一度きりの大泉の話
  • NEW

一度きりの大泉の話

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。
出会いと別れの“大泉時代”を、現在の心境もこめて綴った70年代回想録。

「ちょっと暗めの部分もあるお話 ―― 日記というか記録です。
人生にはいろんな出会いがあります。
これは私の出会った方との交友が失われた人間関係失敗談です」


――私は一切を忘れて考えないようにしてきました。考えると苦しいし、眠れず食べられず目が見えず、体調不良になるからです。忘れれば呼吸ができました。体を動かし仕事もできました。前に進めました。
これはプライベートなことなので、いろいろ聞かれたくなくて、私は田舎に引っ越した本当の理由については、編集者に対しても、友人に対しても、誰に対しても、ずっと沈黙をしてきました。ただ忘れてコツコツと仕事を続けました。そして年月が過ぎました。静かに過ぎるはずでした。
しかし今回は、その当時の大泉のこと、ずっと沈黙していた理由や、お別れした経緯などを初めてお話しようと思います。
(「前書き」より)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
ページ数
352ページ
電子版発売日
2021年04月21日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
29MB

一度きりの大泉の話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    排他的独占愛についての分析が鋭い。創作(二次創作含む)に関わる人ならば多かれ少なかれ覚えのある感覚だと思います。あと少年愛について萩尾先生が理解していないという件は、すごく納得です。「トーマの心臓」も「残酷な神が支配する」も、あれは少年愛の物語じゃないもんね。魂の救済がテーマだものね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    恐るべき一冊。これが「真実」かどうかはわからない。
    天才の、しかも若い頃の話だ。竹宮惠子と一時的にも仲が良かったことのほうが奇跡ではあるまいか。「大泉サロン」「花の24年組」という言葉を使うには慎重にならざるを得ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    文中幾度も繰り返される「ありがとう」「ごめんなさい」。もちろんOSマンション側に対しても。とても丁寧かつ優しい語り口だけど、静かな怒りも伝わってくる。
    ものごとの経緯については城章子による巻末文と併せて腑落ち。嫉妬感情について「萩尾さんにはわからないと思うわ」と山岸涼子に言われる件も含めて。
    興味深...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月24日

    日本少女漫画界の大巨星・萩尾望都御大の自叙伝が出ると聞いて、
    喜び勇んで予約したものの、
    発売を待つ間に何やら不穏な気配を感じた。
    読み始めてじきに、嫌な予感が的中したのを察した。
    新人時代の慌ただしくも楽しかった青春の日々――
    といった話ではなく
    (もちろん愉快なエピソードも回顧されてはいるが)、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    とても胸が苦しくなるお話だった。
    私もその場でうまく言い返せないタイプなので、相手が言ったのはこういう意味かな、それともこうかなと後になって相手に確かめる事も出来ずにひたすらグルグル悩み続けて疲弊するのがリアルで、自分の事のように読むのがしんどかった。
    自分の気持ちをうまく話せないのは毒親育ちあるあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    かの先生の自伝を読んだし、どちらの先生の作品もそれぞれに好き。大泉時代が無かったら今のお2人はいない。でも辛い話。
    少し違う事例だけど、いじめの加害者は思い出を美化できるけど、被害者は何十年経っても傷を忘れられない。外野は黙ろう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    萩尾望都はスタンドアロンな人で、良くも悪くも基本的に他人を必要としていない人なのかなぁという印象を持った。自分で完結しているから、竹宮惠子や増山法恵のような人が理解できないし、理解したとしても寄り添うことはない。ただ理不尽に私を傷つける人として人生から排除する。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    交流がない事を知ってはいたが

    かむさび 2021年05月01日

    小学生の頃からお二方の作品を読み、中高生時代は肩までどっぷりでした。
    2台巨頭といいますか、圧倒的な実力を持ったお二人でした。私は萩尾望都先生の方が好きでした。萩尾望都先生の昔の作品の端っこに落書きがあって、竹宮先生あてのメッセージ?だったようです。でも、後の作品や雑誌の近況などにもお二人の共通点は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    「漫画描くのやめたら友達に戻れるかな…」のところでボロボロ泣いた。

    24年組が好きなの!と自慢げに言ってたけど今ではそれが言えない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    読後、まず、萩尾先生、辛い記憶を解凍してここまで語っていただきありがとうございます、という思いでいっぱいになりました。
    竹宮先生の自伝は『少年の名はジルベール』しか読めてませんが、『ジルベール』には大泉当時の萩尾先生の才能への激しい嫉妬と創作の苦悩について綴られていました。かなり衝撃を受けた一方で、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています