仕掛人 藤枝梅安 (2)

仕掛人 藤枝梅安 (2)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【人の心の闇を描く池波正太郎の傑作!】

殺し針で外道を闇へと葬る。

鍼の名医でありながら殺し屋として悪党・外道を葬る藤枝梅安の活躍を描いた傑作ピカレスク、最新第2巻。

『鬼平犯科帳』『剣客商売』に並ぶ池波文学の最高峰、ここに新生!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
リイド社
掲載誌・レーベル
コミック乱ツインズ
シリーズ
仕掛人・藤枝梅安シリーズ
ページ数
242ページ
電子版発売日
2017年10月13日
紙の本の発売
2017年10月
サイズ(目安)
254MB

新刊オート購入

仕掛人 藤枝梅安 (2) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

仕掛人 藤枝梅安 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 仕掛人 藤枝梅安 (1)
    660円(税込)
    【 池波正太郎、最高傑作 新生!! 】 必殺の針で悪を葬る、暗黒街の殺し屋。 鍼の名医でありながら殺し屋として悪党・外道を葬る藤枝梅安の活躍を描いた傑作ピカレスク、最新第1巻。 『鬼平犯科帳』『剣客商売』に並ぶ池波文学の最高峰、ここに新生!
  • 仕掛人 藤枝梅安 (2)
    660円(税込)
    【人の心の闇を描く池波正太郎の傑作!】 殺し針で外道を闇へと葬る。 鍼の名医でありながら殺し屋として悪党・外道を葬る藤枝梅安の活躍を描いた傑作ピカレスク、最新第2巻。 『鬼平犯科帳』『剣客商売』に並ぶ池波文学の最高峰、ここに新生!
  • 仕掛人 藤枝梅安 (3)
    660円(税込)
    六人の刺客を仕掛人・藤枝梅安と剣客・小杉十五郎が迎え撃つ!! 梅安の暗闘を描く累計10万部突破のピカレスク・ロマン最新刊!
  • 仕掛人 藤枝梅安 (4)
    660円(税込)
    岡っ引きの死を見届けたことをきっかけに、梅安の命を何者かが狙いだす「闇の大川橋」。暗黒街の元締同士が互いの命を狙い合う「梅安鰹飯」など、江戸の暗黒街を生きる者たちの峻烈なる生き様を描いた全5話を完全収録。
  • 仕掛人 藤枝梅安 (5)
    660円(税込)
    上方に身を隠していたはずの小杉十五郎が、再び江戸に現れた。 盟友との再会を喜ぶ藤枝梅安は声をかけようとするが、小杉は何者かに尾行されていたのだった……。 過去の因縁に真っ向から対峙する小杉と、その裏の梅安たちの暗躍を描く「梅安流れ星」(前後編)ほか、「梅安最合傘」「梅安迷い箸」(ともに前後編)の全6話を収録。
  • 仕掛人 藤枝梅安 (6)
    660円(税込)
    人知れずこの世の悪を討つ殺し針が圧倒的カタルシスを生む。現代に甦るコミック・ノワールの決定版。 ひょんな事から襲われた若侍を保護する梅安。 しかし、その若侍は記憶を失っていた。 時を同じくして舞い込む大身旗本の《仕掛け》(暗殺)の依頼だったが、標的である旗本の家紋と若侍の羽織の定紋はなんと同じ物だった……。 旗本のお家騒動と盟友・小杉を匿う梅安への刺客、そして依頼主の想いが交錯...
  • 仕掛人 藤枝梅安 (7)
    660円(税込)
    復讐の業火を貫く必殺の仕掛け針−−池波正太郎の傑作中の傑作をコミカライズした、時代劇漫画の最高峰! 池波時代劇コミカライズの金字塔・待望の第7巻! 人知れずこの世の悪を討つ殺し針が圧倒的カタルシスを生む。 現代に甦るコミック・ノワールの決定版。 梅安の友・小杉十五郎の剣技に惚れ込み、手駒として取り込もうとする白子屋菊右衛門が、梅安を排すべく動き出した。 かつて小杉の介入により梅安を...
  • 仕掛人 藤枝梅安 (8)
    726円(税込)
    「藤枝梅安と小杉十五郎を抹殺せよ」大坂の暗黒街を牛耳る白子屋菊右衛門、己の威信をかけ、とうとう梅安暗殺に総力を投入する。白子屋とっておきの手駒である北山彦七、田島一之助は梅安暗殺の依頼を受け、東海道を下りはじめた。それと同時に、小杉は白子屋を討つ決意を秘め、単身東海道を上ってゆく。それに気づき、単身での無謀を諫めようと小杉を追う梅安。さらにその梅安を追う、白子屋の江戸での根...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています