照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉

照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しかも富田流小太刀の遣い手だ。己も素寒貧なのに困った者を放っておけず、今日もおまつに尻を叩かれ、筋を通して一肌脱ぐ。江戸の四季を巧みに織り交ぜ、人の情けと男女の機微をたっぷり描く名手・坂岡真の代表シリーズ、堂々の新装版第一弾!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2019年12月06日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉 のユーザーレビュー

レビューがありません。

照れ降れ長屋風聞帖〈新装版〉 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 1 大江戸人情小太刀 〈新装版〉
    日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しかも富田流小太刀の遣い手だ。己も素寒貧なのに困った者を放っておけず、今日もおまつに尻を叩かれ、筋を通して一肌脱ぐ。江戸の四季を巧みに織り交ぜ、人の情けと男女の機微をたっぷり描く名手・坂...
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 2 残情十日の菊 〈新装版〉
    連れ子のおすずと両国広小路を訪れた三左衛門は、一撃で柿を十字斬りにする浪人、轟十内と出会う。客寄せには勿体ないほど見事な居合抜きの腕を持つ十内に、どこか似たものを感じる三左衛門。そしてひょんなことから同じ長屋に住む子持ちの洗濯女、おせいの想い人が十内であることに気づく。仲人稼業のおまつが仲をとりもち、晴れて結ばれた二人だったが、契りを結んだ夜から三日もたたぬうちに異変が起こ...
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 3 遠雷雨燕 〈新装版〉
    痩せ浪人の浅間三左衛門は、反物さえ買えば絶品弁当にありつけると聞き越後屋へ急ぐも、時すでに遅し。首尾良く弁当を手に入れた元同心の八尾半兵衛に自慢されてげんなりする。だが、店に大奥女中と下男の姿を認めるや、半兵衛の目が一変。かつて越後屋を狙った凶賊雨燕が再び蠢き出したのを看破した半兵衛は危険を顧みず動き始める。一方、越後屋にも言うに言われぬ秘密があり――。三左衛門の人情小太刀が...
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 4 富の突留札 〈新装版〉
    おまつら女四人が金を出し合って富札を買った。口入屋のおしまの初夢に弁天様のお告げがあったと聞き鼻で笑う浅間三左衛門だったが、女たちは百五十両の突留を引き当てる。一月前に当たり籤を手にした大工が何者かに殺されたこともあり、三左衛門は用心棒として換金に同道。だが悪い予感も大当たり、謎の賊が女たちに襲いかかる。庶民の夢を踏みにじる悪党に人情小太刀が炸裂する!! 傑作シリーズ第四弾。
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 5 あやめ河岸 〈新装版〉
    花魁に狂う若侍がかつて人を殺めた“あやめ河岸”で、首を捻られた骸があがった。屍骸の主は御用達の魚問屋、鯉屋太郎次。浅間三左衛門の投句仲間である八丁堀同心、八尾半四郎は隠密の雪乃から名妓小紫の起請文が入った遺品の財布を渡される。だが、肝心の宛名は太郎次ではなく岩蔵――痴情の縺れを隠れ蓑に蠢く悪を嗅ぎつけた半四郎に、「あの男」が助っ人に参上する。人情小太刀が江戸を救う!! 話題の新装...
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 6 子授け銀杏 〈新装版〉
    銀杏も輝く神無月、照降長屋に剽軽侍、田川頼母が越してきた。浅間三左衛門ら住民は歓迎の宴を催すが、身請け話が持ち上がっている芸者の小菊に頼母が惚れてしまう。見かねた長屋連中が身請けの半金三十両をかき集めて手渡した矢先、頼母に残酷な運命が襲いかかる。三左衛門の怒りの小太刀が江戸の悪を叩き斬る!! 話題の新装版、第六弾。
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 7 仇だ桜 <新装版>
    続巻入荷
    またひとり、幕臣が斬られた。これで三人目、いずれも右手首を落とされていたという。大奥改修の入札に絡んだ殺しと睨む同心の八尾半四郎は材木問屋の用心棒を疑うが、その名を耳にした浅間三左衛門は凍りついた。弓削冬馬――かつてやむなく手に掛けた朋友の弟だったのだ。初めての我が子の誕生を前に、己を仇と狙う冬馬と対峙する覚悟を決めた三左衛門。もつれた過去の糸をほどくことはできるのか。落涙必...
  • 照れ降れ長屋風聞帖 : 8 濁り鮒 <新装版>
    続巻入荷
    ついにおまつが臨月を迎えた。齢四十三にして初の我が子誕生を待ちわびる浅間三左衛門は安産祈願に余念がない。そんな折、おまつは三左衛門に、若旦那との縁をとりもった薬酒問屋の内儀おきちへの伝言を頼む。泣き腫らした姿を気に掛け夫婦仲を案じたのだが、事はそう簡単ではなかった。悪の匂いを嗅ぎつけ、雨の中を飛び出していく三左衛門。だが、まさしく空前の出水が江戸を襲わんとしていた。若いふた...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています