徘徊タクシー(新潮文庫)
作者名 :

1巻配信中

価格 550円 (税込)

徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊本で足下を指しヤマグチとつぶやく。ボケてるんだろうか。いや、彼女は目指す場所を知っているはずだ! 認知症老人の徘徊をエスコートする奇妙なタクシー会社を立ち上げた恭平と老人たちの、時空を超えたドライブを描く痛快表題作と、熊本震災に翻弄された家族の再生を探る「避難所」など、三編を収める新編集小説集。巻末に養老孟司との特別対談を収録。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年08月18日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年04月04日

 エッセーだと思って読み進めていたら、途中で世界がぐにゃりと曲がる。
 どこまでがエッセーで、どこからが小説なのかの境界があいまいだ。

 しかし、一歩立ち止まって考えてみると、エッセーと小説の境界を厳密に定義しようとするのは一義的な見方だ。
 本作の筆者の主張は「認知症の徘徊老人には常人とは違った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2018年05月28日

第三者からは、呆けて自分が何を考えてるのかさえわかっていないとみえるのに、旧い記憶が残っていたり不思議な行動を起こしたり。認知症とその対応について考えさせられた。2018.5.28

このレビューは参考になりましたか?

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年09月21日

うーーん・・・なんかあちこちに話が飛ぶのでちょっと難しかった。かなり集中力が必要な本のようだ。
まぁそれも巻末に作者と養老猛さんとの対談で何となく理解できました。
本筋の介護タクシーの話はまぁまぁよかったです。
認知症の徘徊という症状をとらえて、こういう見方もできるのかって思わせてくれたので。
この...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年04月15日

面白いような気もするけれど、時に難解。急の作者の世界にぶっ飛ぶので、ついていけないというか、理解が追い付かなかった。蠅にいたっては、状況が全くつかめず?だらけでした。

このレビューは参考になりましたか?

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年03月24日

徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊本で足下を指しヤマグチとつぶやく。ボケてるんだろうか。いや、彼女は目指す場所を知っているはずだ!認知症老人の徘徊をエスコートする奇妙なタクシー会社を立ち上げた恭平と老人たちの、時空を超えたドライブを描く痛快表題作と、熊本震災に翻弄された家族の再生を探る「避難所」な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

徘徊タクシー(新潮文庫)

Posted by ブクログ 2017年03月05日

面白いと思う。短すぎて物足りなさが残った。それは期待の裏返しということで。
あらすじ(背表紙より)
徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊本で足下を指しヤマグチとつぶやく。ボケてるんだろうか。いや、彼女は目指す場所を知っているはずだ!認知症老人の徘徊をエスコートする奇妙なタクシー会社を立ち上げた恭平と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?