面白いとは何か? 面白く生きるには?

面白いとは何か? 面白く生きるには?

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人気作家が「面白さ」のメカニズムを考察。
仕事で面白いアイディアが必要な人、人生を面白くしたいすべての人に役立つヒント。


(内容紹介)
本書では、「面白さ」が何なのか、どうやって生まれるのか、というメカニズムを考察し、それを作り出そうとしている人たちのヒントになることを目的として、大事なことや、そちらへ行かないようにという注意点を述べようと思う。
同時に、「面白さ」を知ること、生み出すことが、すなわち「生きる」ことの価値だという観点から、「面白い人生」についても、できるだけヒントになるような知見を、後半で言及したい。
――「はじめに」より


(構成)
第一章 「面白い」にもいろいろある
第二章 「可笑しい」という「面白さ」
第三章 「興味深い」という「面白さ」
第四章 「面白い」について答える
第五章 「生きる」ことは、「面白い」のか?
第六章 「面白さ」は社会に満ちているのか?
第七章 「面白く」生きるにはどうすれば良いか?
第八章 「面白さ」さえあれば孤独でも良い
第九章 「面白さ」の条件とは


(プロフィール)
森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家。工学博士。
某国立大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビュー。
以後、次々と作品を発表し人気作家として不動の地位を築く。現在までに300冊以上の著書が出版されている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
ワニブックス
掲載誌・レーベル
ワニブックス【PLUS】新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年09月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

面白いとは何か? 面白く生きるには? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    「面白いものが作り出せる=面白い人生が歩めるというわけではない。しかし、何もしなければ、面白くなることは決してない。」
    という問いかけから始まり、「面白い」という曖昧な概念を様々な観点から考察している非常に興味深い本です。

    人生を面白く生きるためには、
    孤独に自分の面白さと向き合うこと、つまらない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    最近読んだ中で最も面白い本だった。
    内容は引き寄せの法則にも近いだろう。
    自分の中の「面白い」を育てていきたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    第三章「興味深い」という「面白さ」、が好き。インタビューも面白かった。「面白い」ものは自分で見つけるから「面白い」らしい。確かに、与えられたものはすぐ飽きる気がする。
    他者の存在に依存しない「一人の面白さ」こそ本物だ、と著者は言う。私は子供の頃から読書や一人遊びが好きで、今でも本を読むことを楽しんで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    出来ない理由は最終的には思いつけないから。面白いものは自分で見つけるから面白い。面白さを見つける金言に溢れる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    その名のとおり「面白さ」とはどういうことかについて様々な視点から作者の考えるところを書いた本です。

    中でも一人でいる時間や、一人で楽しむ面白さは大事なんだと教えられ、
    人付き合いの苦手な自分は少しだけ救われた感があります。

    これからも自分の色々な面白いことを見つけようと前向きになれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月26日

    相変わらずの森博嗣氏の天邪鬼ぶりになぜか安心した。このテーマで森氏が本を1冊書いたらやはりこうなるか、と納得の内容。大勢でいる時でしか楽しめない人々にとっては読まない方がいいかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月02日

    自分の好きな面白さが他者の存在に依存しており、それがなくなったときに不安を覚えることがわかった。本当に面白いものとはインプットではなくアウトプット。私は筆者と同じように物を作ることが好きなのでそれを肯定されたようで嬉しかった。どのような本か知らずに読んだが自分のことを言語化されているような感覚。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月16日

    「人生が面白くない」と感じるとき、それは自分で人生を面白くなくしている、というみかたを忘れないようにしたい。
    考えろ、というメッセージのように感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    森博嗣さんの本は学生の頃から何冊か読んでて、あまり小説を読まない自分が「好きな作家」と言える数少ない作家。多分価値観が近いんだと思う。

    誰かに依存する楽しさより自分ひとりでも楽しめるものを見つけた方が生涯楽しさを持続させられる。消費(インプット)よりも生産(アウトプット)する方が10倍楽しい。しか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月14日

    本を読むようになってからかはわからないけど、「面白い」と思うことが多くなった。それは知らなかったことを知ることができたからなのだと思う。知ることを人は面白いと思う。
    人の動機はやっぱり面白いから。
    面白いから続けられるし、面白いことを知っているから、面白くなりたいとも思う。
    俺が面白いのはサッカーで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ワニブックス【PLUS】新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング