ぬばたまおろち、しらたまおろち

ぬばたまおろち、しらたまおろち

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

両親を失い、田舎にある伯父の家に引き取られた綾乃には秘密の親友がいた。幼いころ洞穴で見つけた小さな白蛇アロウ。アロウはみるみる成長し、今では立派な大蛇だ。十四の夏、綾乃は村祭の舞い手に選ばれた。だが、祭の当日、サーカスから逃げ出したアナコンダが現れ村は大混乱に。そんななか、綾乃は謎の男に襲われるが、そこに疾風のように箒で現れ、間一髪彼女を救ったのは、村に滞在していた民俗学者の大原先生だった。綾乃はそのまま先生の母校ディアーヌ学院に連れていかれ、そこで学ぶことになるが、そこはとても変わった学校で……。第2回創元ファンタジイ新人賞優秀賞受賞作。/第2回創元ファンタジイ新人賞選評=井辻朱美、乾石智子、三村美衣

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
シリーズ
ぬばたまおろち、しらたまおろちシリーズ
ページ数
478ページ
電子版発売日
2017年09月11日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ぬばたまおろち、しらたまおろち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月21日

    Tさんのおすすめ。

    両親を失い、伯父の家に引き取られた中学2年生の少女。
    でも、思っていたよりお話は軽くて、明るかった。
    ハリー・ポッターのような、夏への扉のような、君の名は、のような。

    でも、がまの油で有名な筑波山のふもとに、
    洋館の魔女学校はちょっと強引な気もする。
    イメージに合わないって言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    岡山の田舎の妖魅(ようみ)と主人公の女子中学生の交流かと思いきや、話は段々と広がってきて一大スペクタクルになっています。
    途中で書かれていた日本と西洋の変身についての考察なども興味深いものでした。
    ファンタジーやSFの作品を示しながら、それらを背景によりスケールの大きな話が展開されていく様はさすがで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月27日

    岡山の田舎.主人公は中二の女の子.大きな近くの沼に住む白い大蛇が秘密の友達.日本の昔話のテイストかなと思ってたら,一転,筑波の魔女学園に転入しハリーポッターの世界に.学園の友達やら登場人物が多いがキャラクターがしっかりしてて好感が持てる.会話も軽妙でスピード感がある.中学生の淡い恋心もよく描かれてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月23日

    面白かったー!!和洋折衷ごちゃ混ぜファンタジー!!主人公の綾乃は岡山の山奥に住んでいて、大蛇のアロウが婚約者。(最初は大蛇が気持ち悪かったけど、それも最初だけ。)村祭り当日にネッシーに襲われ、そこを氷女の魔女に助けられ、魔女の学校に入学する。ここまでで100ページくらい。ほんと詰め込まれてる!魔女の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月07日

    大蛇神伝説,日本の妖怪(遠野物語)やネッシーもどきや首の無いライダーやら外国の妖怪プラス魔女,入り乱れての大混戦.どうなることかと思いきや途中から学園ものにシフトして,これまた恋愛がらみの学園生活が色々な行事もあって楽しい.そして終盤のタイムスリップ,「夏の扉」ふうの過去と現在の収まりの付け方でアロ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月03日

    王道和ファンタジー。昭和なセクハラ表現や際どい場面が学園モノ設定とはミスマッチだけど、まぁそれが些細な事と思えるくらいにストーリーが出来ていた。クィディッチやRDGの生徒会的要素も欲しかったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    村で暮らす少女の彼氏は、大蛇?
    要素てんこ盛りのにぎやかなファンタジー1作目。

    深瀬綾乃は両親を亡くし、岡山の伯父の家で暮らしていました。
    妖怪の存在が信じられている村で、村祭りの行事も本気で行われる土地柄。綾乃は、子供の頃に出会った小さな白い蛇が秘密の親友で、それが今は成長して少年の姿もとれるア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    楽しさ満載のおもちゃ箱のような作品。女の子たちが元気いっぱいなのがいい。矛盾しているところもいっぱいありそうだが、細かいことはどうでも良くなるハイテンション・ファンタジー(笑)。良作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    ファンタジーだけど少し大人っぽい感じかな。
    綾乃ちゃんがかわいい。

    アロウと雪之丞、どっちにすんのと思ったら、そうきましたか。

    シリーズもの、次作も気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    妖怪が息づく村に住んでいた少女が
    ひょんなことから魔女の学校へ通うことに

    その魔女学校で学んでいるのは
    雪女、人狼、のっぺらぼう……
    そう、私たちのよく知る様々な妖怪たちだったーー!


    *******


    まず自身の永遠の憧れである魔女学校に通う、という設定がとても魅力的だし
    更に舞台が日本とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ぬばたまおろち、しらたまおろち の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング