その絆は対角線

その絆は対角線

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内気な性格に悩む中学生の千鶴は、自身を変えるための新しい挑戦として、“憧れの国”と呼ばれる四谷のカルチャーセンターに通い始める。そこで出会ったのは、性格も学校も異なるがそれぞれに悩みを抱える同い年の、桃、真紀、公子。なぜかいつも講座でささやかな謎に遭遇する彼女たちは、時にぶつかり合い、時に支え合いながら、事件を通して自分の内面を見つめ直していく。創作講座で絶賛された作者不明の原稿、経済学講座を担当するカリスマ講師を巡る盗難事件。それらの謎を解き明かした時に、少女たちは成長していく。温かな青春ミステリ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
286ページ
電子版発売日
2017年10月21日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

その絆は対角線 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月06日

    女子中学生と、その周りの大人達の暗い部分をあぶり出すホロ苦ミステリ。キャラの味付けが薄めでいい。
     

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月16日

    観点が面白いと思います。
    学校に通う年齢の少女たちの話だけれど
    学校ではなくカルチャーセンターっていうのがいいなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月03日

    それぞれの環境が異なる家庭でそだった若者がカルチャセンターで出会った話の2作目。登場人物の悩みや嫉妬、憧れなどが描かれている。日常系ミステリとしてはミステリ色は薄いが、キャラが立っているので誰かに似ている部分があり、愉しく読める。
    彼女らの成長した姿をみてみたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    よくまとまっていると思う。「どう生きるか?」というテーマに主人公達4人それぞれの思いが見えて面白い。エリカに関しての1冊通してのストーリーも良くできてる。これはいいシリーズになってきましたね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    一巻より四人の個性が受け取れた。ねじくれた真紀が強烈だけれど、それを受けて大人しい千鶴まで遠慮せずに言い合ったりするのは進展なのかな。貧乏な桃の朗らかさに安心する。公子の揺らがなさもすき。圧倒的な才能を前にした小説講座と公子の話が印象的。外国語混じりに話す講師のエリカの多角的な印象と反転も興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

     奇妙にバランスの取れていない女子中学生4人組の続編。
     よくキーマンの魅力を感じないからつまらないという作品があるが、しかしながら、このキーマンの魅力を感じないというところすら作品の魅力になるっていう構成はヤバイ。上手い。ぐうの音も出ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月07日

    【収録作品】その絆は対角線/愛しき仲にも礼儀あり?/胎土の時期を過ぎても/巨人の標本/かくも長き別れ
     良くも悪くも中2視点。彼女たちの成長譚なのだから当然だけれど、最終話は大人には痛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月28日

    仲良しグループのはずなのに対角線の関係性ってあるね。中学生なんだからこじらせて成長していくものだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています