上級国民/下級国民(小学館新書)
  • 値引き

上級国民/下級国民(小学館新書)

作者名 :
値引き価格 631円 (574円+税) 11月26日まで
通常価格 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

やっぱり本当だった。

 いったん「下級国民」に落ちてしまえば、「下級国民」として老い、死んでいくしかない。幸福な人生を手に入れられるのは「上級国民」だけだ──。これが現代日本社会を生きる多くのひとたちの本音だというのです。(まえがきより)

 バブル崩壊後の平成の労働市場が生み落とした多くの「下級国民」たち。彼らを待ち受けるのは、共同体からも性愛からも排除されるという“残酷な運命”。一方でそれらを独占するのは少数の「上級国民」たちだ。

「上級/下級」の分断は、日本ばかりではない。アメリカのトランプ大統領選出、イギリスのブレグジット(EU離脱)、フランスの黄色ベスト(ジレジョーヌ)デモなど、欧米社会を揺るがす出来事はどれも「下級国民」による「上級国民」への抗議行動だ。

「知識社会化・リベラル化・グローバル化」という巨大な潮流のなかで、世界が総体としてはゆたかになり、ひとびとが全体としては幸福になるのとひきかえに、先進国のマジョリティは「上級国民/下級国民」へと分断されていく──。

 ベストセラー『言ってはいけない』シリーズも話題の人気作家・橘玲氏が、世界レベルで現実に進行する分断の正体をあぶり出す。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年08月01日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

上級国民/下級国民(小学館新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月07日

    知識社会における経済格差とは、「知能の格差」の別の名前でしかありません。    


    エニウェア族を「リバタニア」
    サムウェア族を「ドメスティック」

    持てることとモテること

    日本とアメリカの今が解説されていて興味深かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    上級国民という言葉を初めて聞いたのは、池袋でプリウスを暴走させ母子2名死に至らしめた人物が元通産省官僚・元大手企業の副社長という事で直ぐに逮捕されなかった事で、ネット民がその人物を「上級国民」と表現していた時でした。この本はそのタイトル通り「上級国民」及び「下級国民」と表現されている人々に焦点を当て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月12日

    貧困地区の方々が、自分のいる世界しか知らない。そこから脱出する方法を知らないどころか、そんなことを考えもしない。わかっていたこととはいえ、そこに恐ろしさを感じるというか。やっぱ地域から「切り離す」義務教育って大事なのかな、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    上級国民/下級国民

    シゲタカ 2019年11月03日

    自分の質を高めていかないとこれからは、生きていけないことが分かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    知識社会の行く末

    horitei 2019年08月15日

    後期近代にさしかかった現在、リベラルと保守の対立は、前期近代とはまるで違ってきている。先進国における格差社会化は、知識社会に適応できた人とできなかった人の格差だ。こうした認識のもとに描かれる未来像は、いささか受け入れがたい内容にも感じられるが、直視すべき現実であると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月03日

    飯塚被告人は高齢で骨折していたから現行犯逮捕されなかった。
    若者の雇用を犠牲にして既存の雇用を守った。
    メディアもタブーとして触れてはいけない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    面白かったけど、行き着くところまで行き着かないと止まらないという結論に救いがなく、背筋が凍ります。
    グローバル化、知識社会化の進んだ先が、上級国民と下級国民の分断という現象につながっているということが鮮やかに書かれていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月31日

    橘玲感がものすごく出てて良き
    好き嫌いわかれるけど、個人的には好き。
    そして、やっぱり橘玲の本は情報量が多くて勉強になる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    団塊の世代の既得権益を守るために犠牲になった若年世代が痛ましい。排除され二極化が進む世の中が怖い。リベラル化が進み、それとともに知識社会への反乱であるポピュリズムもまた進む…。コロナはそれを助長するのではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月31日

    どの主義を持とうとも個人の自由
    究極の自己責任社会になるのを感じますね
    かつて手にしたことのない異常なまでの自由な
    世界はどうなっていくのか
    答えは混沌の中・・・・

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています