【感想・ネタバレ】文豪の食彩 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年07月12日

とにかく、機会を作って食べに行こう。太宰が食べた国分寺の若松屋のうなぎ。永井花風、浅草、尾張屋、かしわ南蛮。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月19日

かつての文豪たちは、なにを食べていたのか。
楽しみながら、当時の生活に思いを馳せることができます。
文豪たちの以外な一面も。
楽しい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月11日

絵柄は今風ではなく、ともすればやや野暮ったと感じる方も多いだろうけど、テーマは秀逸。
「文豪と食」は調べるとより深い背景がわかったりするので、こういう漫画はありだと思う。
むしろ、活字にすると効果が薄まるテーマではないだろうか?
個人的には永井荷風のエピソードが好きかも。
太宰治の酒に関するエピソー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月14日

文豪と、そのゆかりの食べものとの逸話を、一話完結でまとめた短編集。
漱石、子規、一葉、荷風、芥川、太宰が取り上げられている。
そして現存する文豪縁の店やメニューも紹介されていて、ちょっとしたガイドブックにもなる。

主人公が新聞記者で・・・という設定は、「美味し○ぼ」を思わせて、何かかえってそういう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月13日

新聞記者である主人公が、文豪と“食”を結びつける「文士のお取り寄せ」なる企画を立案。デスクと2人して取材に行ったり飯食ったり文学ウンチクを披露するマンガ。

「この人といえばこの料理!」みたいなものがハッキリしている作家が少ない(荷風くらい?)ので、取り上げられる食べ物に異論を唱えたくなる文学ファン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?