刑事学校

刑事学校

作者名 :
通常価格 702円 (639円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

100万部突破の「もぐら」シリーズの著者による警察アクション小説が、文春文庫初登場!

畑中圭介の現職は、大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官。
「刑事学校」とは、新たに刑事となる若手警察官に、操作術と刑事魂を実地で教え込む場である。
6名の新米刑事を生徒にして教育中に畑中は、地元の殺人事件の捜査に生徒たちを率いて参加する。

温泉都市・別府市の郊外で、立石健吾が他殺体で発見された。
立石は畑中の小中学校時代の同級生で、当時から名うての問題児だった。
数年前東京から別府に戻ってきたが、高校進学からの数年間、人生の空白期間があった。畑中は刑事学校の生徒たちに探らせる一方、独自のルートで事件の背景を探る。
やがて事件の背後に、IR(統合型リゾート・カジノ)新設利権に絡む政治と裏社会の癒着が見えてきた……。

文庫オリジナルの痛快警察アクション!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年02月09日
紙の本の発売
2018年02月
サイズ(目安)
2MB

刑事学校 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月26日

    我が故郷のO県が舞台なので読んでみた次第。

    ・・・・・しかし、何故にO県?

    主人公の幼馴染があちこち配されすぎてたり、新米たちが全員そこそこ仕事ができたりと、御都合主義的な面も少し見えたりするものの、お話の舞台に知ってる地名があっちこっち出てくるのでナカナカ楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    初めて読む作家さん。
    刑事ものだが、推理なしなので、ハラハラドキドキがないのは残念。表題通りの「学校」もので、素晴らしい先生とよく出来た生徒たちの活躍は少し退屈だった。
    後半はおじさんたちの友情もの?
    だったら、もうちょっと熱くても良かったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月08日

    筆者にしてはかなりアクションシーンが控えめ。1人ロシアンルーレットのくだりは良かった。刑事学校の色合いが物語が進むにつれて薄くなってしまったのは否めないが楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月21日

    畑中圭介は大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官である。6人の新米刑事に捜査術と刑事魂を教え込むため、全国の警察と連携を取り研修を進める畑中。そんな中、幼馴染の立石健吾が死体で発見され、研修生と共に事件解決を命じられる。畑中の、抑えきれない刑事の熱い血がさわぎ出す!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月02日

    推理が必要でもなく、さらりと読める反面、重みや厚みは感じられない。
    ストーリーそのものはよく練られていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月05日

    大分県警にある刑事養成研修所を舞台にした作品。
    実際に「刑事研修所」はないけれど、大分県警には「刑事研修員研修」はあるらしい…
    序盤、刑事研修生6名の紹介はあるものの、中身はほとんど「刑事研修所」の教官・畑中の話。別所温泉の近くで起きた殺人事件の被害者の過去を洗うと言う仕事を受けた研修生たちは、ほと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月12日

    矢月秀作『刑事学校』文春文庫。

    大分県警刑事研修所で教官を務める畑中圭介を主人公にした文庫オリジナル警察アクション小説。矢月秀作の作品としては余り持ち味が発揮されていない些かおとなしいストーリー。

    かつての同級生が死体となって発見される。畑中圭介は6人の新米刑事らと事件の謎に迫るのだが…

    このレビューは参考になりましたか?

刑事学校 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 刑事学校
    702円(税込)
    100万部突破の「もぐら」シリーズの著者による警察アクション小説が、文春文庫初登場! 畑中圭介の現職は、大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官。 「刑事学校」とは、新たに刑事となる若手警察官に、操作術と刑事魂を実地で教え込む場である。 6名の新米刑事を生徒にして教育中に畑中は、地元の殺人事件の捜査に生徒たちを率いて参加する。 温泉都市・別府市の郊外で、立石健吾が他殺体で発見さ...
  • 刑事学校II 愚犯
    723円(税込)
    暗黒に落ちる人間を刑事は救えるか!? 若き刑事たちの成長と苦悩を描く警察アクションシリーズ第二弾! 大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官・畑中圭介は六人の若き刑事たちを実地で指導している。 大分市内のぼったくりバーの内偵と、従業員の捜索を命じられた研修生たち。 社会の底辺の現実に戸惑いながらも、背後にひそむ異常な犯罪者の存在を炙り出す。 犯罪という社会の影の部分を前に、苦...
  • 刑事学校III 卒業
    690円(税込)
    「卒業」を控えた6人の研修生が殺人事案に挑む―― 大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の若き刑事たちに、卒業の時が迫る。母親殺人事案に潜む真実とは!? 文庫オリジナル警察アクション第3弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています