100万人に1人の存在になる方法―――不透明な未来を生き延びるための人生戦略

100万人に1人の存在になる方法―――不透明な未来を生き延びるための人生戦略

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

これからは「コモディティ会社員」と「レアカード仕事人」に二極化する。今まで以上に稼げるようになる人がいる一方で、これまでのように稼げなくなる人も大量に出る。特に、サラリーマンの仕事がなくなっていく厳しい時代だ。そんな人生100年時代に生き抜くために知っておきたい藤原和博流・働き方の集大成。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
280ページ
電子版発売日
2019年12月19日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

100万人に1人の存在になる方法―――不透明な未来を生き延びるための人生戦略 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月15日

    著者の前作である『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』の実践編である

    ホップ(1/100)→ステップ(1/10000)→ジャンプ(1000000)の流れと三角錐による成長過程を具体例を元に説明されており、分かりやすく、そしてより実践的で勇気の出る内容だ

    これからの人生は個人の資質をどれだけレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月25日

    100万人に1人の存在になる方法

    ・何か特定なスキルを持っていないからダメ、自分は平凡だからこれで良い、会社でそこそこ上手く行ってるから大丈夫。と思う一般的な人たち全てに言いたい。今はいかにオリジナリティのある生き方が求められているか。
    ・初めのステップは何でもいい。そこでまずがむしゃらにやってみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    前半は所謂自己啓発本。後半は具体例。
    「とりあえず社会に出て、がむしゃらに働いてみないと」と思わせてくれた。何を見つけるにしても。
    人生100年の今、ずっと働いていたいって思いたいよね。なんとなく、60歳くらいまで働いて〜…って考えてるけど、もっと長い。何をしていたいのだろう。まだ5分の1生きただけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月07日

    これからはレアがより大事。と
    AI、外国、性別、年齢と今までになく身を置く環境に参入が増えるからこと考えれば確かに。
    レアを著者は1,000,000分の1と。そこへのたどり着き方のパターンを示しているのがまさにレア。
    パターンは難度が高い1,000,000分の1を目指すのではなく、100分の1を3つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月04日

    なるほどとは思うけど、こんな狙ってやれるものかな?と思う。

    まず、サラリーマンで移動もなく5年もずっと同じ部署とか意外と珍しいのでは。

    まず最初の一歩目ですら迷いあるのにそんな続けれるもんかな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    ホップ 最初の職は何でも良いから1/100人の人材になるべし
    ステップ 少し視点を変えた所で1/100人の人材にさらに成長すべし
    ジャンプ 三つ目の軸足を定められれば、1/100万人の人材になれる

    自分の今後の生き方を考える上で、他人の人生は参考になる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    この本は著者が2013年に書いた『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』の実践編といった内容です。
    6年が経っていますが基本的な内容は変わらず、著者が自分の理論的に自信を持っていることが伺えます。
    それに加えて『ワークシフト(リンダ・グラットン)』にあるような連続スペシャリストの実例を見ているよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    100×100×100の100万人に1人を目指す藤原和博さんのキャリア本。書いてある内容は他の本でも述べられており真新しさはないが、後半の10の実例が気になり購入。

    本を読んで書評を書いては、毎日となると本当に継続していくことが難しく、それを欠かさず行うのは本当に立派なことだと感心した。
    (恥ずか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング