薬屋のひとりごと

男性向けライトノベル 14位

薬屋のひとりごと

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。
名前は、猫猫(マオマオ)。
花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。
そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。
まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があったからだ。
そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。
今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。
呪いなどあるわけないと言わんばかりに。
美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。
人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。
きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。
壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。
稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
主婦の友社
シリーズ
薬屋のひとりごとシリーズ
ページ数
344ページ
電子版発売日
2018年04月27日
紙の本の発売
2014年08月
サイズ(目安)
13MB

書店員のおすすめ

舞台は中華圏を彷彿とさせるとある大国。
元・市井の薬師であり、現・後宮の下働きとして日々を送る少女・猫猫(マオマオ)が、その知識と観察眼を武器に後宮で巻き起こる事件を解決していく、ミステリーシリーズ。
Webサイト『小説家になろう』で掲載され、大人気を博した作品です。

後宮に売り飛ばされた薬師の猫猫。
年に似合わず沈着冷静で頭のいい彼女は、後宮ではひたすら目立たないよう、大人しく過ごし、年季が明けるのを待とうとしていました。
しかし、そんな後宮で、皇帝の子が相次いで三人身まかられ、さらに現在も二人の妃の生まれたばかりの宮がどちらも衰弱するという事件が発生。
呪いとして片付けようとする周囲に対し、元・薬師としての性分がうずいて仕方のない猫猫は、何気ない気持ちから事件解決のヒントを匿名で投げ文しますが、それが宦官・壬氏(ジンシ)の目に止まってしまい……。

頭がよく、常に一歩引いた視点で物事を考える猫猫が、その博識を生かして事件解決にひと役かっていく姿がなんとも痛快な本作。
そんな彼女に執着し、活躍を後押しする美貌の宦官・壬氏との関係からも目が離せません。
やがて宮中の小さな事件を解決するうち、二人は国家転覆計画へと巻き込まれていくことに――。

作りこまれたキャラクターや世界観に、一度ハマったら抜けるのは至難の業!
コミカライズ版もあるので、ぜひどちらも楽しんでください!

薬屋のひとりごと のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    凄く気になる

    CHICHI 2021年06月10日

    評価から気になっていた作品。予想以上に面白い。猫猫の性格、周りのキャラクターたちとのやり取り。どれも痛快です。続きが気になる!終わりかたも技を感じます。名前が読みづらくて、読むスピードは上がりません。ゆっくり読みたい作品です。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とってもおもしろい!!

    Nii 2021年05月11日

    「小説家になろう」で読んでいたのですが、
    文庫版も読んでみようと思って買いました!
    なろうともまた違ってとってもおもしろかったです。絵も可愛くてステキでした!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    ビッグガンガンで連載されてる方の漫画から辿り着いた。大人になってこんな風にカラーが入っていたり途中で絵が差し込まれていたりする本(いわゆるラノベ)を始めて読んだけど、面白い!ひとつひとつの出来事で区切られているせいか、飽きることなくさくさく読める。少女漫画をそのまま文字に起こしてみました!という文章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やっぱり面白い!

    おはな 2020年11月11日

    小説家になろう版、漫画版すべて読んでますが内容が所々違うのでおすすめです!一気に読むのが楽しくて寝不足になりますが何回も読みたい作品です。猫猫達の恋愛模様などはこちらが1番詳しく書かれていると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月19日

    なろう系では初めて読んだ作品。
    電子書籍の便利さは重々理解しているモノの、やっぱり紙媒体で読みたいアナログ人間。

    猫猫のように興味あるモノに突っ走る変人さんが、世のため人のために動くお話は、爽快感があって好き。
    ただ、猫猫の関心の無いコトに対する行動が、私的にちょっとイタダケナイのが残念。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2度楽しめる!

    choco. 2021年10月16日

    実は先にコミックを読んではまっていました。先が知りたくて小説の方を購入したのですが、ちょっとづつ違いを見るのが面白くなって。コミックの1〜3は小説でどうなっているのか興味が湧いて購入しました。コミックも十分面白いと思っていたのですが、小説で状況がよくわかったり、高順の立場のコメントがあったりで理解が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    引き込まれます

    siba 2021年10月07日

    猫猫の世界に、入っちゃいます。
    文字だけなのに、本当に凄いですね。
    時代背景や、後宮や花街の独特な世界。
    男性には書けません(笑)
    貧富の格差や、細かく出てくる食事事情など、謎解き以外でも細かい要素がたくさんで、
    世界にどっぷり浸かれますよ~

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かったです

    コユミ 2021年10月02日

    話題になっているお話だったので、値引きの際に購入しました。淡々とした文章ですが、微妙に繋がっている短いお話が続くので、読みやすいのではないかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白くてハマります❤️

    hannybenny 2021年06月19日

    漫画でハマり、web小説を読んで、改めて文庫版も読みたい!!と思い買っちゃいました。web版とも漫画版を合わせた感じで買って正解❤️大満足です!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    めっちゃはまりました❗

    きてぃ 2021年06月14日

    最初は漫画の無料分から入りましたが、読み続けていくうちに、課金して読める分は全て読み、それでも足りず、遂に小説まで行きました‼️
    人生初小説‼️
    まさか、課金‼️
    お金払ってまで読みたくなるとは思いませんでしたが、本当に面白くて未だに止まりません❗
    アニメ化されないかな~⁉️

    このレビューは参考になりましたか?

薬屋のひとりごと のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 薬屋のひとりごと
    638円(税込)
    大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。 名前は、猫猫(マオマオ)。 花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。 そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。 まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があったからだ。 そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。 今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。 呪いなどあるわけないと言わんばかりに。 美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。 人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。 きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。 壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。 稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。
  • 薬屋のひとりごと 2
    660円(税込)
    後宮女官を解雇させられた猫猫(マオマオ)は、花街に戻ってきた。 しかし、戻るや否や、今度は超美形の宦官壬氏(ジンシ)のお付として、外廷に出仕することになる。 壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不変な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。 いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。 そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官羅漢(ラカン)が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。 それは、羅漢が古い緑青館の馴染みで猫猫をよく知っていたためであった。 猫猫に対してただならぬ執着を持つ羅漢に対して、猫猫の態度は普段と少し違っていた。 いつもの飄々とした雰囲気と違う猫猫を気づかい、羅漢から守ろうとする壬氏であるが――。 羅漢の本当の狙いとは一体? 型破りな薬屋の娘と超美形だがどこか残念な宦官、それに巻き込まれる人々。 薬と毒、宮廷と花街、官と妓女、そして過去と現在が交わる中で、物語は紡がれていく。
  • 薬屋のひとりごと 3
    682円(税込)
    玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫(マオマオ)。 皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。 しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、しかも、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。 それとともに、後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。 特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。 花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物であり――。 猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。 茸中毒で死んだ妃、後宮内の廟の秘密、先帝がかかった呪い、その謎を解くにつれ、壬氏が宦官の枠を超えて扱われていることに猫猫は気が付く。 そして、猫猫はその壬氏の願いで、後宮を出て北の避暑地へと同行することになる。 そこで待っていたのは、腹に一物持った高官たちと再び壬氏の命を狙う者たちだった。 猫猫たちは、無事、宮中に戻ることはできるのか!?
  • 薬屋のひとりごと 4
    682円(税込)
    壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。 後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。 そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。 猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。 その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。 一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。 ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、 猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。 後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。 宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。
  • 薬屋のひとりごと 5
    660円(税込)
    子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。 壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。 一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。 猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。 また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。 色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。 猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか!?
  • 薬屋のひとりごと 6
    660円(税込)
    西都にて、壬氏に求婚された猫猫。 今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。 今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。 皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。 猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると 首を縦に振ることはできない。 軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。 猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。
  • 薬屋のひとりごと 7
    660円(税込)
    里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、 猫猫の元に高順が厄介ごとを持ってやってくる。 どんな用事かと言えば、猫猫に女官試験を受けないかというものだった。 猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。 新しく医官専属の女官となった猫猫の前に現れるのは、 面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ女官たちだが――。 猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。 特に、女官の首領である姚(ヤオ)は猫猫に対して突っかかってくるのだった。
  • 薬屋のひとりごと 8
    693円(税込)
    シリーズ累計130万部突破! オーディオドラマ化決定! コミック2冊もほぼ同時発売。猫猫の推理が冴えわたる待望の第8弾! 毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、 猫猫のもとに大量の書物が届いた。 送り主は、変人軍師こと羅漢。 碁の教本を大量に作ったからと、猫猫に押し付けてきたらしい。 興味がないので売り飛ばそうかと考える猫猫の考えとは裏腹に、 羅漢の本によって、宮中では碁の流行が広がっていくことになる。 一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、 砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。 そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、 羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。 開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、 さぼっている仕事をこなすように説得するのだが――。 日向 夏(ひゅうがなつ):福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)など。 しの とうこ:イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 9
    715円(税込)
    シリーズ累計600万部! 待望の最新刊では二人の「その後」が明らかに! 猫猫と壬氏が船旅に? 壬氏の一世一代の行動の結果、 とんでもない秘密を共有することとなってしまった猫猫。 折しも後宮は年末年始の休暇に入る時期。 実家に帰りたくない姚は、猫猫の家に泊まりたいと言い出した。 とはいえお嬢様を花街に連れていくわけにもいかず、 姚と燕燕は紹介された羅半の家に泊まることになる。 一方、口外できない怪我を負った壬氏のために、 猫猫は秘密裏に壬氏のもとに通わなくてはならなかった。 できる範囲で治療を施していくが、 医官付き官女という曖昧な立場に悩まされる。 壬氏が今後さらに怪我を負わないとも限らないが、 医官にはなれない猫猫は医術を学ぶことはできない。 そこで、羅門に医術の教えを乞おうと決めるのだが――。 日向 夏(ひゅうがなつ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ:イラストレーター。『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 10
    シリーズ累計1200万部突破!妖怪!蝗害!災害!西都に呼ばれた謎!最新10巻はドキドキとワクワクの波状攻撃が止まらない! 無事に西都に到着した猫猫。 環境は変化しても仕事は相変わらずで、薬屋として、また医官手伝いとして働いていた。 どこに行っても呑気なやぶ医者に、何を考えているかわからない新人医官・天祐。 猫猫は、壬氏の火傷が二人にばれないようにとひやひやしながら西都での日々を過ごしていた。 壬氏もまた皇弟として政務をこなす毎日だが、西都側は壬氏を名前だけの権力者として扱っていた。 そんな中、猫猫は農村部を視察するために連れて来られた羅半兄とともに農村へ行くことに。 視察するにあたって、かつての羅漢の部下・陸孫が動いていることに気付く。 彼は、中央とは異なる農村部のやり方に疑問を持っていた。 一方、かつて起こった大蝗害の生き残りの老人と出会うのだが-----。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しのとうこ:イラストレーター。『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 11
    シリーズ累計1250万部!! 謎が一気に明らかになる最新巻最速リリース。面白さ絶対保証。怒涛のクライマックスに刮目せよ! 戌西州を襲った大蝗害。 過去の蝗害を知る者は少なく、人々は混乱する。 西都や国境近くでも、食糧の強奪や暴動が頻繁に起きていた。 猫猫は何もできない自分を歯がゆく思いつつも、 できる限りのことをやっていた。 それは中央からの客人である壬氏も同様で、身の安全のためという 名目の軟禁生活を強いられながらも、蝗害を予見していたことで、 中央からの支援物資を早く受け取ることができた。 だが、その手柄は壬氏ではなく 西都の領主代行・玉鶯のものとして扱われてしまう。 手柄の横取りに猫猫は腹を立てるが、当の壬氏はどこ吹く風で、 皇弟という立場を最大限に利用して 戌西州への支援要請を行う。 また、物資が不足する中、 猫猫にさまざまな問題が火の粉となって降りかかる。 謎の腹痛に苦しむ玉鶯の孫娘。 変人軍師・羅漢が連れてきた棋聖と呼ばれる老人。 同僚の医官・天祐の奇行。 そして、消息不明だったあの人が帰ってくる? 一方、西都では皇弟に対する不満が高まっていく。 蝗害による飢えや病に苦しむ民衆は、 とうとう皇族である壬氏へ怒りの矛先を向けることに。 守り支えていたはずの民衆に恨まれてしまった壬氏の決断は? 不審な動きを続ける領主代行・玉鶯の狙いとは? そして、猫猫は無事、危機を脱することができるのか? *本商品にはドラマCDは付いておりません。 日向 夏:福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』(ヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しのとうこ:『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています