天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あなたは凡人? 秀才? それとも天才?
公開瞬く間に30万pvを超えた人気ブログ
「凡人が、天才を殺すことがある理由。」が、
物語となって書籍化!

◎世の中には「天才」と「秀才」と「凡人」がいる。三者の間にはコミュニケーションの断絶がある。凡人は天才を理解できず、排斥する。秀才は天才に憧憬と嫉妬心を持つが、天才は秀才にそもそも関心がない。秀才は凡人を見下し、凡人は秀才を天才と勘違いしている。――18年3月16日にネットに配信された「凡人が、天才を殺すことがある理由。――どう社会から「天才」を守るか」と題されたコラムがバズ(BUZZ)った。

◎ビジネスコラムとしては、異例の30万PV、フェイスブックのシェアは2万4000に達した。またビジネス向けネットメディアであるNewsPicksに転載されると、その反響(コメント)は2200に及んだ。
さらに、このコラムの反響を取り上げた2回目のコラム「天才を殺すのは、実は「秀才」ではないのか?等への回答10選」も、フェイスブックのシェアだけで5000を超え、「天才・秀才・凡人」を巡るネット上の議論はなお続いている。

◎本書はこのコラムをストーリーにし、書籍化する。

◎「天才、秀才、凡人の評価軸の違い」「経営におけるアートとサイエンス」「イノベーションと飽き」「それぞれの人の中にいる天才、秀才、凡人」などの議論を展開していく。

ジャンル
出版社
日本経済新聞出版社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年01月16日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB

「天才を殺す凡人 職場の人間関係...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月05日

夢を叶えるゾウを彷彿させるストーリー性がありながらも学びのある一冊。

この類の本には、著者の顔が見えないものも少なくはない中、著者の「人の可能性を阻害するものに、憤りを感じるから」という気持ちがすごく感じられる一冊でした。

一度読んだ上でもう一度ちゃんとノートに書き写しながら考察して読みたいと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月25日

この本にもある「人と人は違う」「人には複数の人格(天才・秀才・凡才)がある」
は全人類が仲良く生きるために知ってほしい、と常々思っていたことだけど、
その話をこんなにわかりやすくしてくれただけでなく、日本社会の縮図みたいに描いてくれるとか最高の本かな感

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月23日

人の数だけタイプがあって長所短所もバラバラ!

考え方の軸のズレによりコミュニケーションが上手くいかず、互いに殺しあってしまうと言いますが
逆に言えばコミュニケーション力を鍛えればいいだけ♪

お互いの長所を活かし合い一つの目標に向かっていけたら最高です☆

このレビューは参考になりましたか?

涙が何度も出た

ゆか 2019年04月03日

天才です。笑われたっていい。病める天才に生まれてきました。
色んなことが吸収でき、色んなことを生み出し、色んなアウトプットができるのに、誰も共感してくれない。
何度も死にたくなった。誰にも理解されない狂った努力を笑われるのに、否定されるのに絶望してました。
でも、自分に本当は共感の神がいてくれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月30日

著者曰く、ビジネス界で人は天才・秀才・凡人に区分することができる。天才は画期的なアイデアをひらめき、秀才は物事を論理的・現実的に考え、凡人は周囲の空気に同調し、人数は圧倒的だ。これら3種類の人間が仲良く協力し合えば、ビジネスは成功するはず。が、それは理想だ。

天才・秀才・凡人は各々を理解できない。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

職場の人間関係に悩む人必読!
天才、秀才、凡人が職場においてどういう関係性で成り立っているかを、著者の前作『転職の思考法』と同様に、小説風の体裁を取ってわかりやすく描いています。
人間関係の悩みは尽きませんが、天才~凡人というラベリングで説明している点が今までの人間関係の本とは異なる点です。
本書では、最終的には天才が理解されず(秀才からは疎まれ、凡人からは理解されない)殺されるという関係性になりますが、実は間に立つ潤滑油の役割がいると指摘しています。
確かに、会社でも友人関係でも、間を取り持つキーパーソンは確かにいるのではないでしょうか。
自分が天才~凡人だからとあきらめることではなく、自分が潤滑油になれるかどうか、または潤滑油はだれか?を改めて考えなおすことで人間関係に縛られていた心が楽になると思いました。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!