6月31日の同窓会

6月31日の同窓会

作者名 :
通常価格 668円 (608円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「案内状が届くと死ぬ」。その伝説が現実になったとき――。伝統ある女子校・蘭聖学園の卒業生が連続死する。OGの弁護士・松川凛子は、死亡した女たちが、存在しないはずの「6月31日」に開催される同窓会の案内状を受け取っていたことを突き止める。やがて凜子にも案内状が届き――悪意渦巻く“女の友情”と学園の“闇”が深まる中たどりついた真相とは。先読み不能、一気読み必至の長編ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年03月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

6月31日の同窓会 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月07日

    この人の小説はあっちへいったりこっちへいったりして、けっこう戸惑うけど、ラストはストンといいところに落ちた感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    主人公の目線を最後まで描くことなく進んでいくのが、斬新で面白かった。
    最後のどんでん返しはやはり驚き。最後まで飽きさせない仕掛けに感服

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月24日

    これは一気に読むべきです。
    何度もページを戻し人物や出来事を確認して…って感じで時間がかかりましたが…笑

    しかし犯人・結末は予想していたものでは全くなく、特に終盤は先が気になりまくる&衝撃の展開で次へ次へとどんどん読み進めちゃいました。

    イヤミスってこんな作品のことを言うんですね!
    癖に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    きましたね~。
    THEイヤミス!!
    さすが幸子先生。
    今回は時系列の前後や登場人物の人数・呼び方(綽名やカタカナ表記)などにとても惑わされ僕がフッ化水素でどうにかなりそうでしたわ(^0^)。
    愛憎劇の裏にさらに気づいていない、読み取れていない何かが潜んでそう。
    先生、教えてください~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    急いで読むと理解が追いつかないので、登場人物を整理しながら読むのをおすすめ。内容はさすがのイヤミス感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月12日

    真梨幸子『6月31日の同窓会』実業之日本社文庫。

    久し振りの真梨幸子作品。いつものイヤミスとは一味も二味も違う捻りに捻った二転三転四転のミステリー小説。

    真梨幸子の筆により女性たちの泥々とした妬みや嫉み、プライド、様々なエゴが渦巻く恐ろしい世界が描かれる。

    伝統ある女子校・蘭聖学園の卒業生が次...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月06日

    次から次へと新しい事実が出てきて
    主観と客観が入り混じり
    なるほど、これは一気読みしてしまうな・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    久しぶりに読んだ真梨幸子小説。彼女の作品は女同士のドロドロ、登場人物の多さ、登場人物視点でコロコロ変わり進んでいくストーリー。今回も王道真梨幸子小説でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日


    最初と最後の繋ぎはきちんと理解して楽しめましたが、
    中間の内容がイマイチ頭に入っていません…
    登場人物が多くてこんがらがってしまったので、
    もう一度読んでみようと思います。
    こんがらがっていた状態でしたが、最後は「面白い!」と思いました。イヤミスはなんとも言えない後味が残りますね…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    久しぶりのミステリー。あまり、読む気もなかったけど、読んでみたら面白かった。途中に何度も読み直したり、ちょっと自分で推理してみたりといろいろ楽しめた。不思議な世界観なんだけど、どこか現実味も感じられて、いやな雰囲気のまま最後までいくところも良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています