白梅の契り
  • 値引き

白梅の契り

作者名 :
値引き価格 462円 (420円+税) 1月27日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

幼い頃に賊にさらわれ、男たちの慰み者になっていた郁。希望も生きることへの執着も失い、心は虚ろだった。ある夜、賊が住処とする古寺に鬼が現れる。銀の髪に銀の瞳、気高さと猛々しさを併せ持つ鬼・琥月に見惚れ、彼に喰われるならば嬉しいと目を閉じた郁。だが、琥月は郁を喰らわず、白梅が咲き誇る幽境―――鬼が住む世界へと連れ去り…?

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
海王社
掲載誌・レーベル
ガッシュ文庫
ページ数
257ページ
電子版発売日
2016年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

白梅の契り のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年12月20日

    切ないお話でした。最後はもちろん愛にあふれていましたから安心しました。
    結局人間は残酷という話かしら・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月08日

    シリアスなお話です。でも鬼の過去というのはきっと壮絶な後悔と孤独なんだろうけど、それがなんか薄っぺらい感じになってしまって、すごく勿体無いな~って思ってしまいました。弄り様ではとっても素敵なお話になるはずなのに!でもラストの甘~い二人は良かったです♪

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月08日

    読後感もよく、爽やかな雰囲気で、終始癒やされるような気持ちで読む進むことができました。
    ただ、あまりにも爽やかすぎて―具体的に言うと、主役の2人が良い人すぎて、どこか現実離れしすぎるように感じられてしまったのも事実です。

    もちろん、ファンタジーというのは判っているので、舞台や設定がということではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月28日

    人外もの…でしょうか

    昔昔の時代で、子供を使って金儲けする賊にさらわれた子のお話
    そんな劣悪な状況で身売りをさせられている主人公

    やさしい主人公が鬼と心を通わせ、自分を犠牲にすることになり…

    健気で切ないお話です

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ガッシュ文庫 の最新刊

無料で読める BL小説

BL小説 ランキング

同じジャンルの本を探す

白梅の契り ページトップヘ