小説の神様 あなたを読む物語(上)

小説の神様 あなたを読む物語(上)

作者名 :
通常価格 745円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

小説は、好きですか?今、この文章を読んでいるあなたのおかげで、生み出された物語があるのだと、あなたに知ってほしい。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社タイガ
電子版発売日
2018年08月22日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年09月25日

2018年108冊目。⌈続編の意義」というテーマはなかなか盲点で、それをシリーズの続編でやるあたりにメッセージ性の強さが窺える。書き手と読み手双方の視点から多角的に掘り下げているので話に深みが生まれている。エピソードや展開が読書家の心に響くものばかりで、非常に濃厚な読み応え。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月04日

“物語は人の心を動かすのか?”

そんな哲学的とも言える章題が並び、さながらゴーギャンの有名な絵画のタイトル「我々はどこから来たのか(略)」を連想させる。その流れで言うならば、本作は「小説はどこに行くのか」を考えさせられる。

高校生作家2人が、小説を書く意味を求めつつ、もがきながら作品を創っていく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月01日

今回もいろいろぶっこんできたね、相沢さん…。
このご時世にこのレーベルから出して、ここまで言わせるか、と。

相変わらず、誰にも感情移入はできはいけれど、悲しくも納得してしまう。
物語を殺すのは読者。

だから、わたしはいつまでも、いつも、誰かにとっての九ノ里でありたいと願う。

小説は好きだし、物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月11日

あくまで上巻までの話だけど、ちょっと読むのがきついな、と思った。
前作は作者の苦しみや熱量が素直に投影されて良い意味で作用してたのだけど、今回は言い訳ちっくに感じてしまう。
視点が増えてるので余計くどく感じたのだと思う。
物語単品でみたらとても美しいのだけれども、普段の作者の呟きを見てる分そう感じて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月20日

前回に引き続き提示される幾多もの小説に対する問い。続刊の意義は何か、物語は人の心を動かすのか、など。それに対する登場人物たちの答えは、事あるごとに変わり、最終的には良い方向へ進んでいくのかと思いきや、最後の最後で落とされる。希望ではなく、絶望。ああ、やっぱりそうだよね、といった感じ。
上巻終わったと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play