「読まなくてもいい本」の読書案内 ──知の最前線を5日間で探検する

「読まなくてもいい本」の読書案内 ──知の最前線を5日間で探検する

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「何を読めばいいんですか?」と聞かれるたびに困った。「読むべき本」が多すぎる! だから「実は読まなくてもいい本」を決めればいいのでは、と考えた。「知のパラダイム変換」が起きた今、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、ICT(情報通信技術)の分野で「読むべき本」が浮かび上がる驚きの読書術。文庫版書下し「リベラル化する世界の分断」を加えパワーアップして再登場!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2019年05月24日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

「読まなくてもいい本」の読書案内 ──知の最前線を5日間で探検する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月13日

    非常に面白い本です。
    数百年にわたって前提としてきた知の集大成が、今まさに再構築されようとしていると言うことがわかります。
    ここ数十年での進化論の発達により、大きく様相が変わってきています。
    端的に以下の文章が本書の内容を示しています。


    遺伝学、脳科学、進化心理学、行動ゲーム理論、行動経済学、統...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    進路を考える前の若い世代の必読書。私自身、残念な法学部卒だ。この本を高一までに読んでいたら「理系」(この分類も時代に遅れているけれど。)を選択していたはず。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    橘さんの本は好きで、よく読んでます。その博識ぶりから察するに、橘さん自身もものすごい読書家なのではないかと思います。そんな橘さんが、『現代の知を語るならこれくらいは知ってなきゃダメ』という内容を整理し、それらを学ぶために最良の書籍のリストを作ってくれました。内容は完全に『読むべき本』の読書案内です。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月21日

    読まなくていい本というよりは、オススメの本を噛み砕いて教えてくれる本。
    全部面白そうに感じた。オススメされた本をこれから読んでいこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    本書は、読書案内といいながら、筆者の考える重要概念を、筆者の言葉で一通り解説している本。読まなくてもよい本が実際に書いてあるわけではない。

    初めて橘氏の著作を読んだが、1959年生まれということで、自分より7年年上の先輩にあたるといえる。重要概念の説明の仕方が非常にうまく、例えば、PC(Polit...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    進化論、遺伝の影響、行動経済学など新しい科学の知恵を取り込んでいない本は、世界の実情を移していないので読まなくて良い、と断言する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月09日

    絶望とともに、希望をもたらす一書。複雑系・進化論・ゲーム理論・脳科学・功利主義という「知のビッグバン」は、諸学をそれ「以前」と「以後」とに明確に分けてしまう程のインパクトを持っていた。それ「以前」に拘泥している私は、これからどうすればいいのだろうかw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    2019年の5月に出た本。
    書き方が良かったのか、とても面白くてすぐに読めてしまった。
    現在の知識社会を知るには何を知ればいいのかを、
     複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、功利主義について簡潔にわかりやすく書いてある。

    それだけだったら、☆3だけで普通の本だけど、これらが一個バラバラでなく、見事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月06日

    後に『言ってはいけない』へと続く論理展開。読まなくてもいいのは、自然科学の進歩によって、その存在意義を失った哲学やフロイトの精神分析など古い認識・考え方で書かれた本。人生は短く、読める本は有限だからこそ、本を選ぶ必要性を教えられた。進化論ではヒトの不合理な経済行為まで説明し得る。各章末のブックガイド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月17日

    面白かった。脳科学やゲーム理論など、単語は知ってはいるけど、どんなものなのかを説明した本。きっと大学1年生の授業レベルの知識はつくのではないか。ただ、読み終えて、さあ何に生かせるのかと思うと、あれっと思う。飲み会の話題で話すには長すぎるし、そしてそこまで会得してないぞ気づく。分かった気になるには良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま文庫 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング