新訳『ドラえもん』

新訳『ドラえもん』

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

映画『スタンドバイミードラえもん』原作!

2020年8月8日に全国東宝系にて公開されるドラえもん初の3DCG映画『STAND BY MEドラえもん』の「原作本」です。映画脚本のもととなった藤子・F・不二雄先生の『ドラえもん』作品7本を完全収録しています。
「未来の国からはるばると」「たまごの中のしずちゃん」「しずちゃんさようなら」「雪山のロマンス」「のび太の結婚前夜」「さようなら、ドラえもん」「帰ってきたドラえもん」。どれも名作の誉れ高い、読み応え十分な作品ばかり。
各作品の間には、ドラえもんがのび太くんには話せなかったことを文章で綴ります。文章を書くのは映画の宣伝プロデューサー・佐々木宏さん。トヨタ自動車のドラえもんCMを手がけ、ドラえもんの大ファンでもある佐々木さんの思い入れたっぷりの文章も読みごたえ十分です。映画を観た人も、これから観る人も楽しめる一冊です。

※この作品はカラー版です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ドラえもん
シリーズ
ドラえもんシリーズ
ページ数
160ページ
電子版発売日
2020年08月07日
紙の本の発売
2014年07月
サイズ(目安)
41MB

関連タグ:

新訳『ドラえもん』 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年09月17日

    記念すべき1000冊目がドラえもんだった(笑)

    映画「STAND BY ME ドラえもん」の元となった7作品のマンガが載せられてるし、解説もあるし。
    そして装丁がなんとも素敵。
    うまく表現できないけど、読んでると右にのび太くん、左にドラえもんがずっといてくれる。
    スピンも赤くてドラえもんのしっぽの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

    映画「Stand By Me ドラえもん」のストーリーにある原作を集めた1冊です。
    映画を観た人や、むっかーしタイムリーに読んでた人にオススメです。
    収録話
    「未来の国からはるばると」(第一話)
    「たまごの中のしずちゃん」
    「しずちゃん さようなら」
    「雪山ロマンス」
    「のび太の結婚前夜」
    「さよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月31日

    映画のエピソードを抽出したものに、ドラえもん視点での語り。

    あとがき?解説?にもあるとおり、ドラえもんという存在が当たり前すぎて。
    未来ののび太が「ドラえもんは子供のころの僕の友達だからね」といったように、未来ののび太たちがドラえもんをどう感じているのか、あるいはその時点でどういう関係になっている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月18日

    映画「STAND BY ME ドラえもん」の書籍版。映画のもととなった作品と、ドラえもんの語りという構成。
    ひみつ道具の存在や大長編ののび太の活躍で忘れがちになるが、元々ドラえもんが未来から来た目的は、のび太の人生を幸せにすること。その忘れがちなドラえもんという作品の大前提となる部分に改めてスポット...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月18日

    誰しも、のび太である。
    便利な道具や、肩書きや、知識やお金を脱ぎ捨てた自分、裸の自分は、いったいどんな自分?

    日々ドラえもんに助けられている
    何も持たないのび太になってこそ
    本当に大切なものが見えてくるのかもしれない。

    ーードラえもんは子どもの頃の友達さ

    大人になったのび太は言う。
    私たちは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています