絢谷りつこのレビュー一覧

  • 偽りの花嫁~孤王の褥に蝶は舞う~
    面白くて、読後感もとても良かったです。
    男ながら性別を女と偽り、旅の舞姫一座「幻蝶」の花形舞姫として過ごす遙華。
    ある日、大国の広場で踊りを披露していた最中、国王凱真に王宮で舞を披露するように命じられる。
    宴で若き王に見初められた遙華はその夜、夜伽を命じられた。
    このままでは男であることがバレてしま...続きを読む
  • 見つめて、もっと
    遊び人とみせかけて実はトラウマもちの攻めと純情でちょっと変態入った受けの話。ラテ子さんのイラストも可愛くて、ショーストリッパーのケイの女装が可愛い。
  • 偽りの花嫁~孤王の褥に蝶は舞う~

    内容としては良かったです。

    王位継承にまつわるいざこざで、傲慢とも思える態度の攻め様。

    踊り子として生きて行くため、まるで女性のような振る舞いの受け様。

    この二人の人物像で好みが分かれそうです。

    その実、繊細さ、強靱さを、それぞれ持っているのですが
    物語が進むにつれ、そこが、明らかになり味ともなってきます。...続きを読む
  • 白梅の契り
    読後感もよく、爽やかな雰囲気で、終始癒やされるような気持ちで読む進むことができました。
    ただ、あまりにも爽やかすぎて―具体的に言うと、主役の2人が良い人すぎて、どこか現実離れしすぎるように感じられてしまったのも事実です。

    もちろん、ファンタジーというのは判っているので、舞台や設定がということではな...続きを読む
  • 見つめて、もっと
    弁護士×ショーBoy。真面目で純粋で真剣で臆病で真摯な恋。愛にまではもう少しだけ届かない、手探りの恋。設定が突飛な割にしっとりと読み込める丁寧なストーリー。受けも攻めも可愛く意地らしい。ナチュラルに変態っぽいキャラクターやプレイもまたいい。
  • 白梅の契り
    人外もの…でしょうか

    昔昔の時代で、子供を使って金儲けする賊にさらわれた子のお話
    そんな劣悪な状況で身売りをさせられている主人公

    やさしい主人公が鬼と心を通わせ、自分を犠牲にすることになり…

    健気で切ないお話です
  • 偽りの花嫁~孤王の褥に蝶は舞う~
    う~ん!あんまり後味が いい感じはしなかったですね。 何よりも攻の心の変化ってのがイマイチ分からなかったで すね。 いつどういう風に受の事が好きになったのか?ってのが伝 わってこなかったのが 残念。受の気持ちはちょっぴり切なくて上手く出せている のでちょっともったいなかったですね
  • 見つめて、もっと
    女装子受け
    全体的に良かったけど最後の気持ちの変化のとこだけ読者が置いてけぼりにされた感じが残念。
    ケイの献身的な気持ちが愛らしかった。
  • 君の香りに恋をして
    ファーストシーンが浴場の脱衣所に置いてあるぱんつの匂いを嗅ぐというとんでもない変態シーンという、吹いた。それから先もあとがき含めてぱんつを連呼していて腹筋が…w
  • 見つめて、もっと
    あらすじの割りには可愛いおはなしでした。もっとぶっ飛んだお話かな?って思っていたのですが、普通でした。 なんか途中もやもやが残る感じの流れでしたね。 キャラの設定は面白いですね。ストリッパーなのに純粋無垢。 そんな所に志木も惹かれたんでしょうね。
  • 君の香りに恋をして
    受けも攻めもかわいいほわほわした話でした。攻め君の性癖を普通にスルーできる受けの心の広さにはちょっと笑いそうになったけど。
  • 白梅の契り
    切ないお話でした。最後はもちろん愛にあふれていましたから安心しました。
    結局人間は残酷という話かしら・・・。
  • 白梅の契り
    シリアスなお話です。でも鬼の過去というのはきっと壮絶な後悔と孤独なんだろうけど、それがなんか薄っぺらい感じになってしまって、すごく勿体無いな~って思ってしまいました。弄り様ではとっても素敵なお話になるはずなのに!でもラストの甘~い二人は良かったです♪
  • 宵山に啼く恋し鳥
    昭和初期の雰囲気が文中に全く感じられず・・・。なぜこの時代設定が
    必要だったのでしょうか?普通に現代の設定でも十分読めたと思います。
  • 紅蓮の竜と聖婚のファートム【イラスト入り】

    雑な面も…

    ドラゴンの化身である王×聖職者
    設定は悪くないけれど、
    なぜ攻めが受けに愛情を芽生えさせたのか、課程がわかりにくく、
    いつの間にかそんなに好きだったの?って感じでした。
    国を守りかけれなかった王、という設定もよくわからないままだったし、悪者は一瞬で死んだり、都合よく隣の牢屋に仲間が捕らえられていたり...続きを読む