影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録
  • ptバック

影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録

作者名 :
通常価格 713円 (649円+税)
紙の本 [参考] 715円 (税込)
獲得ポイント

216pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

生きている限り、人は何事かをなすことができる

伊東甲子太郎を慕い新撰組に入隊、後に伊東とともに新撰組を脱退した久留米藩脱藩隊士、篠原泰之進。
彼の目を通じて見た新撰組の隆盛と凋落。
伊東が近藤たちに暗殺された後、相良総三の赤報隊に身を投じるも、官軍に弊履のごとく捨てられる。
しぶとく動乱の日々を生き抜いた彼の疾風怒濤の半生を描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年10月06日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

影踏み鬼 新撰組篠原泰之進日録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月16日

    幕末:沢山の若者が命をかけて思想を貫いていった時代、新撰組への見方も変わった。登場人物に中村半次郎が出て来たのには驚いた。時代も変わった最後のシ―ンで泰之進が萩野と松之助と出合って交わす言葉がとても切なく感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月20日

    史実をもとにした物語。
    あいかわらず、どこまでが事実でどこまでが創作なのか分かりませんが、幕末の新選組の物語です。

    主人公は篠原泰之進。伊東を慕って、新選組に入隊。その泰之進の目線から語られる新選組。
    新選組内の内紛、それぞれの想いが描かれています。
    伊東が近藤たちに暗殺されると、泰之進は仇を討つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    クライマックスにかけるが最後はジーンと来た
    淡々と描写されているタイプで新撰組がどういう組織なのかを作者の主観的だが筋道に沿った解釈で窺い知ることができた

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    副題「新撰組 篠崎泰之進 日録」

    葉室麟さん去年の12月にお亡くなりになってしまいました。

    実は本の貸借する友人が好きで読んだのを貸してくれるのと、
    夫が作者初期の頃好み、家に本があったりで、かなり読んでいます。

    (たしか、わたし葉室さんはもういい、といったような 笑)
    でも、もう作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング