ガラパゴス 下
  • 最新刊

ガラパゴス 下

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

貧乏の鎖は、俺で最後にしろ。

 二年前、都内団地の一室で自殺に偽装して殺害された沖縄県宮古島出身の非正規労働者・仲野定文。警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、仲野が勤務していた三重県亀山市、岐阜県美濃加茂市を訪れる。そこで田川が目にしたのは国際競争に取り残され、島国で独自の進化を遂げる国内主要産業の憂うべく実態だった。仲野は、過酷な労働環境のなかでも常に明るく、ふさぎがちな仲間を励ましていたという。田川は仲野殺害の背景に、コスト削減に走り非正規の人材を部品扱いする大企業と人材派遣会社の欺瞞があることに気づく。
 これは、本当にフィクションなのか?
 落涙必至! 警察小説史上、最も残酷で哀しい殺人動機が明かされる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2018年07月20日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ガラパゴス 下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    「震える牛」の続く社会派ミステリー。
    今回も引き込まれたました。タイトルの意味、ガラパゴス化はガラ携の世界に限ったことでなく日本の社会全体に及んでいるとの警告です。
     派遣労働者の劣悪な環境と搾取される様が描かれ後半、案の定政治家のお出まし…。そして今度は元署長って…。なかなか正義は通らないで、本当...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    「一万円選書」第6冊目!

    6冊目にして、やっと自分の好みの作品と出会えた。感謝。

    WOWOWドラマWで以前見た『震える牛』の原作者による続編が本書。続編といっても、主人公が同じだけで、内容は全くの別物だ。

    ドラマW版『震える牛』は映像だったせいもあり、あまり自分の好みではなかったが、本書『ガラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    派遣労働者の実態、そして液晶ディスプレイやハイブリッドカーなど日本の製造業が直面した問題をミステリーとうまく絡めて読み応えのある作品だった。
    「震える牛」でもそうだっだけど、ストーリー展開上に現代社会・企業の問題を織り込みつつもそれぞれの登場人物が丁寧に描写されているのでヒューマンドラマとしても没入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月17日

    激しい衝撃を覚えた。
    日本の有名な企業が、なぜ不正事件が頻繁に起こるのか?
    パート、派遣、請負労働など、想像もしない速さと深さで
    日本に潜入している。実に、2000万人を超えるという。
    正社員になることも、難しい時代に。
    そして、それに漬け込んだ悪辣な仕組み。
    不正を隠蔽しようとする体質。
    あぁ。日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    nao 2018年09月01日

    震える牛も凄かったですが、こちらも凄かったです。語彙と表現力が足りないので、この衝撃をうまく文章に出来ないのが歯がゆいです。
    自分の知識がニュースで何となく知った気になっていただけだった事がよく分かりました。
    今、仕事があって健康保険を使えて住む所がある事の有り難みをすごく感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月02日

    グイグイと話の展開に引き込まれた。
    読んでいて明快な結末にはならないと思ったが最後に一縷の望みが出てきた。
    人を殺める場合、その行為を分担すると一般の人でも出来てしまうとも思った。
    被害者の仲野という人物の短い人生を思うとなんとも言えない寂しさを感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月20日

    「ガラパゴス(下)」
    これは本当にフィクションか。


    エディション通商(旧スキルビズ)に向かう交通の手段として、田川は妻・里美が乗り心地が悪いと愚痴っていたレンタカーを選ぶ訳ですが、何故乗り心地が悪いのか、燃費が悪いのかが明らかになっていきます。エコカー減税、クリーンエネルギー自動車補助金を持ち出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月09日

    相場英雄『ガラパゴス 下』小学館文庫。

    あの社会派ミステリーの傑作『震える牛』に続く、シリーズ第2作の下巻。日本のメーカーのコンプライアンスと雇用制度に一石を投じた読み応えのある問題作だった。

    警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一と同期の木幡祐司は地道な捜査により徐々に事件の核心へと迫る。そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    田川によって身元不明死体から、殺人の被害者として見出された903、仲野定文は、宮古島の模合から借金して九州の高専を卒業した優秀なエンジニアだったが、推薦された就職先ソラー電子を親友に譲るために面接を欠席した為、指導教師の反感を買い、就職できなかった。
    派遣労働者として、過酷な労働条件の下、地方の工場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    上巻と同様、いやそれ以上に過酷な派遣の現実と、そこから正社員になっても結局上役の顔色を伺い続け、気が休まることのない悲惨さを描き出す。

    一番印象的なのは、作中の飲食店での田川と小島のやり取り。
    自社利益のためのコスト削減と規制緩和が行き過ぎた結果、派遣やアルバイトにしわ寄せが行き、騒ぎになってから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ガラパゴス のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ガラパゴス 上
    715円(税込)
    大ベストセラー『震える牛』ふたたび!  警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、メモ魔の窓際刑事。同期の木幡祐司に依頼され、身元不明相談室に所蔵されている死者のリストに目を通すうち、自殺として処理された案件を他殺と看破する。不明者リスト902の男の発見現場である都内竹の塚の団地を訪れた田川と木幡は、室内の浴槽と受け皿のわずかな隙間から『新城 も』『780816』と書かれたメモを発見す...
  • ガラパゴス 下
    803円(税込)
    貧乏の鎖は、俺で最後にしろ。  二年前、都内団地の一室で自殺に偽装して殺害された沖縄県宮古島出身の非正規労働者・仲野定文。警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、仲野が勤務していた三重県亀山市、岐阜県美濃加茂市を訪れる。そこで田川が目にしたのは国際競争に取り残され、島国で独自の進化を遂げる国内主要産業の憂うべく実態だった。仲野は、過酷な労働環境のなかでも常に明るく、ふさぎが...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています