浜風屋菓子話 日乃出が走る 新装版

浜風屋菓子話 日乃出が走る 新装版

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

老舗和菓子屋のひとり娘・日乃出は、亡き父が遺した掛け軸をとりかえすため、「百日で百両、菓子を作って稼ぐ」という無謀な勝負に挑む。しかし、連れられたのは、客が誰も来ない寂れた菓子屋・浜風屋。仁王のような勝次と、女形のような純也が働くが、二人とも菓子作りの腕はからっきしで――。はたして日乃出は奇跡を起こせるのか?いつもひたむきな日乃出の姿に心温まる人情シリーズ第一弾!

ジャンル
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫
ページ数
317ページ
電子版発売日
2020年05月01日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

浜風屋菓子話 日乃出が走る 新装版 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    叔父夫婦と元橘屋の番頭は最後まで嫌いだった。
    勝次と純也、定吉夫婦とお光はだんだん好きになった。
    「薄紅」はやっぱりあのお菓子だった。また食べたいな。美味しいものを食べると嬉しくなる、力になる、それはお菓子でも同じ。がんばれ! 日之出 !(^^♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    猪突猛進ぎみではあるけれど、必死に前に進む姿が、他人を引き込み、巻き込んで形を成していく。
    プロジェクトへの情熱がプロジェクトを成功に導くということでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    明治維新のドサクサで、幕府御用達だった店と大事な掛軸を失った日之出。
    御店のお嬢様だった、彼女がその掛軸を取り戻す為に100両のお金を一月で作らなければならなくなってしまう。

    まぁ、冒頭はわぁ、この子は苦手と思いつつ読んでいてのですが、成長していく姿に絆されました(笑)

    最後のどんでん返しで、ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

浜風屋菓子話 日乃出が走る 新装版 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 浜風屋菓子話 日乃出が走る 新装版
    老舗和菓子屋のひとり娘・日乃出は、亡き父が遺した掛け軸をとりかえすため、「百日で百両、菓子を作って稼ぐ」という無謀な勝負に挑む。しかし、連れられたのは、客が誰も来ない寂れた菓子屋・浜風屋。仁王のような勝次と、女形のような純也が働くが、二人とも菓子作りの腕はからっきしで――。はたして日乃出は奇跡を起こせるのか?いつもひたむきな日乃出の姿に心温まる人情シリーズ第一弾!
  • 浜風屋菓子話 日乃出が走る<二>新装版
    あの菓子はまさしく稲妻だった―― 和菓子修行を続ける日乃出は西洋人のタカナミに出会い、西洋菓子の味の虜になる。西洋菓子に惹かれていく日乃出と、ぎくしゃくし始める浜風屋の仲間との関係。一方、浜風屋で働きはじめた娘・葛葉は兄を捜していると言うのだが、どうやら何かを隠しているようで……。 はたして浜風屋はかつての絆を取り戻すことができるのか!?
  • 浜風屋菓子話 日乃出が走る<三>新装版
    浜風屋で菓子を作り続ける日乃出達。因縁の白柏屋が様々な勝負をしかけて来る中、日乃出達は「橘屋」の名をかけてあの手この手で立ち向かう。 一方、お年頃のお光は縁談に悩む日々。どうやら日乃出にも気になる人がいるようだが……。 大人気シリーズ第三弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています