准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「異界はどこにだってある――僕たちの、心の中にもね。」

春。無事に進級し大学2年生になった尚哉は、相変わらず高槻のもとで助手のバイトをしている。
ある日、高槻が運営するサイト「隣のハナシ」に、建築事務所で働く女性から怪事件の相談が寄せられた。
事務所で起こった、「4」にまつわる不気味な事件の真相とは……!?――(「四時四十四分の怪」)

6月。「江の島の海に人魚が出た」と週刊誌は大騒ぎに。高槻も講義で人魚のことを熱心に取り上げる。
そんなある日、キャンパスにふらりと現れたのは、ちょび髭にステッキのハンサムな英国紳士。なんと彼は、高槻の叔父・渉だった!
そして尚哉は期せずして、「高槻が一番辛かった頃」に彼を育てた渉から、高槻の悲痛な過去を聞くことに……。
高槻・尚哉・渉・佐々倉は休日を利用して江の島付近に出向き、人魚騒動を調査することに。
そこで「お母さんは人魚になった」と訴える少年に出会い……。――(「人魚のいる海」)

高槻が渉のもとで暮らしていたころのお話「【extra】それはかつての日の話2」も収録。
凸凹コンビの怪異譚、新章開講!


イラスト/鈴木次郎

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2020年05月
サイズ(目安)
2MB

准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月04日

    今回は健ちゃんの出番が少なかったですが、新しい登場人物が出てきてますます世界観が広がってきました。
    渉さんが語ったイギリス時代の彰良のエピソードは伯父の愛情たっぷりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    どこまで楽しませてくれるんだろう、の一冊。

    もう読めば読むほどハマるこのシリーズ、一体どこまで楽しませてくれるんだろうっていうぐらい今回も大満足。

    まさかのお仲間さん、ちょっと濃いキャラの英国紳士の登場、意味深な数々の言葉、高槻准教授の瞳の謎と、ますます興味は尽きない。

    そして…今回も番外編で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    本格的に沼に足を踏み入れはじめた感じ。
    結構手広く話が広がってるのでどんな風に回収していくのかが、楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    なかなか良かった。不思議なことには、私も納得できる裏があるって事。この私も納得できるって事が。いいんだよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    面白かったー。
    人魚の話でまさかの?
    サエさんはまた登場しそうな気がする。
    渉さんも良かったなぁ。早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    4にまつわる話と、人魚。どちらも、今までと違い進展があった。これから、過去のの怪異譚に切り込んで行くことになるんだろうか。イギリスでの話は暖かくてとても良かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月13日

    四巻ということで、「四」に纏わる怪談話から。
    最初は呪いと思わせておいて、やはり怖いのは人の悪意の方。
    しかも解決したと思わせておいての二段構え。
    構成に痺れました。
    相変わらず講義シーンも本当に楽しい。
    自分も学生さんたちに混じっていくらでも聞いていたくなる。

    後半は高槻先生の叔父様に人魚が登場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    英国にいる叔父様が登場。高校時代を過ごした、英国での暮らしぶり。すべてに笑顔で対応する訳。なぜ英国に。チョット?かなり?、切なくなるお話でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    叔父・渉の登場。高槻のイギリス時代の話もあり、徐々に過去が明らかになっていく。
    そしてとうとう本物の怪異と遭遇。いや今までも遭遇はしていたのだが、偽物の中に本物が混じっていたのでは? という状態だったり高槻自身は気付かなかったり意識がなかったり。
    健司でさえ幽霊に遭遇しているのに高槻には分らなかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    本シリーズも既に四作目。当初の流れからズレてきて、怪異現象を調査するというよりも、事件を解決することがメインになりつつある。
    それよりも深町くんと同じ力を持つ人が現れるとは!でもそのおかげで深町くんも心の少し荷が下りたのではないか。今後は高槻先生の闇がどこまで明らかになるかにシフトしていくのかもしれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

准教授・高槻彰良の推察 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき
    「怪異は、現象と解釈によって成り立つんだよ、深町くん」 人の嘘がわかる耳を持ち、それゆえに孤独になってしまった大学生・深町尚哉。 なんとなく受講した「民俗学2」のイケメン准教授・高槻になぜか気に入られ、 怪異に出会うとついテンションが上がってしまう彼の「常識担当」として助手をすることに。 高槻のもとには、奇妙な事件が次々と持ち込まれ――? このアパートは、幽霊物件?! 隣の空き部屋...
  • 准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る
    嘘を聞き分ける大学生・尚哉は、怪異大好き准教授・高槻に誘われ、小学校で噂のコックリさんの調査を開始。コックリさん、あなたは誰ですか?という質問の答えは、クラスからいなくなった生徒の名前で――。
  • 准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと
    尚哉の友人・難波の元に不幸の手紙が届いた。 時を同じくして、高槻と尚哉は「図書館のマリエさん」という聞き慣れない都市伝説を知る。 図書館の蔵書に隠された暗号を解かないと呪われるというのだが……。――「不幸の手紙と呪いの暗号」 鬼神伝説が残る村に調査に出向いた一行は、不気味な洞窟で、額に穴のあいた頭蓋骨を見つける。 その直後、高槻に思いがけない受難が……。 尚哉は、佐々倉はどうする!? 「...
  • 准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく
    「異界はどこにだってある――僕たちの、心の中にもね。」 春。無事に進級し大学2年生になった尚哉は、相変わらず高槻のもとで助手のバイトをしている。 ある日、高槻が運営するサイト「隣のハナシ」に、建築事務所で働く女性から怪事件の相談が寄せられた。 事務所で起こった、「4」にまつわる不気味な事件の真相とは……!?――(「四時四十四分の怪」) 6月。「江の島の海に人魚が出た」と週刊誌は大騒ぎに...
  • 准教授・高槻彰良の推察5 生者は語り死者は踊る
    幼い頃、青い提灯が揺れる「死者の祭」に迷い込んだ尚哉は、以来嘘が歪んで聞こえるように。そんな過去に決着をつけるべく、高槻と尚哉は長野へ。しかし、かつて祭が行われていた村は廃村になっていて……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています