麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  • 値引き

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え

作者名 :
値引き価格 456円 (415円+税) 1月21日まで
通常価格 913円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京のど真ん中に「学校の常識」をひっくり返している公立中学校長がいます。
宿題は必要ない。固定担任制も廃止。中間・期末テストも廃止。
多くの全国の中学校で行われていることを問い直し、本当に次世代を担う子どもたちにとって必要な学校の形を追求しているのが、
千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長です。

大人が手を掛けすぎて、何でも他人のせいにする…。
そんな今の教育に反し、改革を断行し、話題を呼んでいます。
一部始終を表した『学校の「当たり前」をやめた。』はベストセラーに、朝日新聞、NHKなどメディア出演も昨年後半から急増。
文部科学省など視察は後を絶たない。
現役ビジネスマンであっても関心の高い、日本の教育問題。
それを根底から変える、稀代の教育者が初めて親向けに子育て論を出版!

「子どものために」が自立をはばむ――。
名門と呼ばれる麹町中学に赴任するやいなや、課題を200も挙げ、次々と改革に着手されていった工藤校長。その視点には、教育界にどっぷりつかった者や親が思考停止してしまっていて、気づかない「気づき」が多くあるのではないでしょうか。たとえば、宿題をとにかくやらせる、運動会で結束をうたって組体操をさせる…などなど、大義名分の名のもとに慣習を変えられない教育関係者は大勢いるはずです。
そこで本書は、「その教え方は本当に正しいのですか?」と投げかけることで、多くの親の教育への思考をクリアにできるのではないか、と企画いたしました。「子どものため」を思いながら、逆に自律を妨げてしまっている規制やルールや思い込み。そこから自由になることで、真に現代に合った子育てを標榜する、そのための1冊をめざします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
216ページ
電子版発売日
2019年09月05日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月01日

    昔の教育では限界。
    大人の当たり前を見直さないと。
    テストや夕方までの授業、部活で疲れて帰って宿題、どんな子供を日本は育てなければいけないのか、考えさせられる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    総じて、先生っぽくない先生で、
    言ってることがことごとく納得する言葉でスッと入ってきて驚き。なんでだろう。

    こどもの持っている能力を信じられるか。それが大事か。
    あと、子どもに教えないといけないことって、大人にとっても当然大事なことで、うまくやることは大人にも難しいことな気がした。タイムマネージメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月18日

    子どもを育てる上での最上の目的は「自律」。
    「子どものため」と銘打ってやってあげていると、与えられて当たり前になり、与えられないことや与えられるものの質に不満を言うようになる(上手くいかないことを人のせいにする人間の完成)。
    そもそも学校の規律は、大人が「従順さ」を求めて勝手に作った問題であり、決め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月14日

    ・実力のある先生が書いてるだけあって、
    ポイントがまとまっていて非常に読みやすい
    数時間で一気読みできた

    ・社会人基礎力から逆算して
    どんな教育をすべきか考えられていた

    ・就活のときに感じていた学校教育と社会とのギャップへの違和感の原因も明確になった気がする

    ①人と意見が対立することは前提とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日


    型破りって、ひとことで言うけど、
    考えて考えての改革です、これは。
    覚悟の決め方も、ちょっとやそっとじゃないと思う。教育の世界って、しがらみだらけだろうから。

    校則ってなんであるのかな?と息子(小6) に聞かれて、「そりゃあ、縛りたいからだろうね。」と答えてしまう、今の慣例ってちょっと悲し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    前作『学校の「当たり前」をやめた。』もよかったが、この本も小さいのに内容が濃い1冊。
    うなづけることが多い。

    いっぱい線を引きました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    この本には人の育て方に関して大事なものがたくさん詰まっている。自主的に動く人が増えるように、大人ができることは、受容したり当事者意識をもったりすること。
    繰り返して読みたい本。


    ・主体的に勉強に取り組むためには、次のような条件をつけるといいと思います。
    1わかっている事はやらなくていい
    2わから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日


    子どもたちに教えることは、「社会に出たときにしっかり生きていける力」つまり「社会への適応力」という考えが印象に残った。
    また、勉強は要領をつかむまでが勝負であること。
    優先すべきは、自分に合った学び方を見つけてもらうこととあり、このような学校で学んでいれば自分はもっと違う人生を歩めたかもと思ってし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    この本に書かれている教育が当たり前になった日本はすごい国になると思う。そう感じる内容だった。
    そして、そうした未来にするためにも今の大人はこれを読んで日々実践していくことが大事だと思う。
    あと20年早くこうなって欲しかったw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    元教員、現校長先生の書いた本です。学習の進め方、評価、特に定期テストについてはとても斬新です。手段が目的化してはいけないとよく言いますがそれを具体的に説明しているのでとてもわかりやすいです。自分が最近やっている取り組みと少しリンクしてる部分もあり、とても興味深く読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています