月蝕の夜の子守歌

月蝕の夜の子守歌

作者名 :
通常価格 779円 (709円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

わたしは花見堂小春、横濱女子仏語塾の三年生。うちの学校はフランス風の魔女養成学校で、生徒の半分は妖魅、つまり妖怪なの。わたしは抜け首、仲良しの宮さんは女郎蜘蛛よ。今夜は寮で月蝕の観察会なんだけど、もう一人の仲良し、幽谷響の透子さんがまだ来ない。宮さんと二人で捜しにいったら、山下町にいた透子さん、迷子の女の子を連れていた。その子は一見普通の女の子なんだけど……。折も折、横濱では分限者の子どもを狙った連続誘拐事件が発生。次に狙われるのは我が校の聴講生千秋くん? 大正期の横濱を舞台にした好評シリーズ第2弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
297ページ
電子版発売日
2020年07月13日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

月蝕の夜の子守歌 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月03日

    ぬばたまおろちの五作目、というか横濱魔女学校二作目。

    ティグレこと若槻千秋は聴講生として魔女学校に通うことに。
    ダンス(飛行)のレッスンを受けたり、
    薬草学の授業を受けたりと小春たちと仲良くやっている。

    その千秋が誘拐にあったり、迷子がきたり、
    千秋の叔父がペルーが来たり、
    絵からイグアナが出て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    小春も宮さんも透子さんも大活躍でしたね。お疲れ様。
    箒にまたがって飛ぶためには人外の者にならないとダメか。魔力を持つ方法を見つけられれば…… ムリそう。せめて夢の中では飛べるように。アナちゃん無事でよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています