文豪の食彩

文豪の食彩

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年06月28日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

国民的作家たちが描いた食の情景と、そこに込められた苦悩や喜びに迫る!!毎朝新聞の深川支局に配属された主人公・川中は、趣味の食道楽を生かして、文豪たちと食を結びつける企画を提案する。それは、夏目漱石や芥川龍之介、太宰治らが書き残した“食”の数々を通して、彼らの生活や本質を描く文豪探訪記であった。果たして、近代文学を代表する文豪たちはどんな思いで食を描いたのか?ラズウェル細木氏も推薦!!カラー記事「6人の文豪ゆかりの食を訪ねて」&書き下ろしコラム30ページも収録!!

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
漫画ゴラク
ページ数
149ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

「文豪の食彩」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年07月12日

とにかく、機会を作って食べに行こう。太宰が食べた国分寺の若松屋のうなぎ。永井花風、浅草、尾張屋、かしわ南蛮。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月19日

かつての文豪たちは、なにを食べていたのか。
楽しみながら、当時の生活に思いを馳せることができます。
文豪たちの以外な一面も。
楽しい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月11日

絵柄は今風ではなく、ともすればやや野暮ったと感じる方も多いだろうけど、テーマは秀逸。
「文豪と食」は調べるとより深い背景がわかったりするので、こういう漫画はありだと思う。
むしろ、活字にすると効果が薄まるテーマではないだろうか?
個人的には永井荷風のエピソードが好きかも。
太宰治の酒に関するエピソー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月14日

文豪と、そのゆかりの食べものとの逸話を、一話完結でまとめた短編集。
漱石、子規、一葉、荷風、芥川、太宰が取り上げられている。
そして現存する文豪縁の店やメニューも紹介されていて、ちょっとしたガイドブックにもなる。

主人公が新聞記者で・・・という設定は、「美味し○ぼ」を思わせて、何かかえってそういう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月13日

新聞記者である主人公が、文豪と“食”を結びつける「文士のお取り寄せ」なる企画を立案。デスクと2人して取材に行ったり飯食ったり文学ウンチクを披露するマンガ。

「この人といえばこの料理!」みたいなものがハッキリしている作家が少ない(荷風くらい?)ので、取り上げられる食べ物に異論を唱えたくなる文学ファン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!