売上最小化、利益最大化の法則―――利益率29%経営の秘密

売上最小化、利益最大化の法則―――利益率29%経営の秘密

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

◎北の達人コーポレーション(東証一部上場)社長の処女作。編集処女作担当26作目。
◎北の達人は株価上昇率日本一(17年上昇率1164%:125円→1455円)。社長在任期間中の株価上昇率ランキング日本一(113.7倍、在任期間8.4年)。著者は神戸生まれだが、北海道に渡り一代で「市場が評価した経営者ランキング」第1位(東洋経済オンライン)、史上初の4年連続上場。日本国政府より紺綬褒章4回受章。
◎本書の読みどころは、無一文から売上100億・利益29億円を達成した源泉、会社の弱点が一発でわかる「5段階利益管理」(1.売上総利益〈粗利〉、2.純粗利、3.販売利益、4.ABC利益、5.商品ごと営業利益に分けて管理)と、一度つかんだ顧客を離さない「商品&人材戦略」。5段階利益管理の考え方はeコマース企業だけでなく、全業種で使える(著者が買収したエフエムラジオでの実践例も紹介)。                    
◎これまでは、売上が上がれば利益が上がるが常識だったが、著者は「変化の激しい現代では、先行投資期に売上が上がっても、回収期には市場が変わって利益が回収できない。今の時代は、利益は後からついてくる前提で売上と利益を別々で考えるのではなく、売上と利益をセットで管理する経営方式に変えるべき。また、売上10倍はリスク10倍。売上アップはトラブルやアクシデントも激増するので、むやみに売上アップを目指してはならない。今こそ売上OSから利益OSにして売上最小化、利益最大化を目指すべきだ」と断言する。
◎北の達人では、びっくりするほどよい商品ができたときしか発売しない。750の評価項目の検査を行い、全社員でこれはいいと実感したものしか発売しない。リピート率が7割の源泉はブームを追わずロングセラーを追求する姿勢だ。ツイッターフォロワー数2万人。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
336ページ
電子版発売日
2021年06月16日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
15MB

売上最小化、利益最大化の法則―――利益率29%経営の秘密 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月11日

    徹底したコスト管理と効率的なマーケティングを実践的観点から書かれた本で非常に参考になった。利益管理は5段階で管理。
    ①粗利
    ②純粗利→粗利から注文連動費(カード決済費、送料、梱包資材、ノベルティなど)を引いたもの
    ③販売利益→純粗利から販売費をひいたもの。いわば広告のコスパをここで計測する。
    ④AB...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月02日

    D2Cに限らずビジネスを学ぶ上ではわかりやすい教科書だと思います。

    もちろん、D2Cビジネスを行うにあたっての概念もふんだんに織り込まれていますが、マーケティングに限らず、財務、管理会計、組織マネジメントまで幅広くカバーしているのが本書のすごいところ。

    ここまでの内容をここまでコンパクトに書いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月26日

    部門?商品?顧客?店?の単位に関わらず、何でも適合する考え方でした。

    現状把握するために俯瞰して見ることから始め、可視化していきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    実践的な良書

    脅威の利益率を誇る、北の達人コーポレーションの仕組みがわかる実験的な良書

    ネットショップ経営はもちろん、ネットショップ以外の業種にも応用ができる。

    利益をKPIにおき、5段階利益管理という手法をつかい強い会社をつくる。

    商品ごとに利益が管理できる利益管理は是非とも実践したいと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    売上を追求すると、コストを掛けてでも集客をしてしまうため、売上は伸びるが利益率や場合によっては利益額は落ちてしまうことがある。

    こうした事を避けるため、広告費や管理コストを細かく商品やチャネルごとに分解し、各商品や各チャネルが本当に利益を最大化できる高効率な状態にあるかを分析せよ、という本作。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月01日

    売上よりも利益、当たり前にも感じますが、売上を増やすことよりも、利益を増やすことの方が、複雑で難しいことなのだと、改めてわかりました。

    同業なので、参考にしやすい仕組みも多く、さっそく実践してみたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月28日

    DtoC × サブスクモデルで有名な、北の達人コーポレーション代表取締役社長兼マーケティング責任者木下氏の初著書。

    新しい概念を持ってきました!というものではない。
    みんなが何となくそうすべきと思っていることを言語化、共通語化、仕組み化し、会社として推進できているんだなと感じた。そして利益率29%...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    同じ利益を出すならば、そりゃ、売上少なくして出したほうが効率的だよね、リスク低いよね、という本。

    無収入寿命=売上が0でも固定費を払い続けられるだけのキャッシュをどれだけ持っているか について、私はお客さんに最低でも6ヶ月と説明をする。それは大企業や中小企業の優良企業のキャッシュ残高がだいたいそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング