時限捜査

時限捜査

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

太陽の塔、USJなど、大阪の名所で連続爆破が発生。府警が混乱する現場に出動するなか、大阪駅で人質を盾にした立て籠もり事件が起こる。犯人は現金10億円と逃走用ヘリを要求。駅を封鎖した管轄署長の島村は、早急な解決を目指すが……。膠着した現場に、東京の神谷刑事から、驚愕の情報が入る。島村はある策を得て、巧妙に計画された犯罪に挑む! 「検証捜査」の魂を継ぐ警察小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
シリーズ
検証捜査シリーズ
ページ数
528ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

時限捜査 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月18日

    検証捜査メンバーの登場する4作目で、今度は大阪の島村さんが主役。梅田署(実際には曾根崎署)の署長最後の日に連続して起きる事件。島村さんらしい署長が描かれている。神谷も絡んで来て、健在のようだ。大阪の街、キタの描写もなかなかいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月26日

    神谷軍談の島村警視正のエピソード。
    梅田署長の異動日に発生した、立て篭り事件。
    ライフル射撃選手の下倉が、警察の仕事と協議会参加の板挟み。
    多くの警官の息遣いが聞こえてくるようなストーリー。
    Twenty Foreを思わせるストーリー展開に、ドラマ化を期待してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月06日

    大阪で連続爆破事件が起こり、さらに大阪駅の時空の広場で事件が起きる。阪神間在住のため、どこも土地勘があるので想像しやすく読めた。動機とかはね、ちょっと??だったり

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    堂場作品にしては珍しくアクション性が高く、緊張感のある一冊でした。警察官の内面に焦点を当てるいつもの作風だけじゃなく、たまにはこんなのも良いなと思います。
    機動隊やSATや射撃のオリンピック候補選手など、それぞれの役割でプロ意識を見せるところが格好いい。
    検証捜査の時に生まれた横の繋がりが毎回登場す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    タイトルから、あまり高い期待をせずに読み始めたのだが、読み進んでいくうちに、ぐいぐい引きずり込まれていった。
    躍動感があって面白い。
    欲を言えば、犯人の動機や手口がもっと明かされたらよかったのにと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月05日

    大阪での連続爆破、大阪駅での人質をとっての立て籠もり。
    署長として最後の事件になる島村と。
    東京で起こった殺人事件を追う神谷。
    「検証捜査」での繋がりが事件解決に役立ちました。
    東京では、知った地名が出てきて思わずニヤリとしてしまう。
    次に「共犯捜査」読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月18日

    捜査シリーズの第4弾。
    今回は、異動を翌日に控えた梅田署署長の島村が主役。
    次々に起こる不審な事件、さらに大阪駅での人質立てこもり事件が勃発し、警察機能はマヒ寸前。
    深刻な事態にも拘らず、署員たちの会話は大阪弁のため、緊張感・ひっ迫感が感じられない。大阪弁の効能か(笑)
    東京で発生した事件とも絡み、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月19日

    やはり警察シリーズは鉄板。愛着のある登場人物が出ると、安心感がある。それでいて前作を読まずにいてもスッと入ってくる自然な感じ。ボリュームはそれなりにあるが複雑すぎず読みやすい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月09日

    シリーズものと知らずに手を出したため、登場人物同士のつながりがよくわからなかったが、それでも楽しめた。
    大阪のシンボルとなる場所で発生する事件であるため、大阪在住の読者としては、想像しやすかった。きっと作者も、物語を考えながら、事件現場を歩き回ったのだろうなと感じる。作者の高揚も感じられる作品だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    検証捜査のシリーズ第4弾。今作は大阪府警の島村が主人公。太陽の塔にUSJで爆破が起き、更に大阪駅では人質を盾に立てこもり事件が発生して、駅を封鎖。もう大阪の名所が大変な事になってた。
    警察署長最後の1日はとんでもない事件となったが、しっかり署長としての権限がある日に事件を解決させた島村、できる男だ。

    このレビューは参考になりましたか?

時限捜査 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

時限捜査 に関連する特集・キャンペーン