「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

当代一の歴史家が、日本人の歴史観に最も影響を与えた国民作家に真正面から挑む。戦国時代に日本社会の起源があるとはどういうことか? なぜ「徳川の平和」は破られなくてはならなかったのか? 明治と昭和は本当に断絶していたのか? 司馬文学の豊穣な世界から「歴史の本質」を鮮やかに浮かび上がらせた決定版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
シリーズ
NHK出版新書シリーズ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年07月03日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    司馬遼太郎の功罪について歴史学者の磯田道史が分析した一冊。

    プロの歴史学者が司馬遼太郎を分析することはないので、それだけでも価値のある一冊。
    また、俗に司馬史観と呼ばれるものの功と罪の部分をしっかり描いており、非常に勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

     私たち世代は(おそらく)日教組の教職員から中学高校と「日本はダメな国」史観を叩き込まれた。昭和天皇を終始「テンちゃん」と呼ぶ教諭までいた。
     長じて、司馬遼太郎の著作に接し「日本も捨てたものじゃないな」と、考えを改めた。
     幕末から明治に至る日本史は、世界史の中でも希有にして奇跡的な歩みだろう。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    歴史の細かいところまでよくわかる良い本だった
    最後は共感力が大切とのこと
    正直が徳目
    別に金儲けのためにやっているのではない国を良くするためにやっている
    現代の日本人は総務が弱い
    お金儲けのためだけなっている

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    ◯信長は「美しい女」、秀吉は「貴き女」、家康は「産む女」を好んだ。(38p)

    ◯明治の人たちの考え方だとおそらくこうでしょう。「中国の経済成長が七パーセントならば、せめて自分が関わるものづくりや生産だけでも毎年七パーセント成長させよう」(132p)

    ◯相手よりいかに優位に立つか汲々とするより、む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月09日

    史実との違いをあげつらうのではなく、あくまで司馬作品が内包していたロマンや現代へのメッセージを尊重し、丹念に読み解いていく姿勢に好感が持てる。歴史ガイドとブックガイド両方の面を兼ね備えた贅沢な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    司馬遼太郎さんの描く歴史小説を、冷静に分析しつつ、そのエッセンスを熱く示してくれていると思います(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    何となく知っていて、頭のなかで整理したかったことが、明瞭に分かりやすく書いてあり、とても良かった。何で敗戦へと突き進んでいったのか、何を学ぶべきか良く理解できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    新書はほとんど読んだことがない。学生時代に仕方なく課題として読んだぐらいで。実は「司馬遼太郎」さんの本も未読。少し恥ずかしいなと思い、「いざ!」読む前に初心者の心構えが知りたくて読んでみた。読みやすくて、わかりやすくて、作品と歴史の関わりも知ることができ、司馬遼太郎さんの考え方も少し知ることができ、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    発売当初、書評欄で紹介されてから気になっていた本で、書店でいったい何回手に取っては棚に戻すを繰り返したことか。
    日本史を題材にした小説を読みたいと思い、司馬遼太郎作品は、「竜馬が行く!」のほかは挫折の連続。小説の途中で、司馬氏の説明、独演が挟み込まれるのに抵抗有り。本当に魅力的な作品を知りたくて、尚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月14日

    司馬遼太郎の作品を振り返りながら、戦国時代、江戸時代、明治、大正の日本の歴史の流れを振り返る。それにより、司馬遼太郎が、昭和初期の軍部の独走と戦争への流れを、一連の歴史の中で起きるべくして起きたものと捉えていたことがわかる。
    最近、よくテレビなどでも著者をみかけますが、きっちりと史実を押さえ、自分な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています