眠狂四郎虚無日誌(上)(新潮文庫)

眠狂四郎虚無日誌(上)(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

旗本の妻女を次々に犯し、無辜の民をも容赦なく斬る――。質実英邁と目されていた将軍家世継・徳川家慶が突如豹変し、乱行を重ねていた。家慶は何故豹変したのか、本物なのか。その鍵は、四年前に没したはずの近藤重蔵にあった。蝦夷地に秘められた謎を探る狂四郎。襲いかかる公儀隠密、最強の刺客明日心剣。謎と謎が交錯し、淫靡なエロティシズムが匂い立つ出色のシリーズ第五弾。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年07月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

眠狂四郎虚無日誌(上)(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    風邪をひいて熱があるにもかかわらず、ふと手にして読みはじめたら、面白くて止められなかった。市川雷蔵主演の映画も大好き。主人公の眠狂四郎は、バテレンの外国人がお父さんという設定。理屈では説明できない魅力がある。

    このレビューは参考になりましたか?

眠狂四郎虚無日誌(新潮文庫) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 眠狂四郎虚無日誌(上)(新潮文庫)
    旗本の妻女を次々に犯し、無辜の民をも容赦なく斬る――。質実英邁と目されていた将軍家世継・徳川家慶が突如豹変し、乱行を重ねていた。家慶は何故豹変したのか、本物なのか。その鍵は、四年前に没したはずの近藤重蔵にあった。蝦夷地に秘められた謎を探る狂四郎。襲いかかる公儀隠密、最強の刺客明日心剣。謎と謎が交錯し、淫靡なエロティシズムが匂い立つ出色のシリーズ第五弾。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 眠狂四郎虚無日誌(下)(新潮文庫)
    将軍家斉を弑逆し、世継として贋家慶を立て、おのれの傀儡とせんがため、日付佐野勘十郎が暗躍する。家慶が豹変した場所、京を目指し、真田、伊賀の忍者の手を借りつつ、中仙道を急ぐ狂四郎。忍術、豪剣、豪槍、妖術、次々に恐るべき刺客が手負いの狂四郎を苦しめる。本物の家慶の生死は? 居所は? 柳生忍軍は、贋家慶を拉致できるのか。柴錬伝奇時代小説の金字塔、堂々の完結。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています