小林秀雄の恵み(新潮文庫)

小林秀雄の恵み(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

37歳の迷える私=橋本治には、小林秀雄の『本居宣長』は過剰と孤立を恐れるなと諭す、じいちゃんの励ましだった。いまもその感動は圧倒的だ、ただ……。小林秀雄賞を受賞した55歳の私は改めて難解な作品の通読へ向かう。そして、真摯な愛情と決意で、小林の文章にねばり強く伴走するうち、ある「恵み」を受け取ったのだった。小林秀雄から現代日本人の宿命を遠望する革新的論考。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年01月31日
サイズ(目安)
1MB

小林秀雄の恵み(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年03月08日

    古典をよくわかっている橋本治が、結局のところ古典を理解できていない近代人である小林秀雄を、その痛々しい本居宣長への自己投影に満ちた”読み込み”を解読していく。
    この人のエッセイは、自分の言いたいことを徒然草よろしくのらりくらりと語っていくものが多いのだが、この本は小林秀雄の『本居宣長』という読み込む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    橋本治さんの思考は、とても粘り強くて、とても深くて、とても色んな道があって、とても恥じらいがあって、とてもしなやかです。
    だからとてもゆっくりです。

    橋本治さんは、この本の中で小林秀雄さんのことを
    「おじいちゃんのよう」と表現されています。
    そしておじいちゃんである小林秀雄の恵みとは
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月31日

    橋本 治、「小林秀雄の恵み」を読みながら、考える。
    毎年、桜を、色々な場所で、微妙な開花する時間の違いにより、愉しむのを習慣にしているが、今年は、色々なことが、気に懸かった。というのも、一方で、大道寺将嗣の全句集、「棺一基」を、読みながら、他方で、この分厚い本を併読していたからだろうか、なかなか、時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月13日

    小林秀雄とは違う知性、橋本治が解説する昭和のインテリ小林秀雄。西行を自意識が彼の最大の煩悩だったと言い切る彼に小林秀雄は本当に哀れがわかっていたのだろうかと挑む橋本治、なかなか面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年05月01日

    いつものように、橋本治の思考過程を追いながら、小林秀雄は何を考え、当時の人はそんな小林の文章を何故ありがたがったのかが分かります。

    けど、この本の中で、私が、一番好きなのは橋本治が小林秀雄の『本居宣長』を読んで「そうか、学問とはいいものだったんだ」って思ったってところです。
    愚かな孫は小林秀雄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています