日本語と外国語

日本語と外国語

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

辞書を頼りに小説や文献を読んでいるだけでは、他国や他民族の理解は難しいのではないか。六色の虹、黄色い太陽、恥部としての足など、興味深い例をあげながら、国による文化の違いを語るとともに、漢字の知られざる働きに光を当てて日本語の長所をも浮き彫りにする。真の国際理解を進める上で必読の、ことばについてのユニークな考察。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2019年10月24日
紙の本の発売
1990年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

日本語と外国語 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月03日

    「外国語を学ぶとはどういうことか」というテーマ,それと「日本語における漢字の重要性」というテーマのふたつが語られ,両者ともにインパクトのある内容となっている.

    以前,日本語ローマ字論者への反論したかったことがあるが,論破が難しかったことがあったが,この本を読んで,日本語に言語として漢字が組み込まれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月10日

    特に4章5章の「漢字の知られざる働き」が印象的だった。視覚的に見れば意味がわかる漢字と、ラテン語・ギリシャ語が元になり、その単語自体を知らないとわからない英単語の違いは言われて初めて気づいた。

    乱用されているカタカナの弊害は、まさに身にしみて感じているところで、漢字文化の有り難さをもっといろんな人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


    太陽の色は何色?

    赤。


    さて、果たして他の国でも同じでしょうか?


    りんごは?

    虹は?


    言葉の意味だけでなくその文化背景を理解しないと本当のコミュニケーションは図れません。


    言葉という表面に現れた現象だけを対象にする辞書の限界。


    例え言葉が通じても、その言葉を通じて見ているも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本を読むと、使う言語によって、同じものでも違うように見えているということを発見できる。母語以外の言葉を学ぶということは、その視点を増やすことなのだと感動する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    英語のorangeは「オレンジ色」で日本人がイメージするのと同じ色とは限らない。「黄色の封筒」や「赤靴」も黄色、赤とは限らない。
    色の名前が持つ弁別的な用法、つまり「他のに比べて赤っぽい」から「赤」と呼ぶ、その物ズバリを表現しないこともある。
    りんご、太陽に対する文化的なイメージの差。また、「フラン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月17日

    虹=7色
    っていつだれから教わったかさえ覚えてない。
    けど、本物の虹に遭遇したとき本当に7色か確かめた人はどれだけいるんだろうか。
    日本では気にもしないような当たり前が一歩違う文化の国へ赴くとそれは当たり前じゃない。
    思い込み?刷り込み?ってなんだか怖いな~
    そしてもっと日本語という文化を大切にした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    虹の色、など理解しやすくしかし普段あまり考えることの無い視点から外国語について知ることができた。これから外国語を学ぶ人に良いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月25日

    文化の違い、ことばのニュアンス。使う文字、特に漢字について。

    (以前読んだ気がする)
    C0280

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月31日

    タイトル通り日本語と外国語の違いなんだが、普通に勉強してるだけじゃ気付かないような意味の違いを解説している。
    色に対する認識の違いなどは目から鱗が落ちるような思い。

    また、「とる」という言葉に対する違いも、日本語では漢字による表記分けがあるが、英語では用途によって単語が違う。どちらも同じようなもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月06日

     日本語学、やりたいなーって思いはじめたきっかけのひとつ。学問的なことはそんなに書いてなくって、虹の色の数が国によって違うとか、蝶と蛾の区別がない国があるとか、ご当地トリビアのグローバル版みたいな。ともかくも、面白い内容です。
     ことばを見ることで、その国の関心ごとがわかったりするので、自分たちの感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

岩波新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング