藁を手に旅に出よう “伝説の人事部長”による「働き方」の教室

藁を手に旅に出よう “伝説の人事部長”による「働き方」の教室

作者名 :
通常価格 1,599円 (1,454円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

よくわからないまま働き始めた君へ、「働き方のモヤモヤ」に答えを出す!
『ビジネス書図鑑』『世界「倒産」図鑑』著者が物語で贈る、「幸せ」と「仕事」を巡る12の講義

News Picks取締役 佐々木紀彦氏推薦
「すべての20代、30代に読んでほしい」

新人社員サカモトは自分が働く意味を見出せずにいた。
「このまま今の会社にいていいのか?」
「自分の価値とは何なのか?」
そんなサカモトや同期たち、新人社員の前に
伝説の人事部長「石川さん」が姿を現した――。

寓話から仕事や働き方に光を見出す
新感覚ビジネス小説!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年09月17日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
7MB

藁を手に旅に出よう “伝説の人事部長”による「働き方」の教室 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    「自分のやりたいことは何なのか」「キャリアについて考えたいけど何からしたらいいかわからない」「でもビジネス書を読むのには少し抵抗がある。。。」という人にオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    今まさに自分が仕事において悩んでいることに対して、多くの示唆を与えてくれる本でした。
    問いを立て、考え続けることの重要性を、物語を通して分かりやすく伝えてくれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月04日

    かつて新人だった時の自分を懐かしく思い出しながら読んだ。
    人事教育を受ける若手社員の目線であっという間に読むことができたわりに、中身は濃くどの章も学ぶことばかりだった。

    なかでも本全体を通して「三人称でなく一人称を持つ」大事さが伝わってきた。

    哲学的な問いである「なぜ仕事をするのか?」「なぜ生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月25日

    目的意識を持つかどうかで仕事の意味が変わる。
    自分の業務が社会に何をもたらすのか?いや、何をもたらしたいのか?を追求した先に、働く意義や自分の生き方と仕事の整合性が見えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています