小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために

小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まだ西洋というものが遠い存在だった明治期、将来、日本の学問や文学を背負って立つ学生たちに深い感銘と新鮮な驚きを与えた、最終講義を含む名講義16篇。生き生きと、懇切丁寧に、しかも異邦の学生たちの想像力に訴えかけるように、文学の価値とおもしろさを説いて聴かせる。ハーン文学を貫く、内なるghostlyな世界観を披歴しながら、魂の交感ともいうべき、一期一会的な緊張感に包まれた奇跡のレクチャー・ライブ。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

小泉八雲東大講義録 日本文学の未来のために のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    『本の内容について独自の意見を表明できない人は、誰であれ、本当の読書をしている人とは言いがたいのである』―『読書について』

    小泉八雲がラフカディオ・ハーンという聞き慣れない名前の外国人であると知った時の驚きは、子供の頃に耳なし芳一の話を教科書で読んだ世代には共通の驚きではないだろうか。今時分の子供...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    小泉八雲の講義録。
    あの時代の講義録が残ってるってすごくないですか。。。ほぼ受講生の筆記と講義ノートでしょ。。。
    しかも小泉八雲の授業を受けられるってうらやましすぎる。

    「読書について」なんて少しドキリとしながらも。

    最後は、日本語なんだよな。どれだけ海外のものを研究したとしても、日本語がダメだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています