うちの旦那が甘ちゃんで

うちの旦那が甘ちゃんで

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

はっきり言って月也は「ぼんくら」である。月也とは、北町奉行で風烈廻方同心を拝命している、沙耶の旦那のことだ。のほほんとした性格から、盗人を取り逃がすことが多く、付き人である小者たちは愛想を尽かして次々に辞めていった。小者は捕り物の補助や身の回りの世話をする重要な存在で、小者がいなければ同心は能力の半分も発揮できない。次の小物をどうやって手当てすればいいのか。沙耶が思いついたのは、なんと自分だった!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2018年08月10日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年09月04日

    うちの旦那が甘ちゃんでシリーズの1作目。
    タイトルが気になって少し読んでみて、これは新しい、面白いと飛びつきました。
    女性が中心の捕り物帖、始めて読みます。月也は、素直で優しく剣の腕は立つ。妻・沙耶は、夫を支えて情報収集に井戸端会議、女のネットワーク。男装姿も美しい。是非、会ってみたい(笑)。
    神楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月03日

    読みやすく良かった!
    ちょっと沙耶が出来すぎな気もするけど、わかりやすく、知らない事を話の流れを消す事なく、小出しにしてるのが良い。
    今までの時代小説とはちょっと違っていて良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    司馬遼太郎の功名が辻を思い出す。ぼんくら夫を良妻が支える。とても面白く早く続編を読みたくなる。仲睦まじい夫婦で心が晴れるが,慢心した夫がすべてを壊す功名が辻のような結末にならないことを願う。
    あらすじ(背表紙より)
    はっきり言って月也は「ぼんくら」である。月也とは沙耶の旦那で、風烈廻方同心を拝命して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月02日

    お人好しの旦那さんと、しっかり者で美人の奥さん。
    旦那さんは妻の沙耶のことが大好きで一人の人間として尊重するし、沙耶は旦那のことが大好きでヤキモチやくし、見ていてクスッと笑ってしまう、いいコンビ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    最近のサバサバした気持ちを癒してくれそうだなって思って購読。
    まさに、同心の月也さんにほっこりする。

    仕事って、己のスキルが高いに越したことはないけど一人分の仕事しかできないけど、月也さんのように愛されキャラだと、周りが協力したくなるから何十人分もの仕事ができる。
    ぼんくらじゃなくて、甘ちゃんって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月08日

    とにかく旦那が可愛い!これにつきます笑
    優しい旦那としっかり者の奥様で、
    夫婦で今で言う警察みたいなお仕事を頑張る物語。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • うちの旦那が甘ちゃんで
    はっきり言って月也は「ぼんくら」である。月也とは、北町奉行で風烈廻方同心を拝命している、沙耶の旦那のことだ。のほほんとした性格から、盗人を取り逃がすことが多く、付き人である小者たちは愛想を尽かして次々に辞めていった。小者は捕り物の補助や身の回りの世話をする重要な存在で、小者がいなければ同心は能力の半分も発揮できない。次の小物をどうやって手当てすればいいのか。沙耶が思いついたの...
  • うちの旦那が甘ちゃんで2
    定廻り同心の小者の情報によると、どうも江戸の掏摸(すり)の数が減っているらしい。犯罪が減って悪いことではないのだが、半分もいないというのだから尋常ではない。掏摸といえば江戸では浅草、両国、そして市谷。月也は男装した沙耶を連れて市谷に向かった。地元の掏摸の話によると、どうやら本当に「掏摸のかどわかし」が起きているらしい。月也が釣り堀で注目を集めている間に、沙耶が捜査を進めることに...
  • うちの旦那が甘ちゃんで3
    最近江戸で「九両強盗」というものが流行っていた。情報は奉行のもとに届くが、盗難届は出ない。「十両以上の盗み」は打ち首、九両なら遠島。ぎりぎりの線を狙った強盗である。そのうえ、強盗はかなりのイケメンで、人も傷つけないし、女も犯さない。「綺麗な盗賊」ということで、むしろ「押し入ってもらってスリルを味わいたい」という金持ちまでいるほどである。そこで奉行は雲を掴むような事件を月也に命じるが……。
  • うちの旦那が甘ちゃんで4
    美人画で名が売れはじめた浮世絵師・歌川広重から「男装姿を描きたい」と、絵姿になることを頼み込まれた沙耶。最初は断るものの、その後奉行所から受けるようにとのお達しが出る。じつは最近「個人写生会」が問題になっていた。もちろん「奢侈」という意味合いもあるが、個人写生会に参加した事実をネタに金持ちを強請る連中がいるらしいのだ。しかも、強請られた側は決して口を割らない。手がかりを掴むために沙...
  • うちの旦那が甘ちゃんで5
    女を騙して金を巻き上げる「色悪」というものが江戸を荒らしている。とはいえ、騙された娘たちが誰ひとり訴えようとしないために奉行所も手の打ちようがない。そこで、沙耶が囮になって色悪を捕まえようということになる。そのため、沙耶は「男に騙されやすい女」になるための修行を積むことに。そして男心を学んで犯人を逮捕するのであった。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています