東冬のレビュー一覧

  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (5)

    面白かった

    魔術の展開やストーリーの流れがミステリらしく、読んでいて面白かった
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (3)
    もう原作読んだしなあと思ってたんですが、コミックスも買ってみたら美しいし、なんか派手で豪奢でII世が色っぽかったので良し、です。買ってよかった。
  • 大樹―剣豪将軍義輝―(1)
    原作を忠実に描いている。
    絵も悪くないし、真羽もかわいらしくていいのだが、戦闘シーンがちょっと弱いか。
    鬼若がオカマっぽいが、悪くはない。
    強くなった義輝に期待したい。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(3)
    これはもう本当に神。もっと評価されるべき!
    絵もうまいし設定がすごいしストーリーもよい!

    欠点は刊行スピードが期待に追いつかないことだけ!
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    これからどうなるのか、今いちばん続きが楽しみな話。書き手の意図が透けない、読み手に媚びない、そんな突き放した感じがかっこいいダークファンタジー。
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (6)
     「そして冒険へ…キャンペーン」に応募したくて、文庫版8巻と共に購入。絵が綺麗だということは知っていたけれど、初めて買った。
     原作は全て読んでいたので、「ああなるほど、今コミックはここまで進んだのか」という感じで読んだ。我らがヒロイン橙子さんが大活躍しているのが嬉しい。ここで終わるんですか!?

    ...続きを読む
  • 【期間限定 無料お試し版】嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    壮大でおもしろい。世界観を含め、全貌を把握するのにすごく時間がかかりそうだけど、好みの設定と展開になる予感がすごくして惹きこまれます。
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (1)
    推理物としては、はっきり言って下の下レベルだけどFate/Zeroのスピンオフとしては結構いいかも。
    最初の登場シーンでエルメロイ2世の後ろに飾ってある絵画がイスカンダルなのはめっちゃエモい。
    見た目ウェイバーに戻るシーンとか激熱。
    今までの型月作品の上澄みを掬うような作品だから、面白くないわけない...続きを読む
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(6)【特典ペーパー付き】
    やはり、面白いし画面も綺麗で素晴らしい作品なんだが、刊行ペースと複雑な設定のため完結してからまとめて読まないと難しい。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(3)
    話の内容は面白いんですが、未だに伏線とか設定とか難しくて・・・
    わからない点がいくつもありますが、絵が綺麗でつい買ってしまいます。
    一番三巻の見どころは朱天・天人の兄弟の溝が少し埋まったなというあたりでしょうか。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(2)
    相変わらず混沌としてて良いが、ドイツが最後の敵になったりしそうで怖い・・後あんまり狂言が舞台にあってないような、毒餃子とか。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    1~4巻

    第二次大戦下の中国が舞台のファンタジー?
    文字説明が多めで、少し詰め込みすぎな印象を受けたかなぁ……すぐには世界観を掴み辛かった気が。でも、今後の展開が凄く気になる作品。

    余談ですが、一番最初に出てきた青年?が、へ○リアの某方をもの凄く彷彿とさせる…てか、まんまな容姿で一瞬戸惑った。笑
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (6)

    よくできた挿絵集

    原作の挿絵としては十分なんだけど単体で読んだ時理解不明なシーン結構ない?そうでもない?なんにしても原作のロード・エルメロイII世の事件簿が好きならオススメ!
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)

    めんどくさい

    絵はとても素敵。綺麗。
    でも何か違う。表現の仕方と言うか、アクションシーンなのに動きを感じれないと言うか。漫画の描き方はあまり上手ではないのか。

    台詞回しがくどい。詩的と言えばいいのか。
    神様がどうのこうのとか世界のことわりが云々とか等、壮大な感じを出したかったのか?そんな感じの台詞が多く出てきま...続きを読む
  • ロード・エルメロイII世の事件簿 (1)
    原作未読だが、会話と地の文で進められる部分が多いので、非常に小説向きの話なのかなという印象を現時点では受ける。まだ魔術を使うような「絵」になる場面が少ないので今後次第ではあるか。しかし画力が高くて素敵。雰囲気にも合っている。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    絵はとても綺麗。ただ漫画としての上手さよりイラストレーションとしての綺麗さのが勝つ。正直、動きのあるコマはたまに何をしているのかわからない……。伝奇ものにしても複雑すぎる設定と衒学的な台詞の数々もかなり人を選ぶ。物語的には、たぶんこれ1巻だけではまだ序章にも満たないので、なんとも。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(5)
    世界の仕組みが徐々に明らかに。それに連れて、非常に多いキャラクターすべてが女媧の駒のように描かれ、運命に抗おうとする朱天と真珠血の思考さえも予め定められたものかもしれない…という哲学的な方向へ突き進んでいて、ついていくのに気合がいる。
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    大戦前。動乱の東の大陸に暗躍する者共がいた。
    神の末裔の一族、帝国軍の特殊部隊、西の大陸の錬金術師たち。
    世界の命運は彼らの手の内に⁉
    流麗な絵柄です。
    女の子も可愛いし、人喰いの化物と武骨な人型兵器の戦闘シーンも迫力があり、格好良いです。
    設定も恐らく細部まで練られているのでしょう。
    設定倒れ...続きを読む
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(1)
    舞台はWW2なのかな。
    兎に角文字が多いですね。設定が細かいのかな。
    神話の時代ってのは大好きなのですが、読み込むのに時間がかかる。
    後、キャラの名前が難しくて人数が多い。

    朱天くんが主人公でいいのかしら。
    1巻を読む限りではまだ物語ものっそりとしていてその辺が良くわからないのですけども。
    世界観...続きを読む
  • 嵐ノ花 叢ノ歌(2)
    巻末に用語事典と人物相関図と年表がついてきましたね。
    ありがたい。

    さて、1巻でなかり世界観の説明多く、文字数が多かったこの作品ですが、今回は打って変って随分と読みやすくなっております。
    けっこうすらすらと読めました。
    謎は多いし、新しい人物は出てくるしでまだまた話は始まったばかりなのだなと思わざ...続きを読む