新・蒼太の包丁

新・蒼太の包丁

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、厳しい板前修業を積み、やがて「富み久」の板長を任されるようになる。その後、料理修業の旅を経て東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。あれから数年後の今、ついに蒼太が再始動! 2020年の東京五輪に向け「おもてなし」の真髄を突き詰める! 名作料理漫画、待望の復活第1弾――!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
ぶんか社
掲載誌・レーベル
俺流!絶品めし
シリーズ
蒼太の包丁シリーズ
電子版発売日
2018年07月14日
サイズ(目安)
54MB

新刊オート購入

新・蒼太の包丁 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    雅美ちゃんの気持ちが心痛む。

    根本高行 2019年10月08日

    新、蒼太の包丁を読んで雅美ちゃん蒼太への想いがとても感動しました。是非、雅美ちゃんの想いをかなえてあげて欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

新・蒼太の包丁 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 新・蒼太の包丁
    660円(税込)
    北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、厳しい板前修業を積み、やがて「富み久」の板長を任されるようになる。その後、料理修業の旅を経て東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。あれから数年後の今、ついに蒼太が再始動! 2020年の東京五輪に向け「おもてなし」の真髄を突き詰める! 名作料理漫画、待望の復活第1弾――!
  • 新・蒼太の包丁 (2)
    660円(税込)
    北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太(きたおかそうた)は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、やがて「富み久」の板長にまで登り詰める。その後、独立し、東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。あれから数年後、蒼太が再始動――! 支店オープンのため人不足となった古巣「分 富み久」にヘルプに入る蒼太。店の方針、料理人たちの顔ぶれも変わるなかで、彼はひたむきに真の「おもてなし」を追求する。2020年の東京五輪に向け、蒼太の包丁はどんな料理を生み出すのか――!?
  • 新・蒼太の包丁 (3)
    660円(税込)
    北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太(きたおかそうた)は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。 そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、やがて「富み久」の板長にまで登り詰める。 その後、独立し、東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。 あれから数年後、蒼太が再始動――! 支店オープンのため人不足となった古巣「分 富み久」にヘルプに入る蒼太。 店の方針、料理人たちの顔ぶれも変わるなかで、彼はひたむきに真の「おもてなし」を追求する。 2020年の東京五輪に向け、蒼太の包丁はどんな料理を生み出すのか――!?
  • 新・蒼太の包丁 (4)
    660円(税込)
    北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太(きたおかそうた)は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。 そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、やがて「富み久」の板長にまで登り詰める。 その後、独立し、東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。 あれから数年後、蒼太が再始動――! 「分 富み久」でのヘルプを終えた蒼太は「富久 カムイ」で雅美と共に新たなスタートを切る。 そんな中、「富久」の若女将・さつきが新たな思惑を巡らせる……。 “おもてなし”の心で幸せを繋ぐ料理人、蒼太はひたむきに腕を磨く――!
  • 新・蒼太の包丁 (5)
    660円(税込)
    北海道・静内で料理屋「きたおか」を営む家に生まれた北丘蒼太(きたおかそうた)は、寂れた実家の店を立て直そうと修業のために上京する。 そこで銀座の老舗料亭「富み久」の主人に見出され、やがて「富み久」の板長にまで登り詰める。 その後、独立し、東京・練馬に自分の店「富み久 カムイ」を持つ。 あれから数年後、蒼太が再始動――! 農業を営む生産者が丹精込めて作った野菜を蒼太が幸せの一品に…。 “おもてなし”の心で幸せを繋ぐ料理人、蒼太はひたむきに腕を磨く――!

新・蒼太の包丁 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

俺流!絶品めし の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング