おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か

おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

旅先には名物だけでなく「おいしそうな店」がある――旅の達人・太田和彦が出合った全国各地の絶品をカラー写真とともに紹介。メニューは丼から中華洋食、魅惑の麺類、創意工夫の酒肴と幅広く、読んで写真を眺めれば、訪れたくなること間違いなし! 「サンデー毎日」誌上で人気を博した連載コラムから、京都・松本・浜松・神戸・盛岡・東京の厳選30品を収録。旅情とグルメが詰まったカラー文庫。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2018年06月01日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    冒頭から余談をひとつ。太田和彦といえば居酒屋探訪で
    あるが、その同一線上にはハンチングを被った吉田類が
    立ち尽くす。僕は「人払いの太田和彦」「酒場実況の
    吉田類」と見立てている。

    太田氏は番組では決まって開店前に収録を行なう。
    カウンターの端に座り、地の肴に舌鼓を打ちながら
    盃の形状にはじまり店の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月04日

    太田和彦『おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か』集英社文庫。

    週刊誌の人気連載コラムからセレクトされたカラー文庫。全国各地の『おいしい』を小粋なエッセイと写真で紹介。丼から中華洋食、和食に麺類、酒の肴と何でもござれ。

    味わい深いエッセイと美味そうな写真。ちょっと駆け足気味ではあるが、面白いという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月07日

    「サンデー毎日」誌上で人気の連載コラムから京都、松本、浜松、神戸、盛岡、東京の厳選30品を収録。太田和彦氏得意の酒肴だけではなく、丼、麺、中華に至るまで名店の絶品を紹介する。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月18日

    2018/5/5 喜久屋書店北神戸店にて購入。
    2020/12/16〜12/17

    太田さんのサンデー毎日連載エッセイの新シリーズ、おいしい旅。第一巻は、京都、松本、浜松、神戸、盛岡、東京。神戸で紹介されたお店で行ったことあるのが別館牡丹園だけであった。他のお店にも行ってみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

おいしい旅 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か
    旅先には名物だけでなく「おいしそうな店」がある――旅の達人・太田和彦が出合った全国各地の絶品をカラー写真とともに紹介。メニューは丼から中華洋食、魅惑の麺類、創意工夫の酒肴と幅広く、読んで写真を眺めれば、訪れたくなること間違いなし! 「サンデー毎日」誌上で人気を博した連載コラムから、京都・松本・浜松・神戸・盛岡・東京の厳選30品を収録。旅情とグルメが詰まったカラー文庫。
  • おいしい旅 夏の終わりの佐渡の居酒屋
    今日はぬる燗に刺身といこう。金沢・京都・仙台・佐渡・松本・東京・ウィーンをめぐるグルメ旅。ふと訪れた土地で思いがけなくおいしい酒や名物に出合ったりする。これもまた旅の楽しみのひとつ──というわけで、居酒屋探訪家・太田和彦が太鼓判を押す金沢・京都・仙台・佐渡・松本・東京の名店を一挙紹介。メニューはもちろん「これはうまい!」の絶品がズラリ。国内のみならず海を渡ったウィーン紀行や、...
  • おいしい旅 昼の牡蠣そば、夜の渡り蟹
    ふらりと出た旅で、うまそうな店にふらりと入る。「勘」で見つけた味は、その土地だけの美味。少々の飲み過ぎはご愛嬌。女将が美人であればなおのこと。「サンデー毎日」連載の、気ままな味探し旅シリーズ完結編。倉敷・岡山・神戸・松本・横浜・京都・鎌倉・東京、妻と訪れたニューヨーク紀行を収録。情緒あふれる文章と美しいカラー写真が、あなたを「おいしい旅」へ誘う、魅力のオリジナル文庫。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています