ラメルノエリキサ

ラメルノエリキサ

作者名 :
通常価格 473円 (430円+税)
紙の本 [参考] 506円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第28回小説すばる新人賞受賞作】「お前絶対ぶっ殺すからな!」女子高生・小峰りなは、夜道で背中を切られながらも、逃げる人影に叫んだ。退院後、りなは犯人を探すが、糸口は「ラメルノエリキサ」という犯人が残した謎の言葉のみ。そんな中、新たな通り魔事件が起こる。二つの事件を結ぶのはりなの元カレで!? 完璧な母親に苛立ち、犯人への復讐に異常なまでの執念を燃やす少女が疾走する青春小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
200ページ
電子版発売日
2018年04月13日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ラメルノエリキサ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年02月27日

    「姉は私をこう名付けた―復讐の申し子と」。

    復讐が生き甲斐でハンムラビ法典を愛好するマザコン女子高生が、警察に先んじて自分を切り付けた通り魔に復讐せんとする痛快爽快青春小説。あるいは復讐娯楽エンターテイメント。

    主人公や周囲のキャラがかっとんでて楽しい。

    「私は自分が好きだから、大好きな自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月27日

    復讐をモットーにしてる女子高生のりな。夜の帰り道で刺されて、復讐のために犯人捜しを始める。
    復讐をしないと気が収まらない病気のような性格を除けば、思い遣りもあって明るい女の子。主人公りなの周りを含めて、軽やかに狂ってて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月01日

    おもしろい。
    楽しい。
    充分にたのしめる、愛の話だ。これは。

    必然性がたかいことは物語の質が高いことだろうか。
    ただ余白はない感じ。
    木下半太が好きな人はきっと好き。それよりもよく練られているような感じはする。
    映画とかにしやすそうだな。読後のまとまりがすごい。

    「復讐」は誰にだって甘美で、後ろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月13日

    これは面白かった。主人公とお姉さんの性格のぶっ飛び方が小気味いい。これはなんだかお姉さんの方が将来的にはやばい感じがします。
    復習がテーマの話だけど、ドロドロした感じはないし、意外にさらっとしてる。文章のテンポもいいのでさらりと読めますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月05日

    タイトル+帯を見て購入を決めた本。
    復讐をメインに据えているのに、重苦しくなく、スピード感があり爽快。
    普通の感覚とひとつ(?)の異常を持つ主人公(と姉)が魅力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    復讐することを心にきめている女の子のお話。いろいろと屈折しているし、社会的な正義や道徳とはずれているのだろうけれど、主人公の女の子含め皆憎めないところがある。読み終えた後、なぜか爽快な気持ちになる。
    2019/3/14

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    過激とも捉えられるほど復讐に執着する女子高生が主人公。見た目が可愛いだけあってこんな子が本当にいたら脅威だろうなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月30日

    キャラクターは抜群、非常に面白く読めた。
    折角ならミステリーとして、構成の作り込みやどんでん返しを入れるとなお良かった気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月24日

    女子高生・小峰りなのモットーは、やられたらやり返すこと。ハンムラビ法典以上の復讐の鬼である彼女が夜道で刺された。犯人が残した謎の言葉「ラメルノエリキサ」とは何か。第28回小説すばる新人賞を受賞した異色の青春小説。
    エキセントリックだけど、それがとても魅力的なヒロイン。自己中心的で周りに流されない彼女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    16歳の女子高生・小峰りなのモットーは、どんな些細な出来事でも自分にとって不愉快であれば、絶対やり返すということ。
    付いたあだ名は『復讐の申し子』
    そう、彼女は復讐に取り憑かれているのだ。
    ある日、りなを襲う通り魔事件が発生。
    何者かが、夜道を歩く彼女を背後から切り付けたのだ。
    りなは犯人を追いかけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています