死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~

死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「この学校に、永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」 生物教師・伊藤が着任した女子校 「私立藤凰学院」 にはそんな噂があった。話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、不意にある生徒から声をかけられる。自分がその 「死なない生徒」 だと言ってはばからない彼女は、どこか老練な言葉遣いと、学生ではありえない知識をもって伊藤を翻弄するが……二日後、彼女は何者かの手によって殺害されてしまう――。果たして 「不死」 の意味とは? そして犯人の目的は!? 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞者・野崎まどが放つ、独創的ミステリ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2014年07月15日
紙の本の発売
2010年10月
サイズ(目安)
1MB

死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年11月09日

    複製人間というかマインドコントロール的な話。野崎まどさんの作品は脳を改ざんする話が多い気がする。しかしいかんせん殺し方が怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月10日

    「その発想はなかった」の一言に尽きる。

    突っ込みどころがないわけじゃないけど
    才能の煌めきというものを読んでいて確かに感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月21日

    ちょっと異質な推理小説。
    不死だと自己紹介した側から殺害される識別組子。
    その矛盾の殺人事件もさることながら、
    「不死の人間」という、どうやっても有り得ない謎に、
    最後には、"納得"の理路整然とした答えと"迷宮"を提供する作品。
    純粋に面白かった。おすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月21日

    今回も野崎まどの見事な伏線、作品を司る魅力的なテーマ、印象に残るキャラクター達にどっぷりハマりました。

    主人公同様に不思議な世界に入り込み、「えっ?どういうこと」と疑問を投げかけられ、回答を探る。

    本当にアッという間にエンディングを迎えました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月02日

    不死の方法が
    2種類あるのが 斬新だなぁ
    頭脳のみ生き続ける
    「バケモノじみた」方法と
    「本当のバケモノ」

    女学生たちに振り回される
    伊藤先生と同じく
    真相が分かるたびに
    あんぐり・・・と口があいて
    最後にもう一回どーーんと
    底からひっくり返されます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    野﨑まど作品初読み。永遠の命を持つと言う生徒とその死、魅力的な謎に惹きつけられ、軽妙で読みやすい文体と無駄のない構成にあっという間に読み終わる。なかなか突き抜けた作品で楽しめました。他の作品も読んでみたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月14日

    野崎まどさんの作品を読んでみたくなって、最初に読んでみた作品。
    最後の謎解きが今一つだったのですが、その先にあった本当のラストで、ガツンと頭を殴られた感じです。
    ミステリーというジャンルではなく、きっとこれは「野崎まど」という新ジャンルの読み物ではないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    不死法最初は痺れるぐらい凄かったと思ったが、ゆくっリ考えたら、やっぱ実行性は皆無ね…でも不死にそんな斬新な意味を付けるのは中々素晴らしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月09日

    後半に向けて徐々に盛り上がっていく感じに途中で読むのを止められなくなった。キャラ立ちはいつもながらナイス。永遠の命の使い方には共感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月04日

    面白かった。
    これはライトノベルなの? ライトノベルって何?
    普通に小説でいいんでない?

    文体も読みやすいし、登場人物も少ないし、結末も面白い。誰もが予想できない結末。

    こういうのたくさん読みたい気分。

    「天名」という登場人物が出てくるのだが、「天野」という記載が一箇所あり、これはネタに絡んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

メディアワークス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング