ホテルクラシカル猫番館  横浜山手のパン職人5

小説 6位

ホテルクラシカル猫番館  横浜山手のパン職人5

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

4月、専門学校時代の友人、愛美と再会した紗良。かつては愛美とルームシェアをするほど親しかったのに、ケンカ別れして音信不通になって1年。わだかまりの残ったままの二人だった。さらに同じく専門学校時代のライバルだった秋葉とも再会するが、彼とも気まずくなる事件がかつてあり…。3人がおたがいにあやまりたい気持ちを持ちながら、かつて専門学校で習ったベーグルを初心を思い出そうという気持ちをこめて一緒に作る。新緑がまぶしい5月、薔薇咲く猫番館で従業員の友人をもてなすためにピロシキづくりに挑戦。そして紗良と要の関係は? さまざまな想いが動き出す第5巻。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年12月24日
紙の本の発売
2021年12月
サイズ(目安)
2MB

ホテルクラシカル猫番館  横浜山手のパン職人5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年02月17日

    今回は、従業員の旧友のおもてなし。
    紗良も要も、それぞれわだかまりが解けて良かった。
    ちょっと踏み込みながらも、美味しそうなパンや、全体の優しい雰囲気にほっこりしてたのに、最後、そっち?!
    (唐突に直角に方向転換された感じ)
    紗良ちゃん、そっち方面は今のままでいて欲しいなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月26日

    え。
    最後の最後でこの5巻までずっとほんわかしていた空気がピンと張りつめてしまった。

    今後の方向がそっちへ向かうのか。
    今まで、おいしそうなパンやスイーツにしか目がいかなかったけれど(笑)。
    確かに今巻でははじめから登場人物の内面を知れるお話が多かったし。
    まぁ、とにかく6巻を待ってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    十分におもしろいけど、要さんと紗良の話がもっと読みたいです。ただ、最後に紗良の決意が読めたのはよかったかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月14日

    紗良が友達とのわだかまりが溶けて良かった。
    要さんに好きな人がいたことにびっくりしたのと同時に、なるほどなと思った。
    紗良が最後に要さんのことを振り向かせて見せるって言う所が印象的だった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月03日

     以前ルームシェアをしていたが、喧嘩別れしてしまったルームメイトに偶然会った紗良。お互いわだかまりが残っていたが初心を思い出し、製菓専門学校の頃の気持ちを取り戻して…

     愛美が紗良の言葉を信じられないのは仕方なかったかもしれないですよね。それでも和解できて良かったです。

     要の過去が今回垣間見れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ホテルクラシカル猫番館  横浜山手のパン職人 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人
    3年弱務めたパン屋さんをやむなく離職したパン職人(ブーランジェール)の紗良。その腕を見込まれ、横浜・山手にある「ホテル猫番館」に再就職したけれど、ホテルにはいろいろと「事情」を抱えたお客様がお泊まりのようで……!? 人なつっこいコンシェルジュの要、気むずかしい料理長の隼介ら個性的な面々に囲まれて、宿泊客においしいパンを提供する紗良の毎日が始まる――!
  • ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人2
    噛みしめるのはパンのおいしさだけじゃない。横浜山手のホテル・猫番館で働くパン職人(ブーランジェール)の紗良。ここに勤めて早3ヵ月。今日も「事情」を抱えたお客様がやって来る。長逗留して新作を執筆する小説家は、「今後はパンを出すな」と言い放ち……!? ホテルが舞台の、おもてなしに満ちたハートウォームストーリー。声援(エール)が聞こえるさくらんぼのデニッシュ、旧く甘い記憶を呼びおこすマロンコロネなどが焼きあがってます。
  • ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人3
    秋冬の繁忙期を迎えようとするホテル猫番館。専属のパン職人として、紗良は販売用の新作パンのアイディアを練っていた。そんなある日、「自分は紗良よりもパン職人としての実力がある。自分と紗良を比較して、ふさわしいほうを選んでほしい」という人物が現れて……!? 猫番館に、予期せぬ波乱が訪れる……!
  • ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人4
    「猫番館」のパン職人として成長していきたい、いまは仕事に全力を注ぎたいと考えている紗良。しかし、鎌倉の実家に帰った折、見合いの話を断ったことを兄の冬馬に責められ、嫌味まで言われてしまう。思わず「相手ならもういます!」と言い返してしまった紗良だが、後日、冬馬が猫番館に宿泊の予約を入れてくる。困った紗良は、要に彼氏のフリを頼むことにするが……? 横浜山手の洋館ホテルを舞台に、個性豊かなホテル従業員と、束の間の安らぎを求める宿泊客がおりなすハートウォーミングストーリー。
  • ホテルクラシカル猫番館  横浜山手のパン職人5
    4月、専門学校時代の友人、愛美と再会した紗良。かつては愛美とルームシェアをするほど親しかったのに、ケンカ別れして音信不通になって1年。わだかまりの残ったままの二人だった。さらに同じく専門学校時代のライバルだった秋葉とも再会するが、彼とも気まずくなる事件がかつてあり…。3人がおたがいにあやまりたい気持ちを持ちながら、かつて専門学校で習ったベーグルを初心を思い出そうという気持ちをこめて一緒に作る。新緑がまぶしい5月、薔薇咲く猫番館で従業員の友人をもてなすためにピロシキづくりに挑戦。そして紗良と要の関係は? さまざまな想いが動き出す第5巻。
  • ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人6
    続巻入荷
    ある時、猫番館には一年半にわたって保管している忘れ物があると知った紗良。8月、かつて常連客だったひとりの老紳士が引き取りにやって来るが、この忘れ物にはある事情があり……。また、一組の若い夫婦がチェックインするが、妻の絵里は俳優として活躍しており、次に演じるパン職人の役作りのため、紗良の仕事ぶりを観察させてほしいと言う。実は絵里は、今はもうない「和久井ベーカリー」を知る人物で?――夏を迎えた猫番館に4組のご夫婦・カップルがご来館。それぞれの夫婦のひと時、病める時も健やかなる時も猫番館スタッフがお手伝い。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング