右脳思考
  • NEW

右脳思考

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

優れたビジネスマンは
勘で仕事する!

「なんか、変だぞ」「これは面白い」……。
本物の経営者は思いつきやひらめきを大事にしている。
生産性と創造性が劇的に上がる思考法を解説。

著者・内田和成氏が経営コンサルタントの仕事を通じて、優れた経営者から学んだのは、彼らは経験や直感を大切にしているということである。大改革を成し遂げた経営者、ユニークな戦略で自社を飛躍させた経営者に、「なぜ、そのような意思決定をしたのか」と尋ねると、「勘です」とか、「答えは誰もわからない、やってみるしかない」という回答をもらうことが多い。
「優秀なコンサルタントもいきなりフレームワークから持ち出さない」とも述べる。左脳的に分析を始めたり、プレゼンテーションをするのはあまりお勧めできない。

本書で伝えたいのは、ロジカルシンキングの否定ではない。ロジックに加え、感情や勘、すなわち右脳を働かせることで仕事をより効率的に進める、あるいは、成果をあげられるということだ。
「勘や感覚よりもロジックが大事」というのはビジネスの常識。
勘・感覚は右脳的、ロジックは左脳的。ビジネスは左脳重視の世界だ。
本書はこの常識に挑戦する。ロジックの権化と言われる戦略コンサルティングファームのトップを務めた著者は「右脳も大事」と説く。コンサルタント時代から右脳重視派だった著者が右脳・左脳の使い分け方、使うタイミングを解説する。
生産性と創造性が劇的に上がる1冊。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年12月26日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月08日

ビジネスの意思決定などをする際にはロジカルシンキングだけではなく、右脳も活用した方がもっと良くなる、ということを著者のコンサルタントとしての経験を踏まえながら解説した書。
概念、考え方が非常にわかりやすく、実際の仕事や業務のプロセスにも当てはめられて考えられる。
仕事をしていると「相手に行動してもら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月01日

BCGの内田さんによる論点思考仮説思考に続く3部作完結編。

いやほんと最高だった。何が最高かというと、これ、長年のコンサル人生で自分が言語化できていなかった意思決定プロセスを、他のコンサルの観察や自分に対する第三者評価を聞きながら言語化した内容になっている。
それ故、実はあんまり論理的に記載されて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月05日

仕事をしている以上、だれもがきっと感じているロジカルだけで解決できない案件
その解決策として右脳の重要性を説いた本。

読んでいて、そうしたシチュエーションのあることに対して、
ビジネスパーソンであれば、反論の余地はない位、納得感は高い。
ここを押さえない限り、求める成果の実現は難しい点もわかる。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ロジカルシンキングに感性をたす

かんちゃん 2019年01月05日

ロジカルシンキングは大切だがそれだけでは物事の解決策が見出せないことがある。プレゼンなど人を説得、納得させるには論理だけで進めても中々うまくいかない。人は感情で動くので、この部分を理解して活かしていくことがビジネスを進める上で重要になってくる。日頃、「お前の言う事はよくわからない。論理的に考えろ!」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月03日

人は感情で動くから、右脳思考も大事なんだと感じさせてくれた一冊!!「あなたの意見という考え方は危険」というフレーズが特に心に刺さった。なぜなら、意見を否定されているはずなのに、受けてにとっては自分を否定されているとかんじってしまうから。また、論理的に説明するだけでなくストーリーを作ることの重要性も学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています