HELLO WORLD

HELLO WORLD

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「お前は記録世界の住人だ」本好きで内気な男子高校生、直実は、現れた『未来の自分』ナオミから衝撃の事実を知らされる。世界の記録に刻まれていたのは未来の恋人・瑠璃の存在と、彼女が事故死する運命だった。悲劇の記録を書き換えるため、協力する二人。しかし、未来を変える代償は小さくなかった。世界が転回する衝撃。初めての感動があなたを襲う。新時代の到来を告げる青春恋愛SF小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年08月02日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

HELLO WORLD のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    さすが野崎まどという他ない面白さ。恋人になってからのことがもうちょっとあってもいいかなと思ったけど。ラストの一連の流れは全てが理解できたわけじゃないけれどそれでもなかなかのスッキリ感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    映画の感想です。グラビティデイズ×マトリックスなアニメでした。ゲームや洋画で既視感のある感じがニヤニヤしてしまいました。始めは絵が無理ってなったけど、もうそういう問題じゃないくらい世界観とストーリーに引っ張られて、爽快で、泣ける話です。クスッとキュンとジンワリとオラオラとハラハラのバランスが絶妙で、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    京都の町を舞台にした 美しさ
    ラストもニヤリとさせる展開
    愛だね 愛
    「やってやりました」
    ちきしょー セリフまで美しいじゃないか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月13日

    未来から会いに来た自分自身とともに起こってしまう事象を防ごうとする話、と思いきや、自分にとっては目新しい展開に感じた。面白いけれど期待値まで届いていない感じ。野崎まど作品で初めて読んだknowがすごく面白くて、そのレベルをスタンダードにしてしまっている。
    堅書君の性格がちょっと凝りすぎているというか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    この小説が必ず自分に刺さると信じて購入した昔の自分を褒めてやりたい。それくらい自分の中では急所の一撃を食らったような、気がつけばこの小説にのめり込んでしまっていた自分がいる。
    今更ながら、原作小説と映画版を見比べその時感じたものをじっくりと咀嚼したかった。
    本編では登場人物であるもののストーリーの都...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    もし、あの時に戻れたら。
    近未来の技術で、もしそれが可能になったとしたら。
    その時点で歴史改編はとっくに進行していて、今ある世界はもう存在していない。
    パラレルワールドとして分岐した沢山の未来の先があるのだとすれば、世界は無限の情報の宇宙に飲み込まれ、ブラックホールも耐えられないビッグバンの嵐。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    映画の宣伝で気になったので小説の方を。
    映像で見たほうがわかりやすそうだなという場面もありますが、読みやすかったです。

    何が現実で何が虚構か。
    その境目、在り方。
    ハローワールドというタイトルからもっとデジタルなお話かと思いきや、文学少年と少女の恋愛物語でしたね。

    皆幸せになってほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月16日

    2019年公開の伊藤智彦監督のアニメ映画「HELLO WORLD」の脚本を担当した野崎まど氏がノベライズ化したもの。新しい自分になりたいと思っている主人公と同級生の女の子のボーイ・ミーツ・ガール的な展開というのが根底にありつつ、SF的な要素を盛り込んだ作品です。あくまで映像化が先にあったと思われるた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    とにかく物語としての完成度が高いです。

    読者の共感を誘う導入部から始まり、異物の介入により物語が転がりだし、修行と成長、挫折と挑戦の青春パート、そしてどんでん返しからの大スケールなクライマックス。

    ご都合主義と言われようとハッピーエンドで終わらせる。しかし整合性は可能な限りつける。

    青春SFが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    映画原作は観てから読むか、読んでから観るか、いつも悩みます。今回は観てから読みました。
    映像と小説ではたいがい小説のほうが情報量が多く感じるものですが、今作は割とイコールに感じました。そういう意味では映画版はよくまとまってますね。深読みすると色々深い作品です。現実の中にクロニクル京都があって、その中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています