薬屋のひとりごと 15

男性向けライトノベル 5位

  • NEW
  • 最新刊

薬屋のひとりごと 15

792円 (税込)

3pt

TVアニメも大ヒット! シリーズ累計3300万部突破の原作最新刊は投薬実験と外科手術がカギに? 禁書に記された名前とは?

翡翠牌の持ち主である皇族の末裔を追う中で、
猫猫たちは禁書でありながら優れた医学書でもある
『華佗の書』を手に入れた。
傷んだその書が復元されるのを待つうち、
医官たちは抜き打ち試験を受けさせられる。
猫猫は試験に合格して養父である羅門の下で投薬実験を行うことになり、
羅門から医術について学べることを喜ぶが、その実験は大掛かりであり、
市井の病人たちを使うというものだった。
薬が効かぬ者は、場所を移されて外科手術が行われるという。
医官たちを集めて大掛かりな投薬実験が繰り返されるが、
一体何のために? そして誰のために?
猫猫の疑問は、口に出すことは許されない。
他の医官たちも実験の目的に薄々気づきつつも、
誰も答えをはっきり言おうとしない。
やんごとなき身分のかたが病に臥されたと気づいても、
それを公にすることは国を揺るがすことになると、皆が皆わかっている?
そして、猫猫は復元された『華佗の書』を壬氏に見せてもらうことになるが、
そこには、決して忘れられぬ名前が書かれてあるのだった。
『曼陀羅華』。
朝顔に似たその植物は、とある秘薬の材料だったのである。


日向夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』『不死王の息子』(共にヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。

しの とうこ(シノトウコ):『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。

...続きを読む

薬屋のひとりごと のシリーズ作品

1~15巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~15件目 / 15件
  • 薬屋のひとりごと
    638円 (税込)
    大絶賛を博したあの痛快ミステリーが待望の文庫化。中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が宮中で起こる難事件を次々に解決する。 大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。 名前は、猫猫(マオマオ)。 花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。 そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。 まかり間違っても帝が自分を“御手付き"にしない自信があったからだ。 そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。 美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。 人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。 きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。 壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。 稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 2
    660円 (税込)
    大評判につき2巻も刊行決定! ! 中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が今度は外廷で起こる難事件に挑んでいく。 後宮女官を解雇させられた猫猫(マオマオ)は、花街に戻ってきた。しかし、戻るや否や、今度は超美形の宦官壬氏(ジンシ)のお付として、外廷に出仕することになる。 壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不変な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。 いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。 そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官羅漢(ラカン)が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。それは、羅漢が古い緑青館の馴染みで猫猫をよく知っていたためであった。 猫猫に対してただならぬ執着を持つ羅漢に対して、猫猫の態度は普段と少し違っていた。いつもの飄々とした雰囲気と違う猫猫を気づかい、羅漢から守ろうとする壬氏であるが――。 羅漢の本当の狙いとは一体? 型破りな薬屋の娘と超美形だがどこか残念な宦官、それに巻き込まれる人々。 薬と毒、宮廷と花街、官と妓女、そして過去と現在が交わる中で、物語は紡がれていく。 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 3
    682円 (税込)
    中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が大活躍する人気シリーズ第3弾。後宮で起きた死亡事件から見えてくる新たな真実。そして壬氏が命の危機に!? 玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫(マオマオ)。 皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。 しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、しかも、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。 それとともに、後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。 特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物であり――。 猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。 茸中毒で死んだ妃、後宮内の廟の秘密、先帝がかかった呪い、その謎を解くにつれ、壬氏が宦官の枠を超えて扱われていることに猫猫は気が付く。 そして、猫猫はその壬氏の願いで、後宮を出て北の避暑地へと同行することになる。そこで待っていたのは、腹に一物持った高官たちと再び壬氏の命を狙う者たちだった。 猫猫たちは、無事、宮中に戻ることはできるのか!? 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 4
    682円 (税込)
    大人気ミステリー早くも第4弾。幽霊、逆子、拉致…怒濤の展開から目が離せない! 壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。 後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。 そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。 猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。 その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。 一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。 ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、 猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。 後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。 宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 5
    660円 (税込)
    読後満足度絶好調の大人気シリーズは新章突入。難事件の謎解きは勿論、猫猫と壬氏の関係から目が離せない! 子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。 壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。 一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。 猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。 また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。 色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。 猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか! ? 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 6
    660円 (税込)
    猫猫は壬氏からのプロポーズを受けるのか? 花嫁の自殺、人気画家の食中毒、湖の上を歩いて渡る仙女……第六弾も大注目! 西都にて、壬氏に求婚された猫猫。 今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。 今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。 皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。 猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると 首を縦に振ることはできない。 軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。 猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 7
    660円 (税込)
    コミックス2作品(小学館版1巻、スクウェア・エニックス版2巻)が2月下旬に発売。女官となった猫猫が大活躍の第7弾! 里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、 猫猫の元に高順が厄介ごとを持ってやってくる。 どんな用事かと言えば、猫猫に女官試験を受けないかというものだった。 猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。 新しく医官専属の女官となった猫猫の前に現れるのは、 面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ女官たちだが――。 猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。 特に、女官の首領である姚(ヤオ)は猫猫に対して突っかかってくるのだった。 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 8
    693円 (税込)
    シリーズ累計130万部突破! オーディオドラマ化決定! コミック2冊もほぼ同時発売。猫猫の推理が冴えわたる待望の第8弾! 毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、 猫猫のもとに大量の書物が届いた。 送り主は、変人軍師こと羅漢。 碁の教本を大量に作ったからと、猫猫に押し付けてきたらしい。 興味がないので売り飛ばそうかと考える猫猫の考えとは裏腹に、 羅漢の本によって、宮中では碁の流行が広がっていくことになる。 一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、 砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。 そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、 羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。 開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、 さぼっている仕事をこなすように説得するのだが――。 日向 夏(ヒュウガナツ): 福岡県在住。著書に「トネリコの王」(ヒーロー文庫)。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 9
    715円 (税込)
    シリーズ累計600万部! 待望の最新刊では二人の「その後」が明らかに! 猫猫と壬氏が船旅に? 壬氏の一世一代の行動の結果、 とんでもない秘密を共有することとなってしまった猫猫。 折しも後宮は年末年始の休暇に入る時期。 実家に帰りたくない姚は、猫猫の家に泊まりたいと言い出した。 とはいえお嬢様を花街に連れていくわけにもいかず、 姚と燕燕は紹介された羅半の家に泊まることになる。 一方、口外できない怪我を負った壬氏のために、 猫猫は秘密裏に壬氏のもとに通わなくてはならなかった。 できる範囲で治療を施していくが、 医官付き官女という曖昧な立場に悩まされる。 壬氏が今後さらに怪我を負わないとも限らないが、 医官にはなれない猫猫は医術を学ぶことはできない。 そこで、羅門に医術の教えを乞おうと決めるのだが――。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 10
    748円 (税込)
    シリーズ累計1200万部突破!妖怪!蝗害!災害!西都に呼ばれた謎!最新10巻はドキドキとワクワクの波状攻撃が止まらない! 無事に西都に到着した猫猫。 環境は変化しても仕事は相変わらずで、薬屋として、また医官手伝いとして働いていた。 どこに行っても呑気なやぶ医者に、何を考えているかわからない新人医官・天祐。 猫猫は、壬氏の火傷が二人にばれないようにとひやひやしながら西都での日々を過ごしていた。 壬氏もまた皇弟として政務をこなす毎日だが、西都側は壬氏を名前だけの権力者として扱っていた。 そんな中、猫猫は農村部を視察するために連れて来られた羅半兄とともに農村へ行くことに。 視察するにあたって、かつての羅漢の部下・陸孫が動いていることに気付く。 彼は、中央とは異なる農村部のやり方に疑問を持っていた。 一方、かつて起こった大蝗害の生き残りの老人と出会うのだが-----。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 11
    748円 (税込)
    シリーズ累計1250万部!! 謎が一気に明らかになる最新巻最速リリース。面白さ絶対保証。怒涛のクライマックスに刮目せよ! 戌西州を襲った大蝗害。 過去の蝗害を知る者は少なく、人々は混乱する。 西都や国境近くでも、食糧の強奪や暴動が頻繁に起きていた。 猫猫は何もできない自分を歯がゆく思いつつも、 できる限りのことをやっていた。 それは中央からの客人である壬氏も同様で、身の安全のためという 名目の軟禁生活を強いられながらも、蝗害を予見していたことで、 中央からの支援物資を早く受け取ることができた。 だが、その手柄は壬氏ではなく 西都の領主代行・玉鶯のものとして扱われてしまう。 手柄の横取りに猫猫は腹を立てるが、当の壬氏はどこ吹く風で、 皇弟という立場を最大限に利用して 戌西州への支援要請を行う。 また、物資が不足する中、 猫猫にさまざまな問題が火の粉となって降りかかる。 謎の腹痛に苦しむ玉鶯の孫娘。 変人軍師・羅漢が連れてきた棋聖と呼ばれる老人。 同僚の医官・天祐の奇行。 そして、消息不明だったあの人が帰ってくる? 一方、西都では皇弟に対する不満が高まっていく。 蝗害による飢えや病に苦しむ民衆は、 とうとう皇族である壬氏へ怒りの矛先を向けることに。 守り支えていたはずの民衆に恨まれてしまった壬氏の決断は? 不審な動きを続ける領主代行・玉鶯の狙いとは? そして、猫猫は無事、危機を脱することができるのか? *本商品にはドラマCDは付いておりません。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』(ヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):イラストレーター。 『ダブルクロス The 3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』((ヒーロー文庫)、『バー・コントレイルの相談事』などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 12
    792円 (税込)
    シリーズ累計1800万部突破! 彼女の「正体」を知ると9巻から読み返したくなる。(ドラマCDは付いていません) 玉鶯は、蝗害は異民族のせいで起きたと憤る民を鎮める名目で、 砂欧に戦争を仕掛けようとしていた。 壬氏は戦を避けようと頭を悩ませていたが、 玉鶯の暗殺という思わぬ形で戦を回避することになる。 しかし、領主代行を失った西都の舵を取る者がいない。 壬氏は、いやいやながら西都の政務を執ることになった。 猫猫は、心身ともに疲弊する壬氏を気遣いながら、 怪我人や病人を診る日々を送っていた。 そんなある日、壬氏は、領主代行だった玉鶯の息子たちを、 西都のために後継者として政治を教え、育成してほしいと頼まれる。 しかし、玉鶯の長男・鴟梟はどうしようもない無頼漢であった。 他の二人も後継者教育を受けたことなどないことがわかり、 猫猫は頭を抱えてしまう。 だが、猫猫たちは否応なしに西都のお家騒動に巻き込まれてしまう。 玉鶯の三人の息子たちを後継者として育成してほしいと頼まれたうえ、 鴟梟の息子・玉隼は中央から来た猫猫たちを目の敵として邪魔をしてくる。 誰が西都を継ぐのか……多くの思いが交錯する中、猫猫の元に事件が舞い込む。 玉鶯の孫たちの不仲。 醸造所で起きた食中毒。 謎の病を訴える異国の娘。 そしていつも以上に不可解な行動をする雀。 彼女の本当の目的とは一体何なのだろうか。 そして、雀の本当の顔も明かされることになるのだが---。 猫猫は無事、中央へと帰ることができるのだろうか。 そして、壬氏との関係をはっきりさせる時が来るのだろうか。 (本商品にドラマCDは付いていません) 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』『不死王の息子』(共にヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しのとうこ(シノトウコ):『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 13
    770円 (税込)
    TVアニメ2023年放送決定! 猫猫役は悠木碧さん。シリーズ累計2100万部の最新巻は猫猫が壬氏の思いに対する選択に…? 西都に残る人たちと別れ、一年ぶりに中央に帰ってきた猫猫たちは、 また以前の仕事に戻る。 蝗害、西都のお家騒動からようやく離れることができて、 平穏な日々が戻ってくるかに思えたが――。 猫猫が帰って来てもまだその友人たちに居候されて困る羅半。 上司のげんこつを食らいながら、毎日面白そうなものを探す天祐。 面倒くさい客の相手をしながら、どのように技女を引退するか考える女華。 弟の恋についてあれこれ画策する麻美。 お嬢さまの心境に不安しかない燕燕。 言動と心境にずれが生じ、ちぐはぐな行動ばかりしてしまう姚。 蝗害の災禍にたった一人立ち向かい、生きて西都に戻った羅半兄。 西都でも中央でもそれぞれ違う人生があり、 皆が皆、自分なりの悩みを抱えて生きていた。 猫猫といえば、壬氏の思いに対して素直になる道を選ぶ。 ただ、そこに大きな問題が存在することも理解していた。 官僚の中には玉葉后の息子が東宮にふさわしくないからと、 他の皇族を立てようと考える者たちがいた。 壬氏はもとより、梨花妃の皇子や、 数代前の皇族の血筋までたどろうとしている様子。 国の頂きに近い者には平穏な日々など望むべくもない。 今巻は猫猫のゆかりの人々の視点からも、人生を見ていく。 彼ら、彼女らはどう考え、どう生きていくのか。 また、猫猫は壬氏をどう受け止めていくのか。 都の人々のそれぞれの思いが大きく動いていく。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』『不死王の息子』(共にヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 14
    792円 (税込)
    シリーズ累計2400万部突破! 2023年10月よりTVアニメ放送開始。最新巻では中央に戻ってきた猫猫たちに新展開が! 中央に戻り、外廷の医務室勤務になって医官たちの仕事を手伝う猫猫。 後輩もでき、新しい部署にも慣れていく。 しかし猫猫たちが不在の間に、宮廷では妙な派閥争いが起きつつあった。 正しき血統を維持しようとする皇太后派と、新しき流れを作ろうとする皇后派。 安氏と玉葉の意思とは裏腹に、周りは次第にきな臭くなっていき、 特に若い武官たちの間では、傷害沙汰が繰り返されていた。 そんな中、猫猫は姚に頼まれて「名持ち」の 一族の会合に参加することになるのだった。 皇帝によって一族を表す『名』を与えられた「名持ち」の者たち。 時は流れ、滅族滅となった一族もあれば、新たに起こる一族もある。 そして、元上級妃である里樹の実家、卯の一族は衰退しつつあった。 名持ちの会合で猫猫は卯の一族とかつて親交があった辰の一族と対面する。 辰の一族がかつて皇帝より賜りし家宝を探すために――。 また、花街でも女華が持つ玉牌が何者かに狙われる。 辰の家宝、翡翠牌、華佗の書。 皇族の末裔の謎に絡む陰謀! 馬閃、そして羅半兄の恋の行方は? 時代の移ろいに翻弄される猫猫たち。 錯綜する思惑の中、猫猫は真実を見抜けるだろうか。 日向 夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』『不死王の息子』(共にヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。
  • 薬屋のひとりごと 15
    続巻入荷
    792円 (税込)
    TVアニメも大ヒット! シリーズ累計3300万部突破の原作最新刊は投薬実験と外科手術がカギに? 禁書に記された名前とは? 翡翠牌の持ち主である皇族の末裔を追う中で、 猫猫たちは禁書でありながら優れた医学書でもある 『華佗の書』を手に入れた。 傷んだその書が復元されるのを待つうち、 医官たちは抜き打ち試験を受けさせられる。 猫猫は試験に合格して養父である羅門の下で投薬実験を行うことになり、 羅門から医術について学べることを喜ぶが、その実験は大掛かりであり、 市井の病人たちを使うというものだった。 薬が効かぬ者は、場所を移されて外科手術が行われるという。 医官たちを集めて大掛かりな投薬実験が繰り返されるが、 一体何のために? そして誰のために? 猫猫の疑問は、口に出すことは許されない。 他の医官たちも実験の目的に薄々気づきつつも、 誰も答えをはっきり言おうとしない。 やんごとなき身分のかたが病に臥されたと気づいても、 それを公にすることは国を揺るがすことになると、皆が皆わかっている? そして、猫猫は復元された『華佗の書』を壬氏に見せてもらうことになるが、 そこには、決して忘れられぬ名前が書かれてあるのだった。 『曼陀羅華』。 朝顔に似たその植物は、とある秘薬の材料だったのである。 日向夏(ヒュウガナツ):福岡県在住。本作にてデビュー。著書に『トネリコの王』『不死王の息子』(共にヒーロー文庫)、『女衒屋グエン』、『なぞとき遺跡発掘部』など。 しの とうこ(シノトウコ):『ダブルクロス The3rd Edition』をはじめとするTRPG関連書籍、『ウロボロス・レコード』(ヒーロー文庫)などで装画、挿絵を担当。

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

薬屋のひとりごと 15 のユーザーレビュー

舞台は中華圏を彷彿とさせるとある大国。
元・市井の薬師であり、現・後宮の下働きとして日々を送る少女・猫猫(マオマオ)が、その知識と観察眼を武器に後宮で巻き起こる事件を解決していく、ミステリーシリーズ。
Webサイト『小説家になろう』で掲載され、大人気を博した作品です。

後宮に売り飛ばされた薬師の猫猫。
年に似合わず沈着冷静で頭のいい彼女は、後宮ではひたすら目立たないよう、大人しく過ごし、年季が明けるのを待とうとしていました。
しかし、そんな後宮で、皇帝の子が相次いで三人身まかられ、さらに現在も二人の妃の生まれたばかりの宮がどちらも衰弱するという事件が発生。
呪いとして片付けようとする周囲に対し、元・薬師としての性分がうずいて仕方のない猫猫は、何気ない気持ちから事件解決のヒントを匿名で投げ文しますが、それが宦官・壬氏(ジンシ)の目に止まってしまい……。

頭がよく、常に一歩引いた視点で物事を考える猫猫が、その博識を生かして事件解決にひと役かっていく姿がなんとも痛快な本作。
そんな彼女に執着し、活躍を後押しする美貌の宦官・壬氏との関係からも目が離せません。
やがて宮中の小さな事件を解決するうち、二人は国家転覆計画へと巻き込まれていくことに――。

作りこまれたキャラクターや世界観に、一度ハマったら抜けるのは至難の業!
コミカライズ版もあるので、ぜひどちらも楽しんでください!

...続きを読む
\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2024年04月14日

    最近アニメ化された『薬屋のひとりごと』の原作本.本巻は帝の手術という大事業がテーマ.推理要素はないものの,登場人物の立場や心の動きが書かれている.このシリーズはずっと読み続けたい.

    0

    Posted by ブクログ 2024年04月09日

    面白かった!!!!ものすごくおもしろかった。
    今回は皇帝が盲腸炎で其の処置で大事に。
    今ならなんてない手術であるが、なにせ時代設定と、
    患者の立場がナニなので、下手こいたら関係医官とその一族郎党全て処刑となるので、
    前段階での外科医官の練習やら、
    薬屋の薬の治験、コントロール実験などとても面白かった...続きを読む

    0
    購入済み

    ハラハラしました。

    2024年04月07日

    今回は主上の外科手術という重たいお話で、なかな読み応えありました。お腹を切るという今では当たり前のことが当たり前でなかった時代の大変さ、主上が今死んでしまったら世継ぎは、という大変さが二人にも影を落として。なんとかハッピーエンドを待っています。

    #ほのぼの #ドキドキハラハラ

    0
    購入済み

    猫猫が奥さんっぽくなっていく

    2024年04月04日

    今回は壬猫のラブシーンはなかったけど。
    壬氏様(月の君)が、手術を前にした主上に対して、猫猫を本当に大切に思っていることが分かるセリフにはじーんときました。

    終話では、猫猫が激務で干からびた壬氏の手当に向かうことにはもう躊躇はない。
    そして、ふたりで食卓を囲む様子はなんとも幸せそう。

    16巻でも...続きを読む

    #ドキドキハラハラ #胸キュン #感動する

    0

    Posted by ブクログ 2024年04月03日

    陽と阿多のシーンがとても色っぽくて良かったです。
    陸孫元気かなぁ。。。皇太后はどう考えてるのかなぁ。。。子翠何してるのかなぁ。。。。。。
    まだまだ回収したい部分が多くてこの先も楽しみすぎます!

    0

    Posted by ブクログ 2024年04月01日

    早くも16巻が待ち遠しい!!!!!
    なろう版での更新分は随時読んでいましたが
    待ってました!書籍化!!!
    今回は壬氏と猫猫というより皇帝と阿多が主軸のお話という感じだった。

    * * *以下ネタバレ* * *

    告白の表裏その後の話や手術中の話を初めとした加筆シーンを楽しみつつ読みました!
    また、書...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2024年03月28日

    皇帝の病気に対する色々な出来事がメイン。猫猫が急に試験を受ける羽目になったのも・・・。 緊迫する巻でした。

    0

    Posted by ブクログ 2024年04月12日

    ボリュームがまた少し減ったけれど、安定の面白さ。
    この巻は、するするさくさくと読めた。
    頁をめくる手がとまらないほどに。
    猫猫と壬氏は相変わらずだけど、帝と阿多の関係がなかなかに素敵で、微笑ましく思えた。
    続きが早く読みたい。

    0

    Posted by ブクログ 2024年04月06日

    壬氏と猫猫の二人の関係も、壬氏が猫猫の今の形こそを大事にしたい、歪んで欲しく無いとら思う気持ちが尊い

    0

    Posted by ブクログ 2024年03月31日

    なんだか久々に医療ものだった。
    そうだった! 薬屋 のひとりごと だったっ! (ハッ)

    もはや ひとりごとでは全くないですがw
    阿多さま 翠 水蓮 劉おばさん と女性がそれぞれ得意分野でイキイキ描かれていてスカッとしました。

    水蓮さま の活躍劇 気になる…しりたい…





    0

薬屋のひとりごと 15 の詳細情報

  • アニメ化

    「薬屋のひとりごと」

    2023年10月~ 日本テレビほか
    声の出演:悠木碧、大塚剛央

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

薬屋のひとりごと の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ヒーロー文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

作者のこれもおすすめ

薬屋のひとりごと に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す