天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
物語となって書籍化!

◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。

ジャンル
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年01月16日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

書店員のおすすめ

職場の人間関係に悩む人必読!
天才、秀才、凡人が職場においてどういう関係性で成り立っているかを、著者の前作『転職の思考法』と同様に、小説風の体裁を取ってわかりやすく描いています。
人間関係の悩みは尽きませんが、天才~凡人というラベリングで説明している点が今までの人間関係の本とは異なる点です。
本書では、最終的には天才が理解されず(秀才からは疎まれ、凡人からは理解されない)殺されるという関係性になりますが、実は間に立つ潤滑油の役割がいると指摘しています。
確かに、会社でも友人関係でも、間を取り持つキーパーソンは確かにいるのではないでしょうか。
自分が天才~凡人だからとあきらめることではなく、自分が潤滑油になれるかどうか、または潤滑油はだれか?を改めて考えなおすことで人間関係に縛られていた心が楽になると思いました。

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月09日

    天才に勝つ方法的な本かと思い購入。結論、天才、秀才、凡人のセグメントに関する理解と、自身がどこに属するか、どう立ち回るべきか的なハウトゥ本という印象。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    天才を殺す凡人

    名無し 2020年05月30日

    読了して、ベストセラーになる理由がわかった。とても自分はどのタイプなのか、今までの経験で、どのように振る舞ってきたかを、とても考えさせられる。とても揺さぶられた、というコメントが多い理由も納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    キーワードは共感性、論理性、創造性、カラーバス効果

    1.共感
    人の感情やその場の空気を読む素晴らしい
    一方で多数の感情に流されてしまう

    2.論理
    数字やデータから客観的に答えを導き出す素晴らしい
    一方で目に見えないものは苦手

    3.創造
    常識に囚われない発想素晴らしい
    一方で常識と違い孤独傾向
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    体験版の冒頭にブログを書籍にまとめたものとあったので、じゃあブログ読めばいいじゃんとなってブログだけ読んだ。書籍の方は、物語形式にしてわかりやすくしようってことみたい。
    天才と秀才と凡人は物事の評価の仕方が違うから、コミュニケーションが断絶してしまい、数の少ない天才が死ぬって話。ブログの意図とは違う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    flierの「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」で、自己啓発部門賞として紹介されていて、興味を持ち読んでみました。
    「才能」をテーマに、主人公が忠犬ハチ公にアドバイスを貰いながら成長するというストーリーで、様々な解説がなされている。
    人は、天才・秀才・凡人に分かれる、異なるタイプでは上手くコミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    凡人と天才と秀才。

    私は凡人と思います。

    ただ、凡人に限らず大切な仕事はあるんですね。


    イノベーションがなぜ起こらないのか腹落ちした。
    あっという間に読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    天才とのお付き合い。やっぱ人間それぞれ違うよねって素直に思えるようになる。イノベーションは天才にしかわからないのはかなりありそうな話して、日々天才は殺されてるんだろなあ

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よくわかる気がする

    ひつまぶっし 2020年03月16日

    夜の中に天才、秀才、凡人がいて三すくみの状態というのがメインテーマです。
    これを読むと、天才的な経営者が会社に居続けることが出来無い理由が分かった気がしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    2020.3.1

    そもそも職場への不満があって読んだ本です。
    仕事の実績とは全く関係のないところで評価され、自分のことが理解されない怒りがありました。

    決められたことを完璧にやるのも大事だけど、そこじゃないでしょと。
    それよりも、創造的なことを思いついて、自分で色々と行動した結果、その方向に職場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    さわやかな読後感だった。人は天才ー秀才ー凡人に分類される。それぞれに社会に役立つ役割があること。役立つためのtipsまでわかりやすく書かれているのが良い。
    私は何だろう。。。凡人と秀才の間かなあ?タイプの分類も良いが、人個人の中にも天才ー秀才ー凡人の要素があるというのが面白い。それでいうと、凡人が天...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています