みやすくない本は少なくない。

本書は一般向けの量子論の本の中にあって、本書は出色に読みやすい本であることは間違いない。
そして、不確定性原理に関する説明を主軸に置いたという点で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

古典力学なら分かりやすいのだけど、現実的には量子力学・不確定原理になるわけ。これをどのように自分自身の現実問題として捉えていけるかが問題。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年11月18日

この世の中に不思議なことは何もない。なぁんて真っ赤な嘘ピョン。
量子論における摩訶不思議な理論。常識を超えるクレージー理論だ。

電子の位置と運動量を同時に測定することは僕たちにできるのか!?

このレビューは参考になりましたか?