ニッポン 未完の民主主義 世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

ニッポン 未完の民主主義 世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

首相交代は「禅譲」、コロナ禍の判断は専門家に頼り切り、日本学術会議の会員任命拒否の説明は支離滅裂……。大丈夫か、この国は。これじゃまるで、〝未開国〟。それもそのはず。なぜなら、戦後、ニッポンの民主主義は、世界の潮流をよそに独自の生態系に「進化」してきたのだから……。なぜ、検察を正義と誤認するのか。なぜ、「右」から「左」まで天皇制を自明のものとするるのか。世界も驚く日本型民主主義の実態を徹底分析。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年04月09日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
1MB

ニッポン 未完の民主主義 世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月17日

    ・エマニュエル・トッドによる民主主義の分類…親から自由で兄弟間が平等なフランスの家族制度を基盤としたフランス、イギリス、アメリカ型。親の権威が強く、長子相続で兄弟が不平等な日本、ドイツ型の権威主義的民主主義。権威主義でありながら、平等的なドイツ型。
    ・コロナウィルスの影響について、エマニュエル・トッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています