方法文学 世界名作選II 千夜千冊エディション
  • 最新刊

方法文学 世界名作選II 千夜千冊エディション

作者名 :
通常価格 1,606円 (1,460円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

神話を下敷きにしたジョイス、ハードボイルドなチャンドラー、「方法」を提唱したヴァレリー。彼らは日々の生活を作品に昇華させた。19世紀後半~20世紀前半の世界文学史を転換させた名作を一気に紹介。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2020年10月23日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
7MB

方法文学 世界名作選II 千夜千冊エディション のユーザーレビュー

レビューがありません。

千夜千冊エディション のシリーズ作品 1~18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • 本から本へ 千夜千冊エディション
    知の巨人、松岡正剛の本の読み方がわかる。読書は交際であり、格闘技である! 第一章  世界読書の快楽 道元『正法眼蔵』 ブレーズ・パスカル『パンセ』 滝沢馬琴『南総里見八犬伝』 オノレ・ド・バルザック『セラフィタ』 エドガア・アラン・ポオ 『ポオ全集』 第二章 書架の森 リュシアン・フェーヴル&アンリ『書物の出現』 デレク・フラワー『知識の灯台』 フランセス・イエイツ『世界劇場』 メアリ...
  • デザイン知 千夜千冊エディション
    意匠、建築、デザイン。人間の存在証明そのものともいえる知覚のしくみから有名デザイナーまでを俯瞰する。 1.「かたち」が「いのち」 ヴィレム・フルッサー『デザインの小さな哲学』 ランスロット・ロウ・ホワイト『形の冒険』 ジョージ・ドーチ『デザインの自然』 ルネ・ユイグ『かたちと力』 吉田光邦『文様の博物誌』 ルドルフ・ウィトカウアー『アレゴリーとシンボル』 エルヴィン・パノフスキー『...
  • 文明の奧と底 千夜千冊エディション
    第一章 文明と民族のあいだ ジグムント・フロイト『モーセと一神教』 アーサー・ケストラー『ユダヤ人とは誰か』 ノーマン・コーン『千年王国の追求』 バーナード・マッギン『アンチキリスト』 アモス・エロン『エルサレム』 デイヴィッド・グロスマン『ユダヤ国家のパレスチナ人』 第二章 聖書・アーリア主義・黄禍論 旧約聖書『ヨブ記』 ルネ・ジラール『世の初めから隠されていること』 レオン・ポリ...
  • 情報生命 千夜千冊エディション
    SF、遺伝子、意識・・・。地球生命圏には、まだなお未知の情報生命があっても不思議はない。先人のさまざまな考察を生命の進化、ゲノムの不思議、意識の不可思議等々から、多角的に分析。
  • 少年の憂鬱 千夜千冊エディション
    失ったものを追いつつ、無謀な冒険に挑む絶対少年たち。その妄想と葛藤を描いた名著・名作が、次から次へと案内される。
  • 面影日本 千夜千冊エディション
    第一章面影の原像へ 谷川健一『常世論』一三二二夜 萩原秀三郎『稲と鳥と太陽の道』一一四一夜 大林太良『正月の来た道』四五一夜 山折哲雄『神と翁の民俗学』一二七一夜 山本健吉『いのちとかたち』四八三夜 丸山真男『忠誠と反逆』五六四夜 第二章をかし・はかなし・無常・余情 清少納言『枕草子』四一九夜 和泉式部『和泉式部日記』二八五夜 西行『山家集』七五三夜 堀田善衛『定家明月記私抄』一七夜 ...
  • 理科の教室 千夜千冊エディション
    こどものときは理科が好きだった。なのにいつのまに物理は苦手、とか言うようになったのか。かつては理科室でわくわくしていた文系人間がすらすら読める愉快な一冊!
  • 感ビジネス 千夜千冊エディション
    第一章急に変わってきた ブッ シュ&ス トーン『ぼくがジョ ブズに教えたこと』 ウィリアム・パ ウンドス トーン『ビル・ゲイツの面接試験』 トー マス・フリードマン『フラ ット化する世界』 デイビス&マイヤー『イ ンターネ ット資本論』 カ レン・フェ ラン『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です』 ニコ・メ レ『ビッグの終焉』 佐々木紀彦『5年後、メディアは稼げるか』 近藤大介『中国模式の衝撃』 ...
  • 芸と道 千夜千冊エディション
    日本の芸事は琵琶法師や世阿弥や説経節から始まった。そこから踊りも役者も落語も浪曲も派生した。それぞれの道を極めた芸道名人たちの「間」が却来する1冊。
  • ことば漬 千夜千冊エディション
    第一章 省く・縮める 高柳蕗子 『はじめちょろちょろなかぱっぱ』七七九夜 金子兜太・あらきみほ 『小学生の俳句歳時記』三六二夜 蕗谷虹児 『花嫁人形』五六九夜 種田山頭火 『山頭火句集』三三〇夜 石川桂郎 『俳人風狂列伝』一二二夜 寺山修司 『寺山修司全歌集』四一三夜 俵万智 『サラダ記念日』三一二夜 平田俊子 『平田俊子詩集』一九三夜 外山滋比古 『省略の文学』三九九夜 第二章 類で分けて 大...
  • 神と理性 西の世界観I 千夜千冊エディション
    神々のロゴス、哲学の劇場。なぜヨーロッパ思想が世界を制したのか、プラトンからフランス革命までをたどる。
  • 観念と革命 西の世界観II 千夜千冊エディション
    観念・革命、生・存在、そして不条理......。マルクスとハイネ、レーニンとトロツキー、フッサールとハイデガー、サルトルとカミュを対比的に展示。近現代の西洋の基本概念を作った哲学者たちのエスプリに迫る。
  • 編集力 千夜千冊エディション
    大同小異、塵も積もれば山となる、月とすっぽん、我田引水、他人の芝はよく見える・・・これらはすべて「編集」の真骨頂を暗示する。もとより編集は本や雑誌や映像に特化されるものではない。認知の仕方、歴史観 の作り方、アートフルになること、ハイパーテキストに向かうこと、つまりは世界観にかかわるすべての作業のプロセスに編集がある。ラグビーにも料理にも音楽にもファッションにも編集があるとい...
  • 心とトラウマ 千夜千冊エディション
    鬱が蔓延している。社員の17%が鬱と診断された会社もあるという。もはやひとごとではない。意識や精神はどこにあるのか。脳と心は別ものなのか。自分の中に別人がいる感覚や、鏡の中に自分がいる感覚。だれもが持ちうる違和感に焦点をあてる。 子どもの期間が長く、子どもの特徴を残したままゆっくりと成熟することを生物学で「ネオテニー」という。人間やカエルなどもそれにあたる。成長しきれない1つ前...
  • 大アジア 千夜千冊エディション
    古代から近代までのアジアと日本の関係とその変転、そして歪められた近代アジア史の問題点を考察。アジアにおける日本の立ち位置を考えるうえで必須の一冊。
  • 宇宙と素粒子 千夜千冊エディション
    松岡正剛が五十年にわたって読んできた科学書の中から宇宙論と素粒子論をめぐる代表的な本を厳選。ガリレオ、ケプラー、ハッブルから始まって、いったん時間の矢とエントロピーにこだわり、そこから著者が絶大な影響をうけたヘルマン・ワイルの展望台に立って、一三七億年の宇宙史を相対性理論やインフレーション理論やダークマターの謎でかいつまむ。最後はパリティの問題、部分と全体の関係の問題、ゲー...
  • 物語の函 世界名作選I 千夜千冊エディション
    松岡正剛がこれまで読んできた世界名作文学から24作品を厳選。 むかし読んだ名作古典を大人になって読み返す。 ページをめくれば、物語世界への扉が開かれる。 ホメロスの語りから物語が生まれ、物語を記した言葉は各国語の基礎となり、女の物語を描くことが近代文学を準備した。 ギリシア古典からロシア文学まで世界文学の道しるべとなる名作を辿る。 〈登場する24作品〉 ホメーロス『オデュッセイアー...
  • 方法文学 世界名作選II 千夜千冊エディション
    神話を下敷きにしたジョイス、ハードボイルドなチャンドラー、「方法」を提唱したヴァレリー。彼らは日々の生活を作品に昇華させた。19世紀後半~20世紀前半の世界文学史を転換させた名作を一気に紹介。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています